なんにもないのに怒る人なんていません。怒りという感情は、必ずなにかしら原因やきっかけがあるのです。それは犬も同じ。今回は保護施設から新しい家族に迎え入れられた、ミックス犬ベル君のお話です。

ごはんを必死に守ろうと… 

ベル君はもともと飼い犬でしたが、ほぼ野良に近い状態で暮らしていたところを保護されました。そんな暮らし方だったにも関わらず、穏やかな性格がだったので、すぐに新しい家族に馴染むことができました。

 

新しい家族はお父さん、お母さん、お兄ちゃん、妹の4人家族。そこの末っ子として、仲良く暮らしていたある日――。

中学生のお兄ちゃんがベル君にごはんをあげようとしたときのこと。いつもより少し多くあげすぎた気がしたお兄ちゃんは、ベル君の食べている食器を取ろうと、手を伸ばしました。

 

するとベル君はものすごい唸り声をあげ、お兄ちゃんの手に噛みついたのです。

 

 

びっくりしたのと、大好きなベル君に噛まれたショックで、泣きながらお母さんのもとに飛んでいったお兄ちゃん。事情を聞いたお母さんの優しさがベル君を救います。

 

そうです。ベル君はもともと野良に近い状態だったので、その日の食べ物が見つけられるかどうかすら、わからない日々を過ごしていました。ごはんを全く食べられない日もあったはず。そんな生活だったからこそ、ごはんはベル君にとって、普通の子以上に大切なものだったのです。いくら大好きなお兄ちゃんとはいえ、ごはんを取られるのは嫌だったのでしょうね。

 

ベル君が噛んだことについて怒るのではなく、なぜベル君がそのような行動をとったのか理解してあげられるお母さんと、そして理由に気付いて反省できるお兄ちゃん、素敵ですよね。

 

 

なにもないのに怒る犬はいません。そこには必ず理由があるはず。ただ犬は言葉を話せないので、理由を探るのが難しいこともあります。もし愛犬が攻撃行動をとるのか、理由がわからない場合は、早めに専門家に相談する必要があります。ワンペディアでは行動治療の記事をいくつかご紹介しているので、そちらも合わせて読んでみてくださいね。

 

愛犬のSOSサイン、見逃していませんか?

行動学の専門家が解説!仕草からわかる犬の気持ち

アイペット損害保険株式会社

ワンペディア編集部

詳細はこちら

関連記事

related article