かまっての要求を少し放っておいたり、長い時間お留守番をさせたりすると、ご機嫌斜めになる犬もいますよね。今回はふてくされた犬に振り回される飼い主さんのエピソードをご紹介します。

 

愛犬の説得に30分

うちの愛犬は甘えん坊なのか、かまっての要求を軽くあしらったり、叱ったりすると布団でバリケードを張り、一切の交渉を拒否しようとします。

けっこう意地っ張りで、放っておくとごはんも食べないので、主人が無理やり布団から引きずり出してわちゃわちゃ撫でまくるのですが、その後は表情一つ変えずに布団へ戻ってしまいます。

仕方なしに、ネゴシエーターである私が30分近くケージの前で説得することも。「ママが悪かったです。ごめんね。そんなに怒らないでこっちを見て?ほら、ごはんも冷めちゃうし、今日のところは仲直りしませんか~?・・・」ケージの前で、しかも愛犬に背を向けられたままひたすらこんなことを話している自分が時々笑えますが、これを30分ほど継続しないと毎回へそが曲がったままなのです。

嫌がることはしないように気をつけているつもりですが、知らないうちに地雷を踏んでいるようで、いつも気をつけないと…と思っています。

アイペット損害保険株式会社

ワンペディア編集部

詳細はこちら

関連記事

related article