飼い主のみなさんは、どれくらいの頻度で犬の耳掃除を行なっていますか?毎日しているという人もいれば、週に1回、月に1回、または自宅ではほとんどしないという人もいるかもしれません。さらに耳掃除の方法も、それぞれの飼い主さんによって異なるかと思います。犬の耳の構造を知り、適切な耳掃除をすることで、トラブルを回避しましょう。

過剰に耳掃除をしなくても、耳自体が清潔さを保つ

耳垢は自然な油分。根こそぎとる必要はない

生き物の耳には自浄作用があります。これは犬も同じこと。耳垢は体から発生する自然な油分で、埃や汚れから耳の中を守ってくれます。そして体を動かすことで、耳垢は動作に合わせて自然と体外へ排出されるのです。耳は放っておいても自分で清潔さを保つことができるので、むやみやたらに掃除をする必要はありません。

耳掃除はしないほうがいい?

外耳(耳の入り口付近)をきれいに保つことはいいことです。しかし、耳の奥深くまで無理して綿棒でほじくると、かえって耳垢を奥に押し込んでしまいます。耳の奥深くには自浄作用がないので、ここへ押し込み耳垢が自然に排出されなくなると、耳トラブルを引き起こすことも。普段のお手入れは、指が届く範囲までを清潔なティッシュペーパーや布で拭く程度にとどめましょう。

垂れ耳は立ち耳より耳掃除が必要

ビーグルやレトリバーなどの垂れ耳の犬種は、立ち耳よりも耳トラブルを起こしやすいと言われています。耳自体がフタのような役割をしてしまっているせいで、耳の内部に湿気がたまりやすくなるからです。垂れ耳の犬の飼い主さんは、定期的に耳をめくって、汚れがたまっていないかどうかをチェックする習慣をつけるようにしましょう。

耳掃除をするときの注意点とは?

トリミングサロンで耳掃除をする場合

トリミングサロンで耳掃除をしてもらっている場合は、いくつか注意が必要です。まずは犬が耳を触られても怖がらないように、小さい頃から慣らしておきましょう。また耳掃除をオーダーする場合は、トラブルの元となる綿棒は使用せず、布などで軽く拭いてもらってください。サロンによっては耳掃除のときに耳毛を抜くこともありますが、抜くことで炎症を引き起こす恐れもあるので、事前に獣医さんに確認をするか、状態を見てトリマーさんと相談をしましょう。

自宅で耳掃除をする場合

自宅で耳掃除を行う場合は、イヤークリーナーを使用しましょう。ただし、耳に直接注ぐような使い方はせず、イヤークリーナーでひたひたに浸したコットンを指先に巻きつけ、耳介だけ拭きます。見えない部分まで無理に拭くと傷などのトラブルの原因になることも。耳の状態には個体差がありますが、週に1回~2回の頻度で十分です。

ただし内耳に炎症がある場合、イヤークリーナーは炎症を悪化させる可能性があるため、獣医師に相談をしてから使用してください。アルコールタイプは早く乾くという利点がありますが、傷がある場合は悪化する恐れがあるので、特別な理由がない限り使用は避けたほうがいいでしょう。

 

 

「奥までしっかりと耳掃除をしたい!」という気持ちが湧いてくるかもしれませんが、耳掃除のしすぎはかえってトラブルの原因になることも。愛犬のためを思ってしているつもりが病気を引き起こしてしまったら、元も子もありませんね。軽く拭いてあげる程度に心がけましょう。

アニーマどうぶつ病院 院長

村谷 親男

詳細はこちら

関連記事

related article