パピヨン

パピヨンはフランス語で「蝶」という意味である犬種名のとおり、蝶が羽を広げたように大きな耳と飾り毛、絹糸のような美しい毛並みが特徴です。ほっそりした四肢で繊細な印象ですが、明るく活発な性格で運動能力も高く、優雅なショードッグとしてだけでなく、訓練競技や様々なドッグスポーツの世界で活躍しています。

パピヨンのパラメーター

パピヨンの飼いやすさ

お留守番耐性 ★★★★☆
しつけやすさ ★★★★★
必要な運動量 ★★★☆☆
抜け毛の多さ ★★☆☆☆
必要なブラッシング量 ★★★★★

パピヨンの性格

人への人なつっこさ ★★★★★
他の犬への友好度 ★★★★☆

パピヨンの性格

明るく友好的で社交性があり、とても人懐っこく愛想の良い犬です。その可憐な外見からは意外なほどに大胆で自己主張も強い方ですが、甘え上手でもあります。愛玩犬の中では群を抜いて運動神経が良く、賢くて順応性も高いため、しつけもしやすいのが魅力です。小型犬にみられる神経質なところもあまりなく、他の犬や人に対し攻撃的な面もほとんどありません。子どもの遊び相手としても最適といえます。また、愛情深い犬なので一人暮らしの方のパートナーとしても最適でしょう。ただ、賢いが故に甘やかすとわがままで攻撃的になり、吠え癖がついてしまうこともあります。

パピヨンの歴史とルーツ

祖先はスペイン原産のトイ・スパニエルの一種と言われています。16世紀頃、ヨーロッパ各国の上流社会で一躍人気となりました。フランスの国王ルイ16世の王妃マリー・アントワネットから寵愛を受けた話は有名で、この時代の貴族の肖像画などには必ずと言っていいほど華やかな貴婦人とともにパピヨンが描かれています。現在のパピヨンは、19世紀以降にフランスやベルギーでチワワやスピッツと交配させて改良されたものです。初期のパピヨンの耳は垂れていましたが、ある時突然立ち耳のパピヨンが生まれるようになりました。現在においても両タイプが認められており、立ち耳のパピヨン(蝶)に対し、垂れ耳はファレン(蛾)と呼ばれます。

ファレン

ファレン

パピヨンを飼うときに気をつけたいこと

パピヨンは体臭が少なく、長毛ながら抜け毛が少ないため、とりわけ室内飼いに適しており、飼育する環境は特に心配することはありませんが、屋外での飼育はあまりおすすめしません。活発で陽気な性格なので、毎日適度に運動させ、刺激を与えてあげる必要があります。飼い主の心理を見事に見透かし、飼い主を手玉に取ることがありますので、小さい頃からのしつけはきちんと行いましょう。膝頭をはずしやすいことや、足が細く華奢なので、骨折に要注意です。

 

パピヨンの成長

パピヨンの名前の由来である蝶は卵から孵化して幼虫となり、やがてサナギの時代を経て美しい蝶に変身しますが、パピヨンもその成長過程でその姿は大きく変わります。

生後3ヶ月くらいまでの子犬の時代はふわふわコロコロしてとても可愛い時期ですが、生後4ヶ月を過ぎてくると、ふわふわのベビーコートが抜け始め、脚が伸びてくる頃と重なり、ひょろっとして毛がなく、優雅なパピヨンとはかけ離れた、蝶でいうサナギの時期があります。実際に飼われている方の中では「ヤギ期」や「ハゲ期」と呼ぶ方もいます。

生後7ヶ月くらいになると徐々に体の毛も長くなってきて、パピヨンらしく成長していきますが、個体差がとても大きく、1歳くらいでゴージャスなパピヨンに変身してしまう場合もあれば、3歳過ぎまでかかる場合もあります。

 

パピヨンとお散歩

活発でエネルギッシュな犬なので運動は必要です。1日2回、20~30分程度のお散歩に連れて行ってあげることが理想です。お散歩は肥満予防だけでなく、ストレス解消や飼い主とのスキンシップにもなります。また、他の犬と触れ合ったり、色々な音に慣れたり、社会性を身につけるためにも大切です。

パピヨンの毛のお手入れ

パピヨンは長毛種のため一見お手入れが大変そうに見えますが、基本的にカットは足裏の毛のみでトリミングは不要です。毛玉やもつれができないよう、こまめにブラッシングをしてあげましょう。ブラッシングはピンブラシで行い、コームで仕上げます。毛玉やもつれがあるときはスリッカーを使います。下毛のないシングルコートのため、抜け毛は少ないです。

シャンプーは月に1~2回が目安です。やりすぎはよくありません。ブラッシングをこまめにすれば、それほどシャンプーをしなくても大丈夫ですが、汚れや毛のベタつきが気になってきたらシャンプーのしどきです。タオルドライのあと、ドライヤーを使って完全に乾かします。濡れたままにしておくと風邪や皮膚病の原因となります。

足の裏やお尻の周りなどの毛は伸びたらカットしましょう。足裏の毛が伸びていると滑る原因となります。お尻周りは便などで汚れないようにカットしておくと清潔に保てます。

パピヨンの毛の色

白地であれば全ての色が認められます。色は大きく分けて、白×茶、白×黒、トライ(白×黒×茶)の3パターンとなります。ボディは白の割合が多いものが好ましいとされています。頭部の中央にある白い模様をブレーズと呼び、幾分広く左右対照であることが好ましいとされています。ブレーズのないものを面かぶりといいます。

白×茶

白×茶

白×黒

白×黒

トライ(白×黒×茶)

トライ(白×黒×茶)

クラシックトライとハウンドトライ

トライの中でも「クラシックトライ」(左:麻呂眉あり)と「ハウンドトライ」(右:麻呂眉なしで茶色が多い)があります。

パピヨンのからだつき

パピヨンのスタンダードとされる体高は28cm以下で体長の方が体高よりも若干長く、体重は2~5kg程度です。背はまっすぐで、おなかはしまっており、尾はリスのしっぽのように前方にアーチ形をなしています。

絹のような長毛で手足が長く、耳と尾には特に長い飾り毛があり、優美で気品のある姿をしています。大きな立ち耳が特徴ですが、垂れ耳も認められています。

目はアーモンド形で、やや大きめで暗色。歯はシザーズバイト(上の切歯の内側に下の切歯が接する)です。

パピヨンの気を付けたい病気

・眼瞼内反症

・膝蓋骨脱臼

パピヨンは先祖犬が大型犬ではなかった上に年月をかけてゆっくりと小型化してきたため、小型犬としては遺伝疾患が少ない犬種と言われています。気を付けたい病気としては、パピヨン特有というよりも、小型犬全般がかかりやすい病気があげられます。このように、華奢なからだつきながら丈夫で病気知らずと言われるパピヨンですが、身軽で活発な故に病気よりも怪我に気をつける必要があります。高いところからジャンプして骨折したり、フローリングで滑って膝のお皿がずれて脱臼したりすることがありますので、無理なジャンプをさせないようにしたり、滑りやすいフローリングにはマットを敷いたりして工夫してあげてください。

公式データ

JKC分類 9G 愛玩犬 家庭犬、伴侶や愛玩目的の犬

AKC分類

トイ・グループ

原産国

フランス

体高

オス・メスともに28cm以下

体重

オス・メスともに2~5kg

アイペット獣医師

詳細はこちら

関連記事

related article