そろそろ散歩の時間だというのに、窓の外はどしゃぶりの雨。傘をさして散歩に出ても、帰ってくる頃にはずぶ濡れになりそう。あー、お散歩行きたくない・・・。特に今の時期はそんな思いを抱えた飼い主さんが多いのではないでしょうか。

小型犬なら抱っこして出かけることもできますが、中型犬や大型犬の場合はそうもいきませんよね。とくに、毛量が多い中大型犬は、雨に濡れてしまうと帰宅後が大変。ブラッシングやドライヤーに小一時間かかってしまうことも珍しくありません。雷が鳴ろうとドシャ降りの雨だろうと、絶対にお散歩に行かなければならないのでしょうか?

雨の日のお散歩事情についてまとめました。

雨の日でも散歩に行かなくてはいけないの?

犬と暮らすなら、散歩は欠かすことのできない大切な日課です。散歩は犬の運動不足を解消するだけでなく、ストレスの軽減や、他の人や犬に出会って社会性を育むことにもつながるからです。しかし、「雨の日でも、どうしても散歩に行かなくてはいけない」のでしょうか?

答えは、「場合によっては行かなくてもいい」です。ただし、ここで言う「場合によっては」は、人間ではなく犬の都合です。散歩中にしか排泄できず、家にいるときはガマンしてしまう犬の場合、ガマンが病気やストレスに直結するので、どんな天候でも散歩に行かなくてはなりません。もともと多くの犬は、雨で身体が濡れることなどあまり気にしませんから、大喜びで外に飛び出すはずです。

しかし、家の中でも排泄ができるようしつけられた犬なら、雨の日に散歩に行かなくても、そんなに大きな問題は起こりません。お散歩をせがんで鳴き続けたりしなければ、ご近所迷惑になることありませんしね。

雨の日の過ごし方

たしかに犬にとっては、雨の日に散歩にいけないのは退屈なのかもしれませんが、きちんとしつけておけばある程度はガマンしてくれます。散歩に行かない代わりにちょっと長く遊んであげるなど、犬のストレスを少しでも減らすように気を配りましょう。

散歩を我慢できる子の育て方のコツは、毎日のお散歩時間をバラバラにすることです。何時になったら必ず散歩に行くと決めて規則的に散歩していると、いざ散歩に行けなかったときに、犬は大きなストレスを抱えてしまいますし、要求吠えも起こりやすくなります。

また、おうちの中でもおそとでもトイレができるようになっておくといいでしょう。家の中で排泄ができれば、犬が年老いた際の介護生活や、万が一の災害による避難所生活の際でも役立ちます。

雨の日の散歩の注意点は?

小型犬の場合は、人は普段の散歩スタイル、犬はレインコートを着せておけば問題ありません。しかし、リードを持つときに力が必要な中型犬や大型犬の場合は、傘をさしての散歩はオススメできません。リードを両手で保持していないと、いざというときにリードコントロールができないからです。

多少面倒でも、犬だけでなく人もレインコートを着て散歩をすると安心。小型犬の飼い主さんでもレインコートを着てでかけるといいでしょう。大きな水たまりなどに出くわし、犬を抱いて通り過ぎる際にも、服が濡れるのを気にしなくて済むからです。

pixta_14210017_M

犬用のレインコートは、背中だけを覆うもの、脚まで覆うものなどさまざまな種類がありますが、脚まで覆うものは帰宅後に身体を拭いて乾燥させる手間が減らせるのでオススメです。また、雨の日のお散歩グッズの中には犬用のシューズがありますので、とびっきり可愛いシューズを取り入れてみてはいかがでしょうか?いつもと違う愛犬の可愛い姿を見ると、憂鬱な雨の日のお散歩も楽しくなるかもしれません。

尚、濡れたまま放置してしまうと皮膚病などにかかりやすくなるので、お散歩から帰ってきたら、きちんと水分を拭き取って、ドライヤーなどで十分乾かしてあげて下さい。

 

 雨の日のお散歩は億劫だと思いますが、やはりお外でなければ排泄ができない子はお散歩に連れていかなければいけないようです。雨の日だって一緒に過ごせる貴重な期間のうちの1日。上手に気分を切り替えて、楽しくお散歩に行けたらいいですね!

服部 祐佳

犬が大好きなメンバーが集まったワンペディア編集部の編集長、服部です。

<...

関連記事

related article