ガードレールのない道路を歩くときや人とすれ違う時など、リードが伸び切った状態では危険ですよね。そんな時、「ついて」という掛け声ひとつで、飼い主さんの隣をピッタリついて歩いてくれたら、愛犬の安全を確保する事ができます。難易度はやや高いトレーニングではありますが、愛犬の安全を守って楽しくお散歩ができるようになるには、ぜひとも覚えておきたいトレーニングです。

どうしたら「ついて」を覚えてくれるの?

愛犬がなにに興味を持っているか観察しましょう

犬が散歩をするとき、色々なものに興味を持つと思います。いったい愛犬は散歩中、なにに興味を持っているのでしょう?。植込みの匂い?ほかの犬?地面に落ちているティッシュペーパー?散歩をしている人?愛犬は色々なものに興味を持つことと思いますので、まずはじっくり愛犬の様子を観察してみましょう。

関心度が高いおやつやおもちゃを準備します

なにかに興味を持った愛犬は、リードを引っ張って飼い主さんを引きずっていくでしょう。ではどうすればいいかというと、あなた自身が、犬が興味を持つそれらの物よりも、もっと魅力的な存在になればいいのです。

そこで活躍するのが「美味しいおやつ」と「大好きなおもちゃ」。お散歩のときに愛犬のお気に入りのおやつとおもちゃを持って散歩に出かけてみましょう。そして愛犬があなたの方を見たときや、あなたを気にしているときに、おやつを与えたり、大好きなおもちゃで遊んであげましょう。

このトレーニングを成功させるポイントは「大好きなおやつとおもちゃ」を持っていくことです。それほど好きでもないおやつやおもちゃだと、植込みの匂いや、ほかの犬の魅力に負けてしまう可能性があります。ですから愛犬が「植込みの匂いを嗅ぐよりも、ほかの犬と挨拶するよりもそのおやつ(おもちゃ)が欲しい!!」とあなたの方を見てくれるぐらい大好きなおやつやおもちゃを持って散歩に行けば、愛犬はあなたに集中して歩いてくれるはずです。まずは、愛犬が大好きなおやつを探す、愛犬と遊んで、おもちゃを大好きにすることから始めてみましょう。

「ついて」のトレーニング方法

■お散歩の途中で愛犬があなたの方を見た瞬間に「ついて」と言っておやつを与えます。最初は中々見てくれないかもしれませんが必ずあなたの方を見るタイミングがありますのでそのタイミングを見逃さないでください。

■次に犬がこちらを意識していないときに、楽しそうに「ついて」と言って、犬がこちらを向いたらおやつを与えます。

■これにも馴れてきたら、愛犬がこちらを意識していないときに「ついて」と呼びかけます。今度はこちらを向いたときにスグおやつをあげるのではなく、愛犬がこちらを見たらおやつを自分の目の横に持っていき、数秒間アイコンタクトをします。愛犬がちゃんとアイコンタクトできたらおやつを与えてください。

■アイコンタクトもできるようになったら、「ついて」と言って30秒ほどの間、愛犬とアイコンタクトしながら歩けるように練習します。愛犬の気が散るようなものがあってもアイコンタクトを外さないように歩けるよう、練習してみてください。

■愛犬の気が散りそうな場合、たとえば植込みの匂いを嗅ぎに行きそうになったり、他の犬とすれ違ったりする時に「ついて」と言って、アイコンタクトをしながらその場を通り過ぎます。愛犬が植え込みの匂いを無視したり、犬とすれ違うことができたらおやつを与えます。

 

難易度が高めのトレーニングではありますが、「ついて」を習得すると、車の多い大通りや人ごみの多い危険な場所を安全にお散歩できるようになります。とはいえ、最初から最後までずーっと「ついて」の状態では犬もかわいそうです。お散歩は犬にとってストレス解消にもつながる大切なもの。危険な場所は「ついて」でお散歩し、安全な公園や裏道などに入ったら、愛犬の好きなように匂いを嗅がせてあげたりして、自由にさせてあげてくださいね。

株式会社プレイボゥ

森山 敏彦

詳細はこちら

関連記事

related article