吠える犬
 

今回は、犬の攻撃行動に関するコラムの3回目です。

前回は自己主張性の攻撃行動について説明しました。自分の意思を通すために攻撃行動が生じ、それが成功することによって条件づけがなされ、攻撃行動が悪化していくというものでしたね。

今回は、恐怖性/防御性攻撃行動、縄張り性攻撃行動について説明いたします。 

“恐怖性/防御性攻撃行動”とは

身を守るための行動です

動物は恐怖を感じた時に、動けなくなる、逃げる、攻撃するといういずれかの反応を示すと言います。したがって、恐怖を感じた動物が、自分の身を守るために攻撃という行動を取ることは、動物が生きていく上では必要なことであり、正常な行動とも言えます。しかし、その恐怖が過度のものであった場合、つまり普通だったら感じないようなことに対しても、いつもビクビクして恐怖を感じているような、いわゆる恐怖症的な場合は、やはり正常とは言えません。

通常、臆病な犬というのは、唸ったり吠えたりするもので、咬みつくことはまれです。しかし、それでも自分がその恐怖的な状況から逃れられないと感じた場合は攻撃という手段に出る場合も決して少なくありません。

特徴と注意すべき点

恐怖性/防御性攻撃行動の特徴の一つは、恐怖を示す姿勢や表情を伴うことです。例えば、体を震わせる、頭を低くする、体をかがめる、後ろに下がる、尾を巻き込む、目を反らす、舌をペロペロと出すなどです。そして、攻撃的な反応が自分にとって有効であることに気づき始めると、その姿勢や表情は変化する可能性もあります。元々は恐怖からくる攻撃だったとしても、徐々に恐怖を示す姿勢や表情が、自己主張的なものへと変化していくことがあるのです。ですから、最初の段階で見せていた恐怖を示す姿勢や表情に気づかなかった飼い主さんは、突然わがままな攻撃が現れた!と思ってしまうかもしれません。そうと気づかずに、対応を間違えたりすると余計に攻撃行動が悪化する恐れもあります。どの攻撃行動にも言えることですが、くれぐれも体罰などの怖がらせる罰は与えないように注意してください。

行動の原因は?

生まれつき恐怖や不安を感じやすい犬もいますが、これまでの経験が大きな影響を与えることがあります。例えば、幼い頃に十分な社会化がなされなかったり、不適切な罰を与えられて怖い経験をするといったものです。もちろん幼い頃の経験だけではありません。成犬となってからのトラウマ(心的外傷)経験が原因となることもあります。

また、今まで平気だったことでも、たまたま体調が悪い時に経験したことがきっかけで防御性の攻撃行動が起きることもあります。例えば、こんなケースがありました。普段はお出かけが大好きなのですが、その日は体調が悪かったという犬がいました。飼い主さんは、そのことに気づかずに電車に乗せるためにキャリーバッグに入れようと抱きあげた途端、突然パニックになったかのように攻撃してきたというのです。痛さや吐き気などといった何らかの不快な思いをしたのかもしれません。それ以来、体調がよくなった今でも、例えば飼い主さんがリードを持つ、洋服を着せる、キャリーバッグに入れようとするなど、お出かけを連想させるようなことをしただけで、ものすごい勢いで唸り、咬んでくるようになってしまったというのです。おそらくお出かけイコール不快感という構図がフラッシュバックのように蘇り、反射的に身を守るための攻撃行動を起こしてしまったのだと考えられます。ちなみに、現在このワンちゃんは、飼い主さんがリードを手にしても落ち着いていられるようになるところから練習中です。

“縄張り性攻撃行動”とは

自分の縄張りを守るための行動です

縄張り性攻撃行動は、犬が自分の縄張りと認識している領域が侵入された時に生じる攻撃行動をいいます。縄張りとなる場所は、家や車の中、ベッド、休息場所などがあげられますが、このような場所は、犬にとって本来は安心していられる場所であり、それを守るために攻撃行動を発現せざるを得ないということから、背景には不安が存在しているのではないかとも考えられています。

特徴と注意すべきこと

縄張りを守るための行動は、軽く吠えるといったものから、唸る、歯を剥く、突進する、毛を逆立てる、咬みつくなどといったものまでさまざまです。もし犬がその相手に接触できる状態であれば、当然咬みつく可能性が高くなり、例えば来客などの場合はけがをすることもあるので、来客中は犬を隔離するといった安全対策を立てる必要があります。

行動の原因は?

縄張り性攻撃行動は、攻撃によって自分の縄張りを防御することに成功したという経験に大きく影響されると言われています。例えば、宅配業者さんが玄関まで来ると、追い払おうとして攻撃的に吠え続ける犬は多いですよね。業者さんは単に用事が済んだので家から立ち去っただけなのですが、犬にとっては自分が攻撃的に吠えたから追い払うことができたと思い、ますます攻撃行動が悪化することがあります。さらに、そのように吠えている時に、飼い主さんは「やめなさい」とか「うるさい」などと犬に負けないくらい大きな声で注意することがよくあると思うのですが、犬によっては、「一緒に侵入者を追い出そうと応援してくれている」と勘違いしてしまい、ますます張り切って吠えてしまうかもしれません。こういう時は飼い主さん自身が落ち着いて対応することが大切ですね。

この時に、恐怖や不安を増大させるような罰を与えると、その罰と攻撃しようとする相手とを関連付けてしまい、その結果、罰を避けるために、縄張りからその相手を追い払いたいという欲求がもっと増すようになってしまいます。

共通するのは”不安”です

恐怖性/防御性攻撃行動も、縄張り性攻撃行動も、根底には不安があります。叱ったり、罰を与えるのではなく、相手は危害を与えるわけではないということをわかってもらい、不安を感じることなく、落ち着いていられるように、トレーニングや条件付けなどの行動療法を時間をかけて行っていくことが大切です。

菊池 亜都子
菊池 亜都子

東京大学獣医動物行動学研究室で犬や猫の行動学を専門に研究。自身の飼い犬の問...

関連記事

related article