A puppy dog nibbles on the hand of it's owner

群れをなして生きてきた犬は、家族との信頼関係をとても大切にする動物です。でも、その子の性格によっては「私にだけなんだか冷たい…」「明らかに母親への対応と違う…」というように、一生懸命お世話をしているにも関わらず寂しい体験をする飼い主さんもいるようです。そんな飼い主さんと愛犬の間で日々起こっている、思わず笑ってしまうエピソードをご紹介します。 

我が家の一番は「父親」!ではなく「母親」だった 

母親が最強の我が家。普段から父も姉も私も、みんな母親の言うとおりといった感じなのですが、愛犬もそのことをよく理解しています。母親が出かけるときは玄関で鳴き叫び、帰宅するとちぎれんばかりにしっぽを振ります。朝、母親が起きてくると必ずお出迎えするのですが、父親にはしらんぷり。出かけるときもチラッと見るだけで、帰宅時も反応する時としない時が…。そんな様子が父も悲しいようで、愛犬を抱っこしようと追いかけ回すのですが、指一本たりとも触れられたくないようで家中を逃走(笑)。実家では父も姉妹も愛犬までも、母親第一主義なのでした。 

大事な妹を触らせないワン! 

Jack russel terrier dog and cute 3 month baby sleeping together on the bed.

昨年、娘が生まれました。うちには元々ジャックラッセルテリアの女の子がいたのですが、出産後病院から帰るなり娘を溺愛し始めて、娘のベビーベッドの周りで過ごす毎日。私が授乳しているときも、愛おしそうに娘を見つめて母性が目覚めたのかなぁと微笑ましく見ていました。でもただ一つ問題だったのは、主人が娘に近寄ろうとすると「来るな!」とばかりに邪魔をすること。唸ったり、吠えたりするわけでないのですが、抱きついたり、甘噛みしたり、行く手を阻むんです。今まで気にも止めていませんでしたが、どうやら主人のことを信頼していないようで…親なのに娘に触らせてもらえないという。ちょっと可哀想になりました(笑)。今では娘も大きくなったのですが、主人が娘に「たかいたかい~!」をしていると、未だに心配そうに駆け寄ってきます。 

一番世話をしていても… 

Close up of pug dog keeping his ears upright

うちの兄は、実家の愛犬の面倒を一番見ます。朝も夜も散歩して、散歩後の足のケアもごはんも、お水の入れ替えも全部兄がしているのに、なぜだか愛犬は兄の言うことを聞きません。中でも決定的なのが晩ごはんのとき。実家は掘りごたつなのですが、いつも兄の横を陣取って、鼻息荒くおこぼれを待つ愛犬。兄も可愛さあまって、野菜や白ごはんなどを少量あげるのですが、勢い余って兄の手をガブリ!!

お見送りもお出迎えも、いつもサラッと済まされるのですが、以前兄が出張で1週間ほど家を留守にしたことがありました。1日、2日目は愛犬にこれといった変化は見られなかったのですが、3日目の夜、兄がいつも帰ってくる時間に玄関でソワソワ待っているではありませんか。その話を聞いた兄は、嬉しさ余りにますます下僕に拍車がかかりました(笑)。でも、愛犬にとってかけがえのない存在であることには違いなさそうです。 

空気が読める!賢い我が家のおチビちゃん 

自宅でピアノ教室をしていることもあり、頻繁に人が出入りする我が家。愛犬は警戒心が強いのか、生徒さんが来るたびに鳴くのでちょっと困ります。でも唯一、鳴かない人がいるんです。それは、主人が長年お世話になっている会社の上司。私たち夫婦のとんでもなく低姿勢な応対を感じとったのか、初めて我が家へ来たときから一切鳴かず、それどころかシッポをフリフリご挨拶するではありませんか。上司も「毎週かわいこちゃんに会えるのが楽しみだ」とお犬様パワー炸裂で、いつも機嫌よく帰っていかれます。上司が家に来ると聞いた時、私も主人も正直気が重かったのですが、愛犬のおかげですっかり打ち解けることができました。出世にもいい影響があるかもしれません(笑)。 

    

 

愛犬を好きすぎて、そして犬もそれをわかっている様子に心が温まります。一生懸命お世話をしてくれる飼い主さんのことを、愛犬はよーーく分かっているんですね!もしかしたら、近くにいる人のありがたみに気づきにくい、なんて人間に似た思考回路を持つ子もいるのかもしれません。 

ワンペディア編集部ではみんなのエピソードを大募集!   

ワンペディアでは、皆さんと愛犬のエピソードを大募集しています。クスッと笑えるエピソードや、飼い主さんのお悩み事などあれば、ぜひワンペディア編集部までお寄せください♪   

写真付きでメッセージを頂けると、お家のワンちゃんがワンペディアに掲載されるかも!ご連絡、お待ちしております!!   

【連絡方法】   

①ワンペディアの公式Facebookページに「いいね」をしてください。   

 ※公式ページはコチラから!   

②ワンペディアの公式Facebookページから、メッセージをお寄せください。   

③記事として採用されると、ワンペディアのサイトやFacebook上で公開されます!   

ワンペディア編集部

服部 祐佳

詳細はこちら

関連記事

related article