まっ白でふわふわな被毛が魅力的な日本スピッツ。人気バンドのバンド名としても有名な「スピッツ(Spitz)」は、ドイツ語で“尖っている”という意味を持つことばです。その名のごとく、尖った口と三角の耳が特徴で、言わずと知れた日本原産の日本犬ですが、そのルーツは世界中のスピッツ系犬種の掛け合わせであると言われています。ではどのようにして日本スピッツは誕生したのでしょうか?ここではそんな日本スピッツの歴史や特徴、性格、飼育上の注意点、かかりやすい病気について詳しく解説します。

歴史

日本スピッツは日本原産の純血種ですが、実はその祖先は1920年頃にシベリア大陸を経由し、中国北東地方から日本に渡ってきたジャーマン・スピッツであると言われています。当時のジャーマン・スピッツは、白い大型の犬でしたが、その後各国から様々なタイプのスピッツが輸入され、改良繁殖されていくうちに日本スピッツのスタンダードが確立したと言われています。
こうして生み出された日本スピッツの繁殖は、戦時中に一時下火となりますが、人気のあった純白の被毛をもつスピッツを中心に再び繁殖が行われるようになり、1948年にジャパン・ケネル・クラブ(JKC)に公認されました。1950年代の高度経済成長期に差し掛かると、日本国内での飼育頭数ナンバー1の犬種になるほどの大ブームを引き起こしますが、その結果やみくもな大量繁殖がなされ、無駄吠えの多い神経質な個体が増えるようになり、人気が低迷していきました。そんな中でも地道な繁殖を続けた熱心な愛好家たちによって、次第に明るく活発な性格の犬種へと生まれ変わっていき、現在に至ります。

特徴

大きさ・体重

日本スピッツの体高は、オスで30〜38cm、体重5〜10kgの小さめの中型犬で、メスはオスよりやや小さいことが一般的です。ピンと立った三角の耳に、ふわふわの尻尾が印象的で、口は大きめで、マズルは長い犬種です。

被毛

ボリュームのある柔らかい被毛が美しいスピッツ。そのふわふわの毛は下毛と上毛からなるダブルコートで、換毛期にはごっそりと毛が抜けます。

毛色

日本スピッツの毛色は純白のみです。

寿命

平均寿命は12〜14年と言われており、中型犬としては標準的な寿命です。

無駄吠えが多い?

かつては番犬としても活躍していて、無駄吠えが多く、家庭犬には不向きとされていました。しかし近年では性格の穏やかなスピッツが選択交配されるようになり、無駄吠えもだいぶ改善されるようになっています。

性格

とにかく活発な性格です。好奇心が旺盛で、ふさふさの尻尾を大きく揺らしながらよく動きます。運動量が必要な犬種のため、外に頻繁に連れ出してあげられるアウトドア派の飼い主さんに向いている犬種です。ただし、純白の被毛は汚れが目立ちやすいので、シャンプーやブラッシングにも手をかけてあげられる余裕は欲しいところです。とても賢く、従順なので、トレーニングにも前向きに取り組むことができます。
また、愛情深い一面もあり、他の動物たちとの同居にも比較的順応してくれます。

日本スピッツを家族に迎えたら

お手入れ

ふわふわの被毛は一年を通して抜けます。ブラッシングを怠ると毛玉ができたり、皮膚炎を起こしやすくなるので、週に3〜4回程度はこまめにブラッシングしてあげるようにしましょう。月に1回程度は全身をシャンプーし、よく乾かしてあげましょう。毛量の多いスピッツを自宅でシャンプーするのはなかなか大変なので、トリミングサロンにお願いすることもおすすめです。

換毛期は抜け毛が多い

一年中毛の抜ける犬種ですが、春や秋などの換毛期は特に抜け毛が多くなります。毎日のブラッシングと、お部屋の掃除(掃除機がけなど)を念入りにしてあげるようにしましょう。

しつけは子犬期が重要

穏やかになり、無駄吠えも少なくなってきたスピッツですが、神経質な一面は残っている子が多いです。子犬の頃から、家族以外の人や動物に会わせたり、さまざまな場所に慣らせたりして「社会化」を心がけましょう。

*「社会化」について詳しくはコチラをご覧ください。

しっかりと運動させる

運動量が必要な犬種です。日々のお散歩に加え、時々はドッグランなどで思いきり走らせてあげましょう。ストレスをうまく発散させてあげることで、無駄吠えや甘噛みの減少にも繋がります。

クレート(ハウス)トレーニングを

犬にとって安心できる隠れ家があると、しつけや災害時に役立ちます。クレートの中に嫌がらず入り、そこで一定時間は落ち着いて過ごせるようにトレーニングすると良いでしょう。無駄吠えや甘噛み防止にも繋がります。

クレート

怒るより「無視」

犬のしつけの基本は「褒めて伸ばす」ことですが、もし犬がしてはいけないことをしてしまった時に怒るのはあまり効果的ではありません。好奇心旺盛なスピッツは、怒ることで「構ってもらえた!」と勘違いして、テンションが上がってしまう子も少なくありません。冷静かつ明確に「ノー」や「ダメ」と伝えた後は、怒り続けるより無視をして、クールダウンさせることが大切です。

かかりやすい病気

膝蓋骨脱臼

後ろ足にある膝蓋骨(ひざのお皿)が外れたりずれたりしてしまう病気です。膝蓋骨がはまる溝(滑車溝)が生まれつき浅い犬や、膝蓋骨を支える靭帯が弱い犬で発症しやすく、小型犬に多疾患です。スピッツは動きが非常に活発で、垂直ジャンプなどを好む子も多いことから、外傷性にこの病気を発症する場合もあります。
膝蓋骨脱臼を起こすと、片方の後肢をぴょこぴょこと挙げて不自然な歩き方をしたり(跛行)、痛みのある足を着地させることができずに3本足で歩くようになります。脱臼が軽度な場合には自然と症状が消失したり、痛み止めや安静などの内科治療で改善する場合が多いですが、進行すると手術が必要となります。

膝蓋骨脱臼を予防するには、フローリングなどの滑りやすい床に滑り止めやカーペットを敷くことで、膝への負担を減らすことができます。また、健康診断等で膝蓋骨脱臼を指摘された場合には、階段の上り下りやソファーへのジャンプ、急なダッシュなどの動作は控えるようにしましょう。肥満も足腰への負担となるので、日々の体重管理も重要です。

 

*詳しくは「小型犬に多い「膝蓋骨脱臼」とは?治療法と予防法【獣医師が解説】」をご覧ください。

フクナガ動物病院 獣医師

福永 めぐみ

詳細はこちら

関連記事

related article