成犬よりも抵抗力がない子犬は、環境の変化にとても敏感。最初はたいしたことはないと思っていても、急に悪くなることもあります。子犬の小さな異変を見つけるためには、日々、丁寧に健康状態をチェックしなければなりません。ここでは、子犬の不調をできるだけ早く見つけるためのポイントについて詳しく解説します。

 

成犬と子犬はどんなポイントが違うの?

一般的に生後1年までを子犬と呼びますが、大型犬・超大型犬種は1歳または2歳を超えても成長を続ける場合もあります。人間の子どもと同様に、子犬は成犬に比べ、免疫力も体力もありません。そのため病気にかかりやすく、飼い主さんの丁寧な健康管理とチェックが大切です。

 

子犬と成犬の違い

体:脳や感覚器官、内臓器官、骨格、筋肉などが未発達

免疫力:弱い

歯:6ヵ月齢くらいまで乳歯

性格:好奇心旺盛で活発(際限なく遊んでしまう)

食事:成犬よりも多くのエネルギー、たんぱく質、脂質などが必要

 

日常的に確認した方が良い項目とは?

食事量と体重

子犬は成長のために、成犬よりずっと多くのエネルギーが必要ですが、

消化器官が未発達であるため、一度にたくさんの量を食べると嘔吐下痢の原因に。

そのため成犬は1日に1~2回の給与数でかまいませんが、

子犬では3~4回に分けて与える

必要があります。もし1食でも食べないことがあれば注意が必要です。

また、食欲不振で体重が増えない場合はより重篤な病気のサインかもしれません。

子犬は生後2ヵ月までは生まれてから10~15倍ほども体重が増加

し、その後成長率は緩やかになるとはいえ、2ヵ月齢から成犬になるまで2~5倍は体重が増えます。順調な体重増加は子犬の健康のバロメーター。

定期的に体重を計測・記録し、なかなか増えない場合は獣医師に相談

しましょう。

 

【観察ポイント】

食欲がない、食べない

□ 体重が順調に増えていない

□ 食べたあと、嘔吐する

□ 食べているとき、鼻から食べ物が出てくる

 

排泄

子犬は消化器官が未発達であり、ちょっとしたことで下痢を起こしたりします。健康なウンチ、おしっこをしているか毎日の観察がとても大切です。

*「下痢」をしているときに考えられる病気を「うちの子おうちの医療事典」で調べてみましょう

 

ウンチ

子犬は成犬よりも食事回数が多いため、ウンチの回数も多めです。1日5回する場合もありますので、ウンチの多さにあまり神経質にならなくても大丈夫です。しかし、下痢の場合は脱水を起こしやすいため、早めに動物病院を受診してください。反対に、3日以上していなければ便秘と考え、この場合も獣医師に相談してください。

 

*「便秘」で考えられる病気を「うちの子おうちの医療事典」で調べてみましょう

 

 

<子犬の健康なウンチの特徴>

授乳期のウンチ:歯磨き粉程度の柔らかさ。色は黄色~薄茶色。

離乳期のウンチ:油絵具程度の柔らかさ。色は黄土色・薄茶色~茶色。

離乳後のウンチ:成犬のような硬めのウンチ。臭いもきつくなる。

 

【観察ポイント】

□ 3日以上ウンチをしていない

□ 離乳後なのにウンチが柔らかい(下痢と判断

□ (授乳中だとしても)水っぽいウンチをしている

血が混じっている(色に赤味がある)

□ 表面にヌルヌルした粘液がついている

 

おしっこ

子犬は、膀胱が小さいため、成犬よりも1日におしっこをする回数がずっと多く、1日に5~6回します。中には3〜4時間に1回おしっこをする子もいます。つまりおしっこの回数が少なければ、水分が足りていないのかもしれません。また、回数が多いからといって1時間に何度もおしっこをするようであれば獣医師に相談してください。

 

