ビーグル

愛犬が下痢をした・・・。これってわかりやすい体調不良ですよね。その場合、飼い主さんはどのような対応をすべきなのでしょうか?下痢を起こす病気は非常に多く、それにより緊急度や対処法も違います。自然に治る下痢も多いですが、何か重大な病気の症状の一つである場合もあります。放置していると命にかかわることもあるんですよ。
今回は、下痢をした場合の危険性と緊急性を、症状から見分ける方法を考えてみましょう。

下痢には、小腸性下痢と大腸性下痢の2種類ある

犬の下痢もヒトの下痢も原理は同じです。
食べたものは胃や小腸で消化吸収され、大腸で水分が吸収されていつもの形の便が出てきます。吸収されるべき栄養分や水分が吸収されずに出てきてしまうと、下痢が起こります。
下痢は、便の水分が多い状態をいうので大腸に原因があるように思えるかもしれませんが、実は小腸性の下痢と大腸性の下痢の2つがあります。

小腸性の下痢

小腸に何かしらの問題があり、消化や吸収がうまくできないと、本来残っているはずのない未消化物が大腸に到達します。便の中に未消化物が残っていると、大腸で便の水分を十分に吸収することができません。そのために小腸性の下痢の場合は、量の多いドロッとした便が出ることが多いのです。
また、小腸性の下痢は栄養を吸収できなくなるので体重減少などにつながって重症化しやすいのが特徴です。

大腸性の下痢

大腸炎など大腸に異常が起こると、小腸で正常に消化吸収された便から水分を吸収して固い便を作ることができなくなってしまいます。また、敏感になった大腸は少しでも便があると刺激になってしまうため、便を我慢できなくなってしまいます。そのため、少量の柔らかい便を何度も何度も出すようになります。

緊急を要する場合の症状とは

Young labrador retriever puppy

 

緊急性がある下痢では同時にほかの症状を伴うことが多いです。下痢と一緒に見られる緊急性の高い症状は以下のような症状です。

緊急性が高く、夜間であれば夜間病院も考えたほうがいい下痢

強い腹痛

重度の胃腸炎、膵炎、胃腸内異物など、緊急性が高い病気が疑われます。できるだけ早めに受診してください。

 

※犬の腹痛を見極める症状…
お腹を触るといつもより硬く、嫌がる。また、前足を伸ばして腰を上げた伸びをする姿勢(祈りの姿勢)を続ける。動きたがらない、少し腰を丸めるなどの様子が見られる場合

頻回の嘔吐を伴う・ぐったりしている

強い腹痛と同じく重度の胃腸炎や膵炎、胃腸内異物、腹膜炎、胃腸以外の全身性疾患(子宮蓄膿症、腎不全、肝不全、副腎皮質機能低下症、悪性腫瘍など)が原因である可能性があり、緊急性は高いです。嘔吐の回数が多いと、脱水や電解質のバランスの乱れを引き起こしますので、早めに点滴を行う必要があります。

子犬の下痢

3カ月くらいまでの子犬の下痢は、命にかかわるようなウイルス感染の下痢の可能性があります。また、単なる胃腸炎による下痢でも免疫力が弱く体力がないため、大人の下痢に比べると重症で、命の危険にかかわる場合もあります。子犬の下痢や軟便には要注意です。

できれば早めに病院に連れて行ったほうがいい下痢

黒色便

胃や小腸からの出血を意味します。胃腸の腫瘍や異物など、比較的重症の病気で起こるケースが多いので、その場合は軟便であっても動物病院を受診してください。

普段食欲が落ちない子の食欲が落ちる

食欲不振も下痢の際に気をつけたいポイントです。普段食欲が落ちることがない子の食欲が落ちる場合、体の中で大きな異常が起きている可能性が高いです。早めに獣医さんに診てもらうべき症状です。

3日以上改善しない下痢

通常、一過性の消化不良などであれば、1~2日で普通に戻ります。それが3日を過ぎても改善が見られない場合は、何かしらの治療が必要ですので、元気や食欲があっても受診してください。

動物病院へ行く前に、飼い主さんがすべき準備とは

病院へ行く場合、不必要な検査を避け、適切な診察をしてもらうためにも、飼い主さんが注意すべき点を紹介します。

 

・下痢便を持参(ペットシーツにしている場合はそれを持参)
・吐物がある場合は持参
・異物を食べた可能性がある場合は、同じものがあれば持参
・便の回数を確認
・緊急病院やかかりつけ以外の病院へ行く場合は、事前に電話をし、今までの検査結果や飲んでいる薬などを持参
・その他、家での様子をしっかり観察し、気づいたことがあれば診察時に報告

 

吐物や下痢便がカーペットにしみ込んだりして持参が難しい場合には、携帯で写真を撮って持っていくといいでしょう。

 

犬の下痢は比較的よく見られる症状ですが、原因は様々です。
ひどい下痢をしてしまったとき、まずそこに意識が向いてしまうと思いますが、緊急性を判断するには、実は下痢以外の症状も大事なのです。落ち着いてしっかり愛犬の状態を見て、必要な場合には早めに動物病院に行くようにしましょう。

アイペット獣医師

詳細はこちら

関連記事

related article