飼っている犬が突然吐いた…そんな時、飼い主さんはどのように対応するといいのでしょう。実は、犬の「吐く」という行為は幅広く、ケロッと元気になる嘔吐から、すぐに対応しないと最悪の場合そのまま死に至る嘔吐まであるのです。犬が突然吐いた時は、まず犬がどういった状態なのかを冷静に判断する必要があります。

犬の様子を観察する

吐く行為には「吐き出し(吐出)」と「嘔吐」の2種類があります。

  • 吐き出し:食べ物が胃に届く前に吐く行為のこと
  • 嘔吐:食べ物が胃に届き、消化された後に吐く行為のこと

飼い主さんの中には「吐き出し」は危険ではないと思っている人もいるようですが、実はそんなことはありません。吐き出しでも危険な場合はありますし、逆に嘔吐でも緊急性の低い場合もあります。

吐き出しと嘔吐を見分ける事よりも、飼い主さんはここ数日の犬の様子や食べたもの、吐く前後の様子など、犬の状態を把握しておくことの方が大切です。

犬の状態によって対処方法を考える

犬が吐いたとき、「少し休ませておけば大丈夫」という判断では、もしかしたら取り返しのつかないことになるかもしれません。以下を参考にして頂き、状態によって獣医さんの指示を仰ぎましょう。

危険度を測る4つのポイント

犬が吐いた時に注目すべきポイントは、

  • 吐く原因
  • 吐く頻度
  • 吐いた物の内容
  • 吐いた後の様子 

この4つを注意深く観察するようにしてください。

人間の子どもと同じです。子どもが車酔いでケポッと吐いただけなら、おそらく病院に連れて行かない方が多いと思いますが、もしも何の要因も考えられないのに突然吐いた後、グッタリしていたら即病院へ連れて行きますよね?人間の子どもと同じように、犬の様子も注意深く見てあげましょう。

【危険度:低レベル】慌てず、状況に応じて獣医さんに相談を

  • 長時間の空腹状態が続いた後、黄色い液体を吐いた。
  • 車に乗せた結果、車酔いで吐いた。
  • 勢いよくごはんを食べたせいで吐き、その後すぐにごはんを食べ続けた

「車に乗せる」や「勢いよく食べる」など、吐いた原因が明確であれば危険度は低いと考えられます。吐いた原因が明確にあって、しかも犬が吐いた後も元気に飛び跳ねているようであれば、しばらくおうちで様子を見ていても問題ないでしょう。

ただ、吐いた直後は胃や食道が弱っている場合があるので、すぐにごはんを与えないで、様子を見ながら以下の対応を取るようにして下さい。

空腹による嘔吐

少し時間をおいて様子を見て、元気そうであればお湯でふやかしたドライフードかウェットフードを少量与える。

(※詳細は‘胃液を吐いたときの対処法’をご確認下さい。)

車酔いによる嘔吐

車の中で吐いてしまったのであれば、できるだけ早めに車を止めて休憩時間を取ってあげましょう。外を歩かせたり気分転換をさせたりして、水または水で薄めたポカリスエットを与えて下さい。車に乗せる直前にごはんを与えると車酔いの原因となるので、食後1時間は車に乗せない方がいいでしょう。

勢いよく食べたことによる嘔吐

ガツガツ勢いよく食べてウゲーッと吐き、またガツガツごはんを食べているようなら、あまり心配しなくて大丈夫でしょう。お水を与えて様子を見ておいてください。

もし、犬を飼い始めたばかりで不安がある場合は、動物病院へ連れていくと良いでしょう。

【危険度:中レベル】病院へ連れていく

■何度も連続して吐く

■吐いた物が緑色

■吐いた物に血が混ざっている

■吐いた後にぐったりしている

この様な症状のどれかに当てはまる場合、すぐに病院へ連れて行きましょう。病院が閉まっている時間であれば夜間病院へ、もしくは電話で指示を仰ぎ適切な処置をしましょう。

【危険度:高レベル】即病院へ。最悪の場合死に至るかも

■吐きそうにしているのに吐けない。

■ぐったりしている。

■おなかが痛そうにしている。

■おなかがいつもより張っている。

このような症状が見られたら、「胃拡張胃捻転」である可能性が高いと考えられます。胃拡張胃捻転はすぐに手術をしなければ死んでしまう、非常に恐ろしい病気です。詳しい原因はわかっていませんが、なんらかの原因で胃の中にガスが溜まり、さらに胃が捻れてしまいます。捻れた胃が周囲の臓器や血管を圧迫し、血液の流れを止めてしまうくらいまで膨れると、ショック症状を引き起こして死んでしまうのです。非常に致死率の高い病気ですので、症状が見られたら即病院へ連れて行く必要があります。

因果関係などは明確になっていないものの、以下のようなことが胃拡張を引き起こすきっかけになっているのではないかと言われているため、注意しておくとよいでしょう。

■1回の食事を大量に与えること

■早食いをさせること

■食後に運動をさせること

特に、中型犬・大型犬が食後の後になりやすいと言われているので、いつも食後は注意して観察する癖をつけておくと無難です。また、このように緊急を要する場合には、病院へ行く前に事前に連絡を入れておくと、病院も受け入れ態勢を整えてくれるので、事前に連絡することをオススメします。

 

犬の「吐く」行為から、ちょっと具合が悪いのかな…と判断することは簡単です。しかし、その先にはとんでもなく恐ろしい病気が待っている場合があります。日頃から注意深く接すれば、こういった症状にもきっと気づけるはず。毎日の様子を観察して、もしもの場合すぐに対処できるようになるといいですね。

アイペット獣医師

詳細はこちら

関連記事

related article