*「おしっこの回数が多い」ときに考えられる病気を「うちの子おうちの医療事典」で調べてみましょう

 

<健康な子犬のおしっこの特徴>

離乳前のおしっこ:色も薄く、臭いもほとんどない。

離乳後のおしっこ:黄色味が強くなり、臭いもきつくなる。

 

【観察ポイント】

□ 1時間に何度もおしっこをする

□ 半日に1回程度しかおしっこをしない

色が濃すぎる、薄すぎる

□ 赤味がある、茶色味がある

□ 離乳したのに、おしっこの臭いがほとんどない

 

呼吸

子犬の呼吸数は1分間でおよそ15~40回程度です。ときに遊びすぎたり、散歩や気温が高い時期に呼吸が荒くなることがありますが、じっとしているのに、いつも口でハアハア息をしていたり、遊んでいてもすぐに休みたがったりする場合は、循環器や呼吸器に問題がある可能性があります。なるべく早めに動物病院を受診してください。とくに短頭種は呼吸器に異常が起こることが多く注意が必要です。

 

*「口を開けて呼吸をする」ときに考えられる病気を「うちの子おうちの医療事典」で調べてみましょう

 

【観察ポイント】

□ 呼吸数が1分間に45回以上

□ 呼吸するとき、胸やお腹が大きく上下している

□ ちょっと遊んだだけで、口でハアハア息をし始める

□ 遊びたがらない、遊んでもすぐ休む

 

睡眠時間と活動時間

子犬の時期はよく眠るため、

子犬の1日の睡眠時間は合計すると18時間~20時間も

あります。しかし、図①のように起きているときは驚くくらい活発で、よく遊び、よく駆け回ります。もし、子犬が食事や遊びにも興味を示さず、ずっと寝ていて活動量が低下しているようであれば、病気かケガをしている可能性があります。その際は発熱や下痢といった他の症状がないかを確認し、動物病院を受診しましょう。

 

【観察ポイント】

元気がない

□ おもちゃや遊びに興味を示さない

遊んでもすぐ疲れて寝てしまう

□ 眠ってばかりいる

 

図①:子犬の1日の活動グラフ

※データ出典:日本動物高度医療センター JARMeC

 

定期的に確認すべき体の状態

毎日は必要ありませんが、耳や目など、体の状態を週に1回など定期的に確認しましょう。子犬の体は小さくて気づきにくいこともあるため、丁寧に観察することが大切です。

 

【観察ポイント】

□ 目:目ヤニ充血はないか、目を痒がっていないか、瞬膜が出っぱなしになっていないか

□ 耳:耳垢が多くないか、耳垢がネバネバしていないか、悪臭がしていないか

□ 鼻:鼻水が大量に出ていないか、鼻の表面が乾いてないか

□ 口:口臭が強くないか、舌や唇の色が白っぽくないか。歯がちゃんと生えているか

□ 皮膚・被毛:フケが出ていないか、痒がっていないか、脱毛はないか

 

子犬のワクチン接種と健康診断について

犬のワクチンは、法律で義務付けられている狂犬病予防ワクチンと、そのほかジステンバーウィルスなどの感染症予防のための、任意で行うワクチンです。狂犬病予防ワクチンは、生後3ヵ月で接種し、その後年1回の接種が義務付けられています。そのほかのワクチンは、移行抗体が切れる2ヵ月齢くらいに初回ワクチンを打ち始めます。

 

また、一般的に母親からの抗体が消失する時期は個体差があるため、複数回、時間をあけて打つことが推奨されています。子犬を感染症から守るためにもワクチン接種は必要であり、接種前には必ず健康診断があるので、この機会を活用して、日常気になっていることを獣医師に相談してみるのも良いでしょう。

 

アイペット獣医師監修「ペットと私の暮らしメモ」の健康診断に関する記事も、ぜひご覧ください。

 

★「健康チェック」に関するワンペディア獣医師監修記事

犬の健康をチェックするためには?日常的、定期的に何を確認すれば良いの?

