猫好きな人は、その「ツンデレ」な雰囲気や、こっちをなかなか見てくれないところも大好き、という人が多いようです。

一方、犬好きな方は、ご主人をじーっと見つめてくるいじらしい姿に心をうたれるものです。犬はなぜご主人を見つめるのでしょうか。そしてじーっと見つめていたのに、急に目をふせたり、そらしたりするのはなぜなんでしょうか。

目で気持ちを伝えようとしている

人間のように言葉を使えない動物は、目で感情を伝えようとしています。犬が伝えたいことをきちんと理解できれば、しつけのときにもスムーズですし、お互いにストレスのない生活ができますね。犬がこちらを見ていたら、何が言いたいのかな、と上手に推測してあげましょう。

見つめ合うのはケンカの合図

犬がこっちをじーっと見つめて、視線をはずさないでいる、そしてウーッと低くうなっている、歯をチラチラと見せている…そんなときに犬が示そうとしている感情は「敵意」です。

本来、犬同士がお互いの感情をおしはかるとき、敵意がない方は相手から先に目をそらすものです。つまり、視線をバチバチと合わせること自体がケンカのはじまり。

人間に対して敵意を示しているときは、たいていその奥に強い緊張があります。その家や飼い主さんにまだ慣れていない、知らない人が来たから怖いなどの理由で緊張し、それが敵意になって現れてしまうのです。

犬からの敵意を感じたら、まずこちらは目線をはずします。こちらに敵意がないことを示すのです。目をそらしつつも、やさしい声で接して、怖くないよ、と伝えてあげる必要があります。

プイッと目をそらすのはなぜ?

飼い主さんは犬にとってリーダーと呼べる存在です。そのリーダーの次の動きを知るためだったり、自分はリーダーのために何ができるかなと考えているときに、こちらをじーっと見ていることがあります。そんな目線を感じて犬のほうを見ると、ぷいっと目をそらすことがありますが、これは飼い主さんが嫌いなのではなく、むしろ逆に敵意はありませんよ、あなたのことを尊敬していますよ、という意思表示なのです。

また、苦手なことを命じられたり、困ったことが起こったりするときにも目をそらすことがあります。これは、できれば聞こえなかったことにしようとする、人間にもありがちな感情の現れです。

甘えんぼ目線には要注意

しっぽを振ったり、口をはあはあと開けたりしながら飼い主さんのほうに向かってきて、目線をなげかけてくる、そんなときは欲しいものがあるときです。散歩に行きたい、お腹がすいたよ、おやつはまだ?というように、おねだりをしているんです。

しかし、そのかわいい目線にほだされて、すべての欲求に応えてしまうと、犬はじっと見ればおやつをくれる、じっと見れば散歩に連れていってくれると信じてしまいます。そのうち、目線があっているのに要求が通らなくなると、だんだん吠えたり暴れたりと、行動がエスカレートしてしまうようになります。そうなってしまうと、飼い主さんにとってもご近所の皆さんにとってもストレスになってしまうので、甘えんぼ目線には注意が必要です。

ぼんやり見てるときは「大好き」の証拠

とくにじーっと見るわけでもなく、ぼーっとこちらを穏やかな目で見ているときは、落ち着いていて、安心している状態です。飼い主さんとの関係に安定感があり、心が穏やかでいることを無意識に示しているのです。

犬にやさしい目で見られると、飼い主さん側に幸せを感じるホルモンが分泌されるとか。そんな穏やかで素敵な関係性を築いていきたいですね。

アイペット獣医師

詳細はこちら

関連記事

related article