Puppy on absorbent litter

犬をおうちに迎え入れたとき、一番最初に教えなければならないのがトイレの場所。犬がおうちにやってきて数日の間にきちんと教えてあげましょう。最初の1週間が大切な時期ではありますが、上手にトイレができるようになるまではかなりの時間がかります。半年以上かかるケースもあるので、すぐに覚えてくれるものだと思わず、できるようになるまでゆっくり見守ってあげましょう。

トイレトレーニングのポイント

トイレのしつけは、犬を迎えた初日から必要となります。トイレトレーニングには色々な方法がありますが、ここではクレートを使ったトレーニングをご紹介します。トイレトレーニングとあわせてクレートに慣れてもらうことができれば、病院などの外出時や災害時に非常に便利ですので、ぜひ試してみて下さい。

まず、押さえておくべきポイントをご紹介します。

  • トレーニングは初日から。最初の1週間が大切です。
  • トイレを覚えるのには時間がかかるので、焦らないこと。
  • できるようになっても生後10カ月くらいまでは褒め続けて下さい。
  • 失敗しても叱らないこと。

下手に叱ってしまうと、排泄自体がいけない事だと感じ、トイレを我慢するようになったり、ウンチを食べる「食糞行動」などに繋がるので、失敗しても叱らないようにしましょう。

犬が覚えることができるもの

トイレトレーニングで悩む飼い主さんは、実は多いのです。どうしても時間がかかるトレーニングではありますが、犬が覚えることができるものをご紹介しますので、参考にしてみてください。

犬が認識できるものは以下3つです。

  • トイレの感触(ペットシーツを足の裏で踏んだ感 じ)
  • ワンツーなどの掛け声
  • 場所

「トイレの感触(ペットシーツを足の裏で踏んだ感じ)」がする場所では排泄していいんだということを教える事が、トイレトレーニングの基本的な考え方なのです。

トイレトレーニングの方法

Step1

サークル全面にペットシーツを敷いて、犬を放します。ベッド以外の場所をペットシーツで埋め尽くすように敷いてください。

STEP1

 

 

犬の行動がどちらに当てはまるかで手順が変わります。

A:ペットシーツの上に排泄。

A

 

 

その場ですぐに褒めて、ご褒美をあげましょう。サークルの外に出し、30~60分程度おもちゃなどで遊んであげて下さい。ペットシーツに排泄すると楽しい事が起きると学習させてあげましょう。

 

B:排泄しない。

 

B

 

トイレをする気配がなかったり、外に出たがるようなら、一旦休憩させてあげましょう。クレートの中に入れ、1~3時間休ませてあげるといいでしょう。休んだ後はまたサークルの中に放し、上の手順を繰り返します。

  《ワンポイントアドバイス》

トイレの掛け声は、教えても教えなくてもどちらでもいいと思いますが、もし掛け声を教えるなら、このタイミングで「ワン・ツー」などと声を掛けましょう。き ちんと掛け声を覚えてもらうことができれば、「ワン・ツー」という掛け声を聞くと、そのタイミングでトイレをするようになります。掛け声を教える場合での注意点としては、家族全員で指示語を統一して下さい。お父さんは「ワン・ツー」、お母さんは「シー・シー」など人によって違うと犬が混乱してしまいます。

Step2

サークル内のペットシーツを敷く面積を徐々に狭くしていき、Step1 を繰り返します。

 

STEP2

 

もし、ペットシーツではない場所に排泄してしまったら、リアクションをせずにすぐ後始末をして下さい。消臭剤で臭いも消し、なにもなかったように振舞います。そしてクレートで休ませて下さい。

このまま遊んでしまうと、トイレに失敗したのに遊んでくれると勘違いしていまうので、ここでは遊ばないようにしましょう。最終的にはペットシーツ1枚だけでもその上にきちんと排泄ができるようになればOKです。

Step3

排泄しそうなタイミングでサークルとクレートの扉を開けてサークル内へ誘導し、Step1 を繰り返します。

もし大事な家具やベッドの上など、あちこちでトイレをされたら、怒ってはいけないと思っていても、つい飼い主さんもイライラしてしまいますよね。なのできちんとトイレを覚えるまでは、サークル内かクレートで過ごす事を基本にするといいでしょう。もし部屋を自由に歩かせるのであれば、犬が排泄するタイミング(寝起き・食後・遊んだ後・月齢+1時間毎など)でトイレへ連れて行くようにします。

 クレートトレーニングの必要性

トイレのしつけの中に、クレートで休ませるサイクルを入れる事で、休む時はクレートなんだということも教える事ができます。

クレートが休む場所であることを覚えると、災害時などクレートでしか過ごせない場合に非常に役に立ちます。また、動物病院に行く時だけクレートを使うと、「クレートに入ると嫌なことが起きる」と連想させてしまうので、たまにクレートの中でご飯をあげるなど、「クレートは安心できる場所」「クレートに入るといいことがおきる」という認識をさせるようにしましょう。

 

一度できるようになっても、またできなくなってしまうこともあります。うまくいかなかったとしても、それはわざとではないんです。ゆったり構えて、愛犬の成長を見守ってあげてくださいね。

アイペット獣医師

ワンペディアの運営会社であるアイペットに在籍している獣医師チーム。臨床経験...

関連記事

related article