愛犬が突然吐いた…そんな時、飼い主さんはどのように対応するといいのでしょう。犬の嘔吐の原因は様々で、ケロッと元気になる嘔吐から、すぐに対応しないと最悪の場合そのまま死に至る嘔吐まであります。ここでは獣医師監修のもと、犬が吐く原因と対処法について解説します。

犬が吐いたときの対処法はさまざま

犬が吐いたときの対処法は、嘔吐の原因によって異なります。たとえば、犬が道端の草を食べた後に吐いている場合、それがチクチクしたから吐いているのか、それともその草に毒性があり、中毒になって吐いているのかによって、対処法も緊急性も異なります。また、嘔吐したときの対処法について、ウェブ上では実に様々な情報が紹介されていますが、中には危険な情報も混ざっていることをきちんと把握しておく必要があります。飼い主さんがすべきことは、愛犬が吐いたときに自力で対処できるようになることではなく、嘔吐の危険度と緊急性を正しく理解し、必要に応じて動物病院へ連れていってあげることです。正しい知識で愛犬を守ってあげてくださいね。

犬が吐いたときの危険度を考える

愛犬の嘔吐が危険なのか、それとも様子を見ていて問題ないのか、どうやって判断すればいいのでしょうか?

人間の子どもと同じように考えて

基本的に、人間の子どもと同じように考えてあげるとわかりやすいと思います。車酔いしやすい子が、長時間のドライブ中にケポッと吐いたとします。この場合、病院へは連れて行かず、しばらく様子を見る方が多いと思います。しかし吐いた原因がわからず、さらに吐いた後にぐったりしていたら、すぐに病院へ連れていってあげますよね。犬も同じように考えてあげてください。

危険度を測る4つのポイント

犬が吐いたときに注目すべきは、以下の4つです。

□ 吐いた原因

□ 吐く頻度

□ 吐いた物の内容

□ 吐いた後の様子

これらをしっかり観察した上で、緊急性が高いのかどうかを判断するとよいでしょう。もし判断に迷ったり不安に感じた場合は、必ずかかりつけの獣医さんに相談してください。

犬が吐く原因

生理的な原因による嘔吐

生理的な原因で吐いていることがわかっていれば、危険度は低いと考えられます。以下のような状況は、生理的な原因であると考えられます。

□ 長時間の空腹状態が続いた後、泡状の白い黄色い液体を吐いた。

□ 車に乗せた結果、車酔いで吐いた。

□ 勢いよくごはんを食べたせいで吐き、その後すぐにごはんを食べ続けた。

「車に乗せる」や「勢いよく食べる」などのように、吐いた原因が明確であれば、危険度は高くないでしょう。しかも犬が吐いた後も元気に飛び跳ねているようであれば、しばらくおうちで様子を見ていても問題ないと思います。ただし、生理的な原因による嘔吐であっても、嘔吐を繰り返していると胃や消化管の粘膜が傷つくことがあるので注意が必要です。ただ、吐いた直後は胃や食道が弱っている場合があるので、すぐにごはんを与えないで、様子を見ながら以下の対応を取るようにして下さい。

空腹による嘔吐

少し時間をおいて様子を見て、元気そうであればお湯でふやかしたドライフードかウェットフードを少量ずつ与えてみてください。(※詳細は胃液を吐いたときの対処法をご確認下さい。)

車酔いによる嘔吐

車酔いが原因で吐いてしまったのであれば、できるだけ早めに車を止めて休憩時間を取ってあげましょう。外を歩かせてあげたり気分転換をさせて、水を少量ずつ与えて下さい。ごはんを与えた直後に車に乗せると車酔いの原因となるので、食後1時間は車に乗せない方がいいでしょう。

勢いよく食べたことによる嘔吐

ガツガツ勢いよく食べてウゲーッと吐き、またガツガツごはんを食べているようなら、あまり心配しなくて大丈夫でしょう。ただし、少しでもいつもと違う様子が見られた場合や、犬を飼い始めたばかりなどで不安がある場合は、動物病院へ連れていくと安心です。

病気が原因の嘔吐

以下のような場合は、病気が原因で吐いている可能性が非常に高いので、すぐに病院へ連れて行ってあげてください。

□ 何度も連続して吐く

□ 吐いた物が緑色

□ 吐いた物に血が混ざっている

□ 吐いた後(吐きそうにした後)に、ぐったりしている

病院が閉まっている時間であれば、夜間病院へ連絡をして適切な指示をあおぎましょう。異物誤飲や胃潰瘍、膵臓・肝臓疾患などのような病気にかかっていて、重篤である可能性があります。中には緊急処置が必要な場合もあります。

胃拡張・胃捻転

緊急性が非常に高い病気の一つ、胃拡張・胃捻転。なんらかの原因で胃の中にガスがたまり、どんどん胃が膨れてしまい、周囲の臓器や血管を圧迫することで、激しい腹痛が起こります。ちょっと様子を見ている間に、急激に容態が悪化して命を落とす危険性があります。以下のようなときには胃捻転の可能性が高いので、夜間の場合は緊急病院などに連絡をしてみましょう。

□ 大型犬・超大型犬

□ 食後に吐いている

□ 吐きそうにしているが、吐けない

□ おなかがはっている

□ ぐったりしている

※胃捻転に関する詳しい情報は、こちらからご確認ください。

中毒

犬が食べることで中毒症状を引き起こすものは、私たちの身の回りにたくさんあります。玉ねぎ・チョコレート・ブドウなどのように、人間の食べ物の中で危険なものもあれば、ヒガンバナ・ユリ・スズランなど、身近な植物にも危険は潜んでいます。犬がなにかをモグモグした後に吐いているなら、中毒症状を引き起こしている可能性があります。中毒の治療で大切なのは、以下の3つ。できるだけ正確に獣医さんに伝えてください。

□なにを食べたのか(食べた物があれば、動物病院に持って行きましょう。)

□どのくらい食べたのか

□いつ食べたのか

また、中毒が疑われる場合には、すぐに病院に連れて行くことが大切です。獣医師は色々な治療法の中から、状況に合わせて最適な治療法を選択してくれるからです。飼い主さんが自己判断で緊急処置をすると、最善の治療法を選択できなくなってしまったり、より治療を困難にしてしまうことがあるので、絶対にやめてください。中毒の治療はとにかく時間との勝負。愛犬の異変に気付いたら、まずは病院に電話で連絡を入れるといいでしょう。緊急治療のための受け入れ態勢を整えてもらうと同時に、病院に行くまでに飼い主さんができることがあれば、指示を出してくれるはずです。

異物誤飲

おもちゃや壁紙、ひもなどが物理的に食道や胃に詰まっているときも、吐こうとして激しくえずいたり、嘔吐をする場合があります。呼吸困難に陥ったり、異物が食道や胃を破ってしまう可能性があるため、緊急性が高いです。このような場合も自己判断による緊急処置は絶対にやめましょう。

 

愛犬が吐いたとき、その危険性や緊急性を理解するためには、嘔吐以外の状態もきちんと把握することが必要です。少しでも不安に感じたら、夜中だとしても動物病院へ相談するといいでしょう。正しい知識をもとに、大切な愛犬のことを守ってあげてくださいね!

アイペット獣医師

詳細はこちら

関連記事

related article