うとうとしている愛犬を見ながら眠りにつく。そして朝目をあけると愛犬が隣で寝ている。そんな光景を想像するだけで、心がほっこりしますよね。愛犬と一緒に寝たい、そう思う飼い主さんも多いのではないでしょうか。家族の一員なのだから、寝るのも一緒がいいと思っていませんか? しかし愛犬との添い寝には実は問題点もあるのです。もし添い寝をしたいのであれば、気を付けたほうがいいポイントをまとめました。

犬が飼い主さんと一緒に寝ようとする理由

なぜ犬は飼い主さんと一緒に寝たがるのでしょうか? その理由の多くは「飼い主さんの匂いがする」から、そして「温かい」からだといわれています。寝具は飼い主さんの匂いが比較的強くついている場所。まだ小さい子犬の場合は、母親と離れて寂しい気持ちでいっぱい。いつも世話してくれる飼い主さんの匂いと温かさを感じることで、安心したい気持ちがあるのかもしれません。また、もともと甘えん坊の性格な犬は、寝るときも一緒にいたくて、飼い主さんのお布団にもぐりこんでくるのでしょうね。

添い寝が当然になると一人で寝ることができない

添い寝が当たり前になってしまったら、犬は一人で寝ることができなくなります

いつでもどこでも飼い主さんと一緒、ということに慣れてしまった犬は、自分のテリトリーがあいまいになっています。その結果、ケージやサークルなど仕切られた場所に入れられることを「飼い主さんから離れてしまう」「飼い主さんにかまってもらえない」と理解して、吠えたり粗相をしたりしてしまいます。

病院やペットホテルでは必ずケージに入ることになりますが、そこで落ち着いて過ごせないとなると、飼い主さんはどこにも出かけられません。また、災害時もクレートに入って犬専用の場所で過ごすことになります。

犬専用の場所で、一人で過ごすことができるというのは、犬が人間とともに暮らす上で、とても大切な条件となります。もし一緒に寝るのであれば、きちんとクレートトレーニングやお留守番のトレーニングをしておいた方がよいでしょう。

‘クレートとお留守番を好きになってもらうには’

事故のリスク

もし飼い主さんがベッドで寝ているのなら、寝ている間に落下する可能性はあります。犬は眠りが浅く、瞬発力が高いため、身の危険を察知したらすぐに飛び起きて避けられる、と考えている飼い主さんもいるかもしれませんが、逃げ遅れてベッドから落下する可能性は十分に考えられます。人間にとっては大した高さでなくても、体の小さい犬からすると骨折してしまってもおかしくない高さです。一緒に寝るのであればお布団や低いベッドで寝るようにした方がいいでしょう。

皮膚病にかかってしまう可能性も!

犬と人との間でどちらもかかる可能性のある皮膚炎として、ノミやシラミ、ダニによるものが有名ですよね。そんな外部寄生虫たちを、仲良くベッドの中で共有してしまうことになります。もし犬がそういった外部寄生虫を持っていたら、飼い主さんも感染してしまう可能性は十分に考えられます。一緒に寝るのであれば、ノミ・ダニ予防を徹底するようにしましょう。

また、毛が抜ける犬の場合は、抜け毛の季節になるとシーツが毛でびっしりになってしまいます。人にとっても犬にとっても、衛生的にあまりいいとは言えないので、一緒に寝る場合は定期的にシーツを洗いましょう。

 

犬好きならだれでも憧れる飼い犬との添い寝。ただ、その裏では気を付けなければならないこともたくさんあります。それでも添い寝をしたいという飼い主さんは、注意すべきポイントをきちんと押さえて、安全で幸せな添い寝を楽しんでくださいね!

アイペット獣医師

ワンペディアの運営会社であるアイペットに在籍している獣医師チーム。臨床経験...

関連記事

related article