Cute Labrador dog at home, closeup

犬と一緒に生活する中で、ついほっこりしてしまうのが愛犬による夫婦喧嘩の仲裁エピソード。群れで生活をしてきた犬は、他人の気持ちを察することが得意と言われていて、空気を読む力が優れているのかもしれません。ここでは愛犬たちの活躍により、夫婦喧嘩が収束したというほっこりエピソードをご紹介します。

怒鳴り合いの喧嘩をドヤ顔で解決!

我が家のやんちゃなジャックラッセルテリアは、いつもクローゼットのドアを勝手に開けたり、洗濯物の山に首を突っ込んだりしては靴下を見つけ出し、ブンブン振り回して遊びます。

ある日、父と母が怒鳴り合いの喧嘩をしていたときのこと。半泣きでキレる母と、ムスッとした父との怒鳴りあいが途切れ、リビングにはシーンとした嫌な空気が張り詰めていました。見ている私と妹も、その場から逃げ出すタイミングを逃し、気まずい沈黙に息苦しくなっていた時、突如として家族の輪の中に愛犬が踊り出ました。どこから取ってきたのか、ものすごいドヤ顔で靴下をくわえています。父親が取り上げようとしてもするりと父の手をすり抜け、「フンッ!」と鼻息を荒げて、得意げに家族全員に見せて回ります。

doya1

doya2

なかなか靴下を奪還できずに諦めた父と母は、言い争いを再開。すると愛犬はソファの裏に潜り込み、「取ってよ、かまってよ」と言わんばかりにきゅ~ん、きゅ~んと泣き続けるではありませんか。話をさえぎるほどの大きな、そして切なそうな声といったら…(笑)。愛犬をなだめているうちに喧嘩は終了しました。愛犬のおかげで場の空気が一瞬で和やかになりました。

いつまでも私たちの「かすがい」

Cute white maltese dog hiding under sofa,  fearful and frightened

 

昔、マルチーズの女の子を飼っていました。「子はかすがい」と言いますが、子どもがいない私たち夫婦にとって、愛犬はまさに二人の仲を取り持ってくれるような存在でした。そんなある時、私たちは珍しく言い争いになり、私のきつい一言で妻を泣かせてしまったことがありました。すると愛犬が泣きじゃくる妻の涙を一生懸命になめて、慰めているではありませんか。そして、なめてはチラッ、なめてはチラッと私の方に目をやります。「ほら、謝って!今よ、謝って!!」と言われているような気がして、愛犬のおかげで妻に素直に謝ることができました。

月日が経ち、あの子は一足先にお空に帰ってしまいましたが、今でも妻と仲良く暮らせているのは、あの子のおかげだと心から思っています。

ご主人様をいじめたら許さない!

今年10歳になる愛犬は、とにかく私のことが大好きで、主人よりも私の順位が上だと感じるとがよくあります。その最たる例が、夫婦喧嘩の仲裁方法。主人が少しでも声を荒げると、私と主人の間にさっと入り、これでもかというくらい主人をにらみつけます(笑)。それでも主人が追い打ちをかけてくるときは、唸る!吠える!で威嚇するときもあれば、「黙れ!」と言わんばかりに主人の口を塞ぐように、口の周りをなめまわすこともあります。

ikaku1

ikaku2

おかげさまで、それ以上にデッドヒートすることはなく、後腐れもなく、喧嘩したそばから夫婦二人でケラケラと笑ってしまうことが日常茶飯事です。

喧嘩の判事を愛犬に任せたところ

 

うちは夫婦喧嘩をすることはほとんどないのですが、夫への不満は日々積もり積もっています。でも直接言うと角が立つし、夫の機嫌も悪くなるため、もう~限界!と思ったときは、夫がいる前で愛犬に「お父さんのこういうところ間違ってると思うやろ?そうやんなぁ、あんたもそう思うよなぁ~」と話しかけるんです。すると夫も「ちゃうよなぁ~、間違ってるんはお母さんの方よなぁ~」と愛犬に話かけ、毎回バカらしくなってやめるという日々を送っています(笑)。

その時の愛犬の表情は、なんとも言えぬ呆れ顔!!あまりにも話しかけすぎると自分の寝床に帰って寝てしまうクールな愛犬のおかげで、私たち夫婦はいつも仲良くやっています。

愛犬の愛溢れる行動に反省

ワンちゃんは喧嘩の仲裁に入ることがあると聞いてはいましたが、今でも忘れられない思い出があります。私たちは元々猫を飼っていて、そこにゴールデンレトリーバの男の子を迎えました。猫と犬、最初はうまくいくだろうかと心配していましたが、とても相性が良くいつもべったりな二匹。そんなあるとき、愛猫が粗相をしてしまい、夫がきつめに叱ったことがありました。私が「わざとじゃないないんだから」と止めに入ったところ、それに対して夫が激怒。矛先が私に向けられました。その一部始終を見ていた愛犬は、夫の顔をじーっと見つめたあと、愛猫に駆け寄り必死になめはじめました。その姿はまるで「大丈夫だからね、怖くないからね」と言っているように見えて。

mamoru1

mamoru2

その後夫は、二人を抱きかかえて「ごめんな、ごめんな」と猛反省。今も、まっすぐな愛犬のやさしさから、夫婦ともどもたくさんの事を学んでいる毎日です。

 

 

いかがでしたか?今回は、夫婦喧嘩の際の仲裁エピソードをご紹介しましたが、実は、犬同士や猫同士の喧嘩の仲裁をする犬もいるのだとか。良くない場の空気を察知して、一瞬で笑いにも変えてしまえる犬のやさしさは、今日もたくさんのご夫婦の愛を繋いでいます。

 

ワンペディア編集部ではみんなのエピソードを大募集!

愛犬のちょっとした行動一つで、その場の雰囲気って和むんですよね!皆さんのお家でも面白いエピソードがあったら、ぜひワンペディア編集部までお寄せください♪

写真付きでメッセージを頂けると、お家のワンちゃんがワンペディアに掲載されるかも!ご連絡、お待ちしております!!

【連絡方法】

①ワンペディアの公式Facebookページに「いいね」をしてください。

 ※公式ページはコチラから!

②ワンペディアの公式Facebookページから、メッセージをお寄せください。

③記事として採用されると、ワンペディアのサイトやFacebook上で公開されます!

ワンペディア編集部

服部 祐佳

詳細はこちら

関連記事

related article