dog-skin-hair

犬の被毛や皮膚には色々な病気の兆候が現れてきます。犬の皮膚病は種類が多く、ほとんどがかゆみを伴います。かゆみがひどいと噛んだり舐めたり引っかいたりして皮膚病が悪化してしまい、なかなか完治しにくい病気と言われています。犬の被毛と皮膚の状態を日頃からチェックするようにしましょう。

犬の被毛のチェック

被毛は体を覆う毛であり、体温調節をしたり、皮膚を外敵から守り、病原体の感染や侵入を防ぐ役割をしています。犬種によって、

  • アンダーコート(下毛)
  • オーバーコート(上毛)のダブルコート(二重構造)
  • シングルコート(一重構造)

に分けられます。

被毛のチェック項目

  • 毛艶があるか
  • 被毛がパサついてないか
  • フケは多くないか
  • 毛玉やもつれはひどくないか
  • 抜け毛がひどくないか
  • 部分的な脱毛や広範囲の脱毛はないか

健康な犬の被毛は、フケや抜け毛もなく艶があります。また、体臭もあまり気になりません。気になる項目があれば、色々な病気が考えられるので、一度動物病院の獣医師に相談して診察を受けてください。

犬の皮膚のチェック

皮膚病は原因も症状も様々で、動物病院へ受診するのが一番多いと言われています。何らかの原因で皮膚の機能が低下して皮膚病を発症してしまい、舐めたり掻いたりすることにより細菌の二次感染を起こしてしまいます。そして完治するまで時間と費用がかかってしまいます。

皮膚病の主な症状

犬の頭部から尻尾まで体全体の皮膚を観察してください。

  •  体をしきりにかいて痒がる
  •  体臭が強い
  •  皮膚が脂っぽく、被毛がベタベタしている
  •  フケが多い
  •  抜け毛が多い
  •  皮膚にカサブタができている
  •  皮膚がただれている
  •  皮膚が赤く腫れている
  •  皮膚にしこりがある
  •  指の間を舐めたり噛んだりしている

このような症状がある場合は、色々な病気が考えられるので早めに動物病院で獣医師の診察を受けるようにしましょう。

皮膚病の原因

  • 外部寄生虫(ノミ、ダニ)
  • アレルギー性皮膚炎
  • 細菌、真菌の二次感染
  • ホルモン分泌異常
  • 免疫異常
  • 腫瘍
  • 外傷

主な皮膚病

  • 膿皮症
  • 脂漏症
  • 皮膚糸状菌症
  • ニキビダニ症(アカラス、毛包虫症)
  • 疥癬
  • イヌツメダニ症
  • アトピー性皮膚炎
  • ノミアレルギー性皮膚炎
  • 接触アレルギー
  • 食物アレルギー
  • 内分泌性(ホルモン性)皮膚病

皮膚病の予防とケア

犬がかゆがっていれば動物病院で治療してもらうことはもちろんですが、それ以外にも生活環境を整えてあげることです。犬の汚れやにおいが気になる場合は、こまめにブラッシングやシャンプーをして、できるだけ犬の体を常に清潔に保つようにしてあげてください。生活する環境もこまめに掃除して、いつもきれいな状態を保ってください。また、食事もバランスの取れた手作り食又は良質なドッグフードを与えてあげてください。

最後に

犬の皮膚病は色々あり、治りにくいものもあります。日頃から飼い主が被毛のケアをしてあげて、皮膚のチェックをマメにするようにしていれば、早期発見・早期治療につながります。犬から発せられるサインを見逃さないように、いつもと様子が違うなと感じたら早めに動物病院で診察を受けましょう。また、日頃から定期的な体検査と血液検査を動物病院で受けることもおすすめします。

アイペット獣医師

ワンペディアの運営会社であるアイペットに在籍している獣医師チーム。臨床経験...

関連記事

related article