おもちゃって必要?

犬を迎える際、あると便利な物の1つ「おもちゃ」。

犬が人とおもちゃを介して遊ぶことで、運動不足の解消に繋がったり、信頼関係の形成に繋がります。さらにおもちゃ遊びが大好きな犬であればあるほど、犬のしつけがしやすくなります。ということで、犬を迎えたら購入して頂きたい物の1つとしておもちゃがあるのです。

どんなものが良いの?

しかしペットショップに行くと様々な種類のおもちゃがありますので、どれを選んだら良いか悩みますよね。筆者もおもちゃ売り場で悩むこともしばしば…。

ということで、まずおもちゃ選びに共通する大きなポイントをご紹介します。

犬は人間と同じように様々な性格の犬がいますので、好みはその犬によって異なります。つまりその犬が大好きなおもちゃを見つけてあげることが重要になってくるのです。

犬を迎えたばかり、あるいはこれから迎える方はその犬がどんな物が好きなのか分かりづらいと思いますので、最初はいろいろな素材のおもちゃを購入してみると良いでしょう。例えば、「ゴムで出来たボール」、「ピーピーなるぬいぐるみ」「引っぱりっこが出来るロープ」などです。

そしてそれらの中から大好きなおもちゃを犬に選んでもらうのです。

どうやって遊ぶの?

大好きなおもちゃを見つけることが出来たら、そのおもちゃを使って遊び始めたいのですが、こんな風に誘ってしまっていませんか?

犬はもともと狩りをして生活していた動物です。目の前でちらつかせるだけではなく、犬は獲物のように動くものに興味を示しますので、こんな風に動かしてみてはいかがでしょうか?

犬と一緒におもちゃで遊ぶコツは「おもちゃに命を吹き込むこと」。

そう、おもちゃを犬の興味が沸くように、獲物のように動かし、犬を遊びに誘うことがポイントなのです。

撮影:プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー’

おもちゃの与えっぱなしは危険?!

犬のおもちゃは基本的に与えっぱなしはやめておいた方が無難です。

なぜかと言いますと、犬は1人でも遊びますが、おもちゃを噛み壊してしまい誤飲に繋がってしまう恐れがあるためです。特に気を付けたいおもちゃは、ピーピーなる鳴き笛が入っているおもちゃや綿がつまったぬいぐるみ、ボタン等がついているものなどです。

おもちゃは人間と遊ぶことを基本として覚えてきましょう。また、おもちゃを片づけずに、出しっぱなしにしておくと同じように誤飲してしまう可能性や、そのおもちゃ自体の価値が下がり、興味を示さなくなってしまう可能性もありますので、少し特別感を出すためにもおもちゃは遊び終えたらしまうことをおすすめします。

どうしても一人で遊んでほしいときは…

キッチンでお料理する時など犬を見ている事が難しい場合、1人でおもちゃに夢中になってくれたら楽チンですよね。

でも先ほどおもちゃの与えっぱなしは危険とお話をしましたので、そんな時におすすめの方法をご紹介します。

その方法とは「知育玩具」を使うこと。

知育玩具とは犬が噛み壊せない素材や固さでできており、中にオヤツがつめられるものです。これを使うと誤飲してしまう可能性はほぼありませんし、犬も中に入っているオヤツを取ろうとして頭を使いますので、疲れてその後もぐっすり寝てくれる犬が多いので便利なおもちゃなのです。

 

注意すべき点は犬によっては噛み壊してしまう可能性もありますので、初めて犬に与えるときは様子を見ながら与えてくださいね。

おもちゃを使って素敵な生活を!

犬の欲求を満たしてあげることが出来るおもちゃ遊び。普段のお散歩のコースの公園で取り入れるもよし、雨の日はお散歩に行かない場合はお部屋の中でおもちゃ遊びをしてもよし、と色々な使い方ができるのでぜひ皆さんもその犬に合ったおもちゃを見つけて、楽しい生活を送ってくださいね!

佐藤 千佳
プレイボゥドッグトレーナー
アカデミー

佐藤 千佳

詳細はこちら

関連記事

related article