dog-sleeping

ふと気付くと、あちこちで寝ているのが犬。「この子はいつも寝てるけど、大丈夫だろうか?」と心配したことはありませんか?ここでは犬が長時間眠る理由や、正しい睡眠時間、さらには睡眠時間からわかる症状や病気について説明します。ついつい人と同じように考えがちな犬の睡眠時間ですが、この機会にぜひ正しい知識を身につけましょう!

犬の睡眠時間が長い理由

犬が長い時間、そしていつでも眠っていられることは、もともと狩りをする動物であったという、ルーツが関係しています。以下ではその要因を2つに分けて説明します。

夜行性であったから

狩りにあたっては、気配を隠しやすく獲物を狙いやすい夜に行動することが都合が良いため、犬は人と同じように一晩中寝るという習慣がありませんでした。そのため活動を休める日中に寝る性質がありましたが、やがてペットとして人と一緒に生活するようになると、適応能力が優れている犬は人の生活リズムに合わせて夜に長く眠るようになりました。しかし、前述した「活動しない日中に眠る性質が今も根強く残っているため、犬は昼も夜もよく眠るようになったと言われています。

目覚めてすぐに行動する必要があった

犬は狩りをする動物であるために自らも襲撃されることもありました。このようなリスクを回避すべく、気配を感じたらすぐに動き出せるように睡眠時間の多くが、「浅い眠り(=レム睡眠)」であることが求められました。加えて、狩りはエネルギーを大量に消費するので、体力温存のために睡眠時間は多く確保する必要もあります。そのため、活動の合間を見つけてはこまめにどこでも眠るようになったのです。浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)について詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

犬の睡眠時間は浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)の2つのパターンがあります。

  • 浅い眠り(レム睡眠):体は休まってるが、脳が起きている状態。夢を見るときはこの状態の睡眠。
  • 深い眠り(ノンレム睡眠):体も脳も眠っている状態。

人の場合、睡眠時間全体の80%は深い眠りで20%が浅い眠りと言われていますが、犬の場合はその逆で、深い眠りは20%にも満たず、その大半が浅い眠りだと言われています。物音がするたびに犬が目覚めてしまうのはこのためです。

犬の睡眠時間の平均は?

成犬の睡眠時間は12~15時間

ワシントン大学の調査によれば、人の平均睡眠時間が8時間であるのに対し、犬は10.6時間とされていました。ただ現在は成犬(1~6才ごろ)は12~15時間が一般的とされています。元気な犬でも一日の半分以上を睡眠に充てなくてはなりません。

幼犬の睡眠時間はやや長め

幼犬は多くのことを学習し、好奇心旺盛であちこちを動き回ります。そのため、かなりのエネルギーを消費し、回復のために睡眠時間を多く確保する必要があります。子犬を迎えたとき、たくさん一緒に遊んであげたいと思う方もいらっしゃるでしょうが、きちんと睡眠時間を確保してあげることも飼い主さんの責任です。

老犬の睡眠時間もやや長め

老犬も成犬に比べて、睡眠時間が長くなります。老犬は体力が衰えるので、より多くの休息が必要となります。子犬と比べると活発に動くこともないので、ごはんとトイレ以外はほぼ寝ているように感じるかもしれませんね。

その他に睡眠時間を左右する要因

このように、睡眠時間を左右するのは主に成長度合いですが、他にも種別、大きさなどが関わってきます。例えば、超大型犬(ニューファンドランド、マスティフ、セントバーナードなど)の睡眠時間は比較的長く、作業犬(シベリアンハスキーやボーダーコリー)は長期間かけて活動できるように睡眠時間は短いと言われています。もちろん個体差もあるので、一度飼っている犬の普段の睡眠時間は大よそ把握しておく方がよいでしょう。

長すぎる睡眠時間はキケン

犬の睡眠時間はいくら長いと言えども、普段よりも長いと危険な兆候を示しています。睡眠時間を長期化させる危険な要因のうち、主なものは次の4つです。

ストレス

引っ越しなどで環境が劇的に変化した場合など、ストレスを感じやすくなります。これにより、犬はいつも以上に疲労を感じてしまうため、睡眠時間も増加します。上手く適応出来ない場合はうつ病などを引き起こす恐れもあるので注意しましょう。

甲状腺機能低下症

“元気ホルモン”とも言われる甲状腺ホルモンの働きが弱くなり、代謝機能が下がることで過剰な眠気を引き起こします。そのため、長く眠るという症状が見られます。

関節などに痛みがある

老犬などに多く見られますが、関節に痛みを患っている場合は、痛みを抑えるために動かずじっとしていることがあります。

特定の病気を患っている

糖尿病や感染症と言った病気が進行し、重度になると全身状態が悪化するため睡眠時間が長くなる場合があります。これらの病気が進行すると、沈鬱状態や昏睡状態を引き起こし、命に関わる場合があるので注意が必要です。

 

人間とくらべると犬の睡眠時間というのは、とっても長いように感じるかもしれませんが、それにはきちんとした理由があるようです。

 

アイペット獣医師

ワンペディアの運営会社であるアイペットに在籍している獣医師チーム。臨床経験...

関連記事

related article