人間のように汗をかいて体温調節することができない犬にとって、夏の暑さは大敵です。とはいえ夏の間中、愛犬をお散歩に連れて行かないわけにもいきません。そこで熱中症にならないためのお散歩対策を紹介します。

犬の熱中症とはどんな状態のことを言うの?

熱中症とは気温の上昇や直射日光などの影響で体温が上昇し、血液がうまく循環できなくなり、全身の臓器の働きが鈍くなることを言います。たとえば生卵を40℃のお湯に入れると次第に周りが白く固まって来ます。熱中症とは、それと同じ状況が犬の体内で起こっているