毛が抜ける犬

 

朝、掃除機をかけたばっかりなのに、あっという間に大きな毛の塊が、あっちにボロボロこっちにボロボロ。愛犬の毛が生え変わる時期は、ソファもクッションも毛まみれになりますよね。中には掃除しても掃除しても抜ける犬の毛に、悩んでいる飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。一体みんなどうやって対処しているのでしょうか?愛犬の抜け毛に悩む飼い主さんのために、対処法をまとめました。

犬は年に2回、抜け毛の時期がある

多くの犬には年に2回、春先と秋口に「換毛期(かんもうき)」と呼ばれる被毛の抜け替わりの時期があります。寒さに耐えるための厚手の冬毛が、暖かい春先になると抜け、そして秋口に気温が下がってくるとふたたび寒さに備えて冬毛が生えてくるのです。冬毛が生えてくるとき、邪魔になった余分な毛(死毛)が抜けるので、秋口にも抜け毛が増えるんですね。

つまり抜け毛は寒さ対策をすることによって発生するもの。温帯よりも北にある、寒い地域が原産の犬に見られる現象なのです。秋田犬や柴犬などの日本犬は、換毛期がある代表的な犬種になります。

はな

「あれれ、ふとった?」太ったんじゃなくて寒さ対策です。着膨れしてます。

このような寒さ対策がバッチリな犬種は、アンダーコートとオーバーコートという2種類の被毛がはえた、「ダブルコート」と呼ばれる毛の構造をしています。アンダーコートは内側に生える、冬毛のような柔らかい毛で、オーバーコート(上毛)は外側に生えている、太くてしっかりした毛となります。

ちなみに、抜け毛の原因になるアンダーコートが生えない被毛をシングルコートと言います。プードル・マルチーズ・ヨークシャーテリア・シーズ・パピヨンなど、暖かい地域で改良された犬種はシングルコートで、毛のはえかわりがありません。その分、寒さには弱いのが特徴です。

犬の抜け毛対策はとにかくブラッシング

毛が抜けると、犬のからだの毛にくっつきます。なので、飛び散る前にブラッシングで取り除くことが、一番の対策になると言えるでしょう。抜け毛がからまって毛玉ができることも防げます。最近注目されている、抜け毛専門のブラシ「ファーミネーター」がおすすめです。驚くほど毛が取れますよ。

‘【動画】話題のファーミネーターを使ってみた’

それでもダメなら・・・飼い主さんたちの抜け毛対策

ワンコに服を着せる

抜けた毛が飛び散らないように、服が平気なワンちゃんなら、服を着せるのはアリ。上下つながっている服なら、全身の毛の飛び散りを抑えることができるので、使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

人間の服に工夫をする

シルクなどのツルツルした素材の服を着ることで、飼い主さんの服が毛だらけになるのを防ぎます。特にお気に入りの服は、静電気除去スプレーをかけておくのがオススメ!

毛を短く切る

毛が長いとその分抜け毛のボリュームが増えますよね。サマーカットにして、ボリュームダウンをはかるという選択肢もあります。ただ、アレルギーの方は短くすることで、余計にひどくなったりする場合もあるので、まずはトリマーさんに相談してみるとよいでしょう。

 

 

お風呂に入れる

飛び散らずに毛を洗い流せるシャンプーは効果的です。ただし、毎日毎日お風呂に入れてしまうと、犬の皮膚にとってよくないので、1~2週間に1度のペースで入れてあげるとよいでしょう。

 

いっそ犬の抜け毛を楽しむのもアリ!

いくつか抜け毛の対処法を並べてきましたが、いくら努力しても抜け毛を完全になくすことはできません。「抜け毛はダメなもの」「お部屋はキレイにするもの」と考えてしまうと、なくならない抜け毛にうんざりしてしまうので、ここはいっそ「抜け毛を楽しむ」というマインドに切り替えるのが一番いいと思います!

 

まるで本物みたいな可愛さ!これは作ってみたくなりますよね。他にも、抜けた毛を首のまわりにくっつけてライオンにして遊んでみたり、抜け毛を丸めてボールを作っておもちゃにしてみたり、集めた毛を犬型に配置して「脱皮」の写真を撮影したり、飼い主さんたちんの面白いアイデアがたくさんありました。

 

抜け毛がひどいとげんなりしてしまって、ついつい気分が滅入ることもあるかもしれません。いくら可愛いペットに罪がないとはいえ、気分が滅入ることは誰にだってあります。そんなときはうまく気持ちを切り替えて、ペットとの生活をより楽しめるようになるといいですね!

ワンペディア編集部

犬が大好きなメンバーが集まった、ワンペディア編集部。

実際に犬を飼っ...

関連記事

related article