今回は、犬が動物病院で示す攻撃行動についてお話ししたいと思います。

なぜ、病院で暴れてしまうのか?

病院には「怖い」や「痛い」がいっぱいです…

動物病院で示す攻撃行動は、ほとんどの場合が恐怖からくるものか、痛みからくるものだと言えるでしょう。最初に、手術などの大きな医療処置を受けた後に一番ひどくなることがあります。典型的なのが、6ヶ月齢くらいで行われる去勢や避妊手術でしょう。この時期は、社会化期を経た後の重要な時期と言われています。生後3~12週間くらいまでの時期である社会化期についての重要性は、世間でもよく言われていますね。しかし、その社会化期のあと6~8ヶ月齢までの間(犬種や個体による差はあります)に適切な社会的強化がないと、せっかく社会化した対象にふたたび恐怖心を抱くようになる「後戻り現象」を示すことがあるのです。おそらく、この時期の犬の多くが飼い主さんと引き離されるという経験を初めてするでしょうし、手術の準備も犬にとっては異様な雰囲気であり、恐怖を感じてしまうかもしれません。そして、術後に痛みや違和感を覚えることもあるでしょう。病院に来る前は元気いっぱいで絶好調だったのに、麻酔から目が覚めたら何だか痛いなんてことになってしまったら、トラウマ(心的外傷)になってもまったく不思議なことではありません。

病院の”雰囲気”を感じ取っています

もちろん、攻撃のきっかけは去勢や避妊といった大きな医療処置だけではありません。感受性の高い犬であれば、高い診察台に乗せる、直腸温を測る(お尻に体温計を差し込みます)、爪を切る、注射をするといったごく日常的な医療行為が恐怖や疼痛を誘発することがあります。待合室で待っている時に、診察室などから聞こえてくる他の犬や猫の絶叫にも近い鳴き声を聞くだけでも、恐怖を感じてしまう犬もいるかもしれません(私たちも子供の頃に歯医者に行った時や集団予防注射を受ける際などに経験したことはないでしょうか?)。

どんな行動をとるのか

犬によって様々です

どんな時に攻撃的になるかは犬それぞれです。動物病院に入る時から攻撃的になる犬もいます。また、直腸温を測るときだけ、耳の検査を行うときだけ、口の中を見るときだけ、保定するときだけなど、特定の処置に対する反応として攻撃行動を示す犬もいます。

犬の出すサインを見逃さないで

震えていたり、体を硬くしたり、姿勢を低くしていませんか?耳を後ろに引いたり、目を見開いていたり、尻尾を巻き込んでいませんか?これらは恐怖を感じているサインです。もし逃げられたり隠れることができる状況であればそうするでしょうが、がっしりと拘束されていたり、ケージに閉じ込められていたりすると、ずっと我慢しなければなりませんね。それが限界を超えてしまえば、攻撃行動に発展してしまうかもしれません。

どうすれば防げるのか?

なだめ過ぎ、怒ったりはNGです

攻撃的であったり、怖がる犬に対して、飼い主さんがどのような反応を示しているかも重要です。飼い主さんが必要以上になだめることによって、犬の望ましくない行動を強化することがあるので、できればやめた方がよいでしょう。また、攻撃行動に対して叱ったり叩くなどして、罰を与えることによって攻撃や恐怖を悪化させることがあるので、これもやめましょう。

治療法は他の攻撃行動と同じです

動物病院での攻撃行動の治療法も、他の攻撃行動と基本的な考え方は一緒です。病院に少しずつ慣らすという脱感作という方法と、病院に対して良いイメージをつけるという拮抗条件づけという行動療法を行ったり、必要に応じて抗不安薬の投与などが行われたりします。

(具体的な方法については、かかりつけの動物病院や専門の獣医師に相談してください)

さいごに:「病院に行かない」とならないためにも…

動物病院での攻撃行動が発現すると、ついつい病院に連れて行くのが億劫になってしまいませんか?気軽に病院に連れて行けなくなることで、何となく犬の異変に気づいたとしても、もう少し様子をみようかなと思ってしまうこともあります。病気や怪我をして病院での処置が必要となった場合にも、攻撃の程度や体の大きさによっては、すぐに病院に連れて行けなかったり、連れていけたとしても、実際に診察することさえも困難になってしまいます。それを避けるためにも、普段から自分の犬と相性の良い動物病院や獣医師を見つけておくといいですね。治療はせずに病院に来るだけという機会を定期的に作り、獣医師やスタッフからおやつをもらって病院に対する良い印象をつける練習をするなど、犬のしつけや問題行動に理解を示し、協力してくれるような病院を見つけられるといいと思います。

 

菊池 亜都子
菊池 亜都子

東京大学大学院 獣医動物行動学研究室で行動学を専攻。自身の飼い犬の問題行動...

関連記事

related article