Puppy yawn.

 

犬の歯って生えかわるものなの? 犬を初めて飼う場合には、そんな疑問もあるかもしれませんね。もちろん、犬の歯は生えかわります。では、いつ、どんなふうに抜けて、どんな注意が必要なのでしょうか。

生えかわりの時期

犬の乳歯は28本。犬種や成長のスピードによっても変わってきますが、生後8週間あたりに乳歯はすべて生えそろうといわれています。その後、4〜6カ月くらいの時期に永久歯への生えかわりの時期をむかえ、7カ月〜1歳くらいのころに永久歯がそろいます。永久歯の数は42本です。

どんなふうに抜けるの?

乳歯が抜けるのは、小さな前歯、とがったキバのような犬歯、口の両側の側面にある臼歯、そして奥歯という順番です。乳歯が抜け始めるころには、違和感があるのか、口をモゴモゴと動かしたり、オモチャをさかんに噛んだり、歯や歯茎を家具にこすりつけたり、前足でしきりにいじったりします。

いつの間にか抜けていることが多いのは、食事と一緒に飲み込んでしまうことが多いからです。飲み込んでしまうこと自体は、とくに心配する必要はありません。排泄のときに便と一緒に出てきます。口のまわりや前足に少量の血がついていたり、オモチャに小さな歯が刺さっていたりすることで、飼い主さんが抜けたことに気づく場合が多いようです。出血はすぐ止まりますので、これも心配する必要はありません。

歯磨きの習慣づけのチャンス

乳歯が抜け始めるころには、口のなかの雑菌が繁殖しがちになるので口臭が始まることもあります。

 

歯垢や歯周病は別の内臓の病気のきっかけになることもあるので、犬にとって歯磨きの習慣があるかないかで将来のQOL(生活の質)が変わってきます。小さい頃から歯磨きの習慣をつけるには、このころに始めるのがよいでしょう。口臭のケアや、生えかわりの違和感をやわらげてあげることにも繋がります。

気をつけたい乳歯遺残

乳歯遺残とは、永久歯が生え始めているのに、口のなかに乳歯が残っている状態のことです。あまり乳歯が長く残っていると、永久歯の成長を妨げてしまうことがあります。将来、噛み合わせが悪くなる原因にもなります。

<乳歯遺残 乳切歯・乳犬歯>

また、歯が密接して多く生えている状態が長く続くと、歯垢や歯石がつきやすくなるのも問題です。生後7カ月を過ぎても乳歯が残っているとき、もしくは乳歯と永久歯が一緒に生えている状態が2週間以上続いている場合には獣医師に相談しましょう。あごの骨や歯茎のなかに、生えずに埋もれている永久歯があることもあるので、獣医師の指導をあおぎます。

<埋伏歯 下顎切歯埋伏歯>

 

生えかわりの時期にしてあげたいこと

食事が大好きな犬でも、生えかわりの頃には口のなかの違和感が原因で食欲が落ちたり、乳歯が抜けたあとの傷が気になってドライフードを食べにくそうにしたりすることがあります。生えてきたばかりの永久歯がまだ小さすぎて、左右の歯の高さのバランスが悪くなり、噛むのが大変になっているのかもしれません。

<犬の乳歯画像>

あまり気にする必要はありませんが、あまりにも食べにくそうなら、ドライフードをすこしふやかしてからあげてみるといいでしょう。この時期だけウェットフードをまぜてあげるのもおススメです。

 

歯の健康は体の健康に直結します。それはわたしたち人間と同じです。小さいときから犬の歯に注意を払い、健康な毎日を送らせてあげたいですね。

高田 傑
高田 傑

2004年、日本大学獣医学部卒業。
牧の原どうぶつ病院院長。
大学卒...

関連記事

related article