愛犬がガツガツとごはんに食らいつき、あっという間に平らげている様子を見ていると、微笑ましく感じるとともに、「誰も盗ったりしないんだから、もっとゆっくり味わって食べればいいのに」なんて思いますよね。

ただ、早食いが原因で吐いてしまったり、恐ろしい病気を引き起こしたりもするので、飼い主さんは早食いをさせないような工夫が必要です。

なぜ犬は早食いをするの?

一般的に、野生の動物は早食いをする傾向があります。祖先がオオカミである犬も、しとめた獲物を他者に横取りされないよう、急いで食べます。また、犬のとがった歯は、食べ物をすりつぶすのではなく、肉などを噛み、細かく切り刻むのに向いた形状となっており、咀嚼して味わう、といったことには不向きです。

本能的にも、体の構造的にも、犬の早食いは自然の摂理であると言えます。犬 ごはん

早食いによるデメリット

早食いは犬の本能といえる習性ではありますが、「本能だから問題ない。」とは言い切れません。実は早食いには色々な危険が潜んでいるのです。

早食いによる嘔吐

吐くこと自体がからだに負担に

食欲旺盛な犬はガツガツと早食いをし、食べた後にすぐ吐くことがあります。「早食いが原因なら仕方ない。」と思われるかもしれないのですが、早食いが原因だったとしても、吐く頻度が高い場合は注意しなければなりません。吐く行為自体によって、からだに負担がかかってしまうのからです。

本来、体は口から肛門まで一方通行に流れるような作りになっています。嘔吐によって胃酸が逆流することで、食道や胃の粘膜があれてしまうのです。粘膜は臓器の一部なので、粘膜が荒れることで胃炎、食道炎、膵炎へと発展してしまう可能性もあるのです。

早食いが原因で吐いたときの対処法

ガツガツ勢いよくごはんを食べて、早食いが原因でゲボッと吐いてしまった後、吐いたフードを再び愛犬が食べるようなら、一旦様子を見ていても大丈夫でしょう。吐いた後、フードをそのまま食べないで放置し、元気に遊びまわっているようであれば、少し時間がたってから、お湯などでやわらかくしたフードを少量あげて様子を見てあげて下さい。

もし、吐いた後にグッタリしていたり、何度も連続して嘔吐をするようであれば、それは早食いによる嘔吐ではなく、病気による可能性や、吐いたことにより具合が悪くなった可能性が考えられます。すぐに獣医さんに相談しましょう。

Chihuahua puppy lying near baby bottle on white background

胃拡張・胃捻転の原因に・・・?

中型犬や大型犬がなりやすいと言われている胃拡張・胃捻転。詳しい原因は明確になっていないものの、なんらかの原因で胃の中にガスが溜まることで胃が膨れ上がり、ねじれてしまう病気です。ガスは短時間の間にどんどんたまっていき、胃はパンパンに膨れます。膨らんだ胃が周囲の臓器や血管を圧迫し、すぐに手術をしなければ短時間で死に至る、とても恐ろしい病気なのです。

まだまだ未知数の部分が多い病気ではありますが、早食いがきっかけで引き起こされることもあると言われています。特に中型犬・大型犬の場合は、早食いをさせないように注意したほうがいいでしょう。

早食いをさせないための工夫

早食いをやめさせるためにはどうしたらいいのでしょうか?ここではいくつかの早食い防止法をご紹介します。

 

・フードを小分けにして与える。

・早食い防止グッズ「グリーンフィーダー」を使う。

・コングに入れて与える。

 ・フードに水を足す

・多頭飼育の場合、フードを与える部屋をわける

 

早食いは犬の本能的な習性ですが、意外と犬にとって負担になることが多いんです。犬が自分でコントロールできない分、飼い主さんがしっかりコントロールしてあげる必要がありそうですね!

アイペット獣医師

ワンペディアの運営会社であるアイペットに在籍している獣医師チーム。臨床経験...

関連記事

related article