犬の「食事」「飲水」「排泄」「呼吸」のチェックは、病気の早期発見の重要なポイント

1日の活動量が重要なカギに? 犬の健康状態を改めてチェックしてみよう

シニア犬の病気を早期発見するために!観察ポイントと健康チェック法を紹介

 

「子犬」に関するワンペディア専門家監修記事

飼い主さんが知っておきたい子犬期の情報はこちらをご覧ください

□ 健康チェック:「成犬とはどこが違う?子犬の健康を細かくチェックする方法とは?

□ 注意すべき病気とケガ:「子犬は絶対に気をつけて!注意すべき病気と怪我」(本稿)

□ 低血糖症:「子犬は要注意!短時間で死に至る「低血糖症」とは

□ 水頭症:「1歳未満の子犬に多い水頭症とは?治療法と飼い主さんができること

□ 胃液を吐いた:「子犬が黄色っぽい液体を吐いた!原因と対処法

□ 子犬の骨折:「子犬の骨折が発生しやすい月齢は? 発生しやすい3大要因と予防策

□ 環軸亜脱臼:「子犬がかかりやすい、環軸亜脱臼

□ 子犬のお部屋:「子犬のためのお部屋作り

□ 子犬のしつけ:「子犬を迎えたばかりのお家は要注意!そのしつけ、本当に大丈夫?

□ 子犬のトレーニング:「子犬期のうちに絶対にやっておくべきトレーニング

□ トイレトレーニング:「子犬のトイレトレーニング、失敗しても大丈夫!

□ パピーパーティ:「他の子犬たちと出会えるパピーパーティーとは

□ 父犬の役割:「子犬育ての参考に!お父さん犬の隠れた役割

□ 社会性:「子犬に社会性を身につけてもらうために!

□ お散歩デビュー:「獣医師がわかりやすく解説!初めてのお散歩

□ドッグランデビュー:「その子犬、ドッグランに連れて行っても大丈夫?

□ 夜鳴き:「子犬が夜鳴きするのはなぜ?夜鳴きの対処方法

□ 食糞:「子犬の食糞の理由や予防対策

 
 

★「うちの子」の長生きのために、気になるキーワードや、症状や病名で調べることができる、獣医師監修のペットのためのオンライン医療辞典「うちの子おうちの医療事典」をご利用ください。

 

 

例えば、下記のような切り口から、さまざまな病気やケガを知ることができます。  健康な毎日を過ごすため、知識を得ておきましょう。

 

【治療面】■ 再発しやすい ■ 長期の治療が必要 ■治療期間が短い ■ 緊急治療が必要 ■ 入院が必要になることが多い  ■手術での治療が多い ■専門の病院へ紹介されることがある ■生涯つきあっていく可能性あり

【症状面】■ 初期は無症状が多い ■ 病気の進行が早い

【対象】■ 子犬に多い ■ 高齢犬に多い ■男の子に多い   ■女の子に多い ■ 大型犬に多い ■小型犬に多い

【季節性】■春・秋にかかりやすい ■夏にかかりやすい

【発生頻度】■ かかりやすい病気 ■めずらしい病気

【うつりやすさ】 ■ 他の犬にうつる ■ 人にうつる ■猫にうつる

【命への影響度】 ■ 命にかかわるリスクが高い

【費用面】 ■ 生涯かかる治療費が高額 ■手術費用が高額

【予防面】 ■ 予防できる ■ワクチンがある

 

★「うちの子おうちの医療事典」で子犬が注意すべき傷病を調べてみましょう

□ 子犬に多い傷病

□ 低血糖症

□ 水頭症

□ 骨折

□ 回虫症

□ ジアルジア症

□ コクシジウム症

□ ケンネルコフ

□ 犬パルボウイルス感染症

竹原獣医科医院 院長

竹原秀行

詳細はこちら

関連記事

related article