車に乗る犬

家族の一員であるワンちゃんと一緒に、海や山へお出かけしたり、自然の中で思いきり遊びたい! たまには、ワンちゃんOKのホテルに宿泊したい! そんな愛犬家におすすめしたいのが、ワンちゃんとのドライブです。ドライブ好きなワンちゃんにするためには、ドライブにチャレンジする前から、車に良い印象を持たせる、ケージに慣れさせておく、などの必要があります。ワンちゃんにとって、安全で快適な楽しいドライブになるように……事前準備とドライブに必要なグッズ、車内やお出かけ先での過ごし方についてチェックしましょう!

ドライブ好きにするコツは“ご褒美”

初めて車に乗せる時は、ワンちゃんが興奮したり、酔ってしまったりする恐れもあるので、まずは短距離からスタートしましょう。ワンちゃんが大好きな近所の公園にあえて車で連れていき、「車=楽しい」というイメージをワンちゃんに持たせます。

手っ取り早く車に慣れさせたい場合は、おとなしくしていられたら、おやつやフードを1粒ずつ与えるという方法がオススメ。ワンちゃんは賢いので、「車内で静かにしているといいことがある」とすぐに学習します。また普段から、「お出かけ用トイレ」を使って練習しておくと、出先でも落ちついて排泄ができるようになります。

ワンちゃんだって車酔いします

人間同様、車酔いの症状が見られるワンちゃんもいます。長時間ずっと揺れていることで、平衡感覚をつかさどる「三半規管」に影響が出て、車酔いの症状が現れるのです。ワンちゃんが車に慣れるまでは、渋滞しそうな日程やルートはできるだけ避け、最短ルートを選択しましょう。急ブレーキ、急発進も車酔いの原因の1つ。酔いやすいワンちゃんの場合、嘔吐を避けるために車に乗せる前はご飯を抜き、それでも心配な時は、事前に動物病院で酔い止めを処方してもらいましょう。

ワンポイントアドバイス!

煙草や香水、芳香剤など、知らずのうちに車内にこもった匂いも、嗅覚が敏感なワンちゃんにとってはストレス。車酔いの原因になります。ワンちゃんを車に乗せる前に、なるべく匂いを除去しましょう。普段使っているおもちゃや布団を車内に持ち込むのもおすすめです。

ドライブに必要なものは?

  • ケージ、ベッド(お泊りの場合)
  • リード、首輪やハーネス
  • 水(ペットボトル)
  • フード・おやつ
  • おでかけ用トイレ
  • ペットシーツ(粗相対策)、ウェットティッシュ
  • フンキャッチャー、ビニール袋
  • 狂犬病予防や混合ワクチン注射の証明書
  • 酔い止め薬、救急用品

※ケージは後部座席にしっかり固定しましょう。

さあ、出発!―ドライブするにあたっての注意事項

さて、ここまで準備が整ったら、いよいよ出発! 本来ワンちゃんを車に乗せる時は、ケージに入れて後部座席か荷室に乗せるのがベスト。ケージは通気性が良く、折りたためる網タイプのものに上から布をかけてあげると、ワンちゃんもリラックスできます。

  1. 後部座席にケージを乗せる場合はシートベルトでしっかりと固定し、荷室の場合は、車内に固定できるベルトを常備しておきましょう。
  2. 車内温度は、人も犬も快適に過ごせる20度前後に。窓は少し開け、外気を入れてあげましょう。
  3. ワンちゃんが慣れないうちは、30分に1回ぐらい休憩。落ち着きがなくなったり、よだれが出てきたりしたら、できるだけ休憩をとるようにしましょう。休憩時は車から降ろし、少し散歩させてあげると、ワンちゃんの気分転換になります。
  4. サービスエリアや道の駅には、様々な食べ物が落ちているため、拾い食いに注意しましょう。
  5. ほんの数分でも、車内に置き去りにするのはNG。熱中症による死亡事故につながる可能性もあります。
  6. 車から降ろす時は、駐車場での事故や迷子の原因にもなりかねないので、必ずリードを装着してからドアを開けるようにしましょう。

飼い主もワンちゃんも、マナーと安全運転を守って…楽しく快適なドライブを!

ワンペディア編集部

犬が大好きなメンバーが集まった、ワンペディア編集部。

実際に犬を飼っ...

関連記事

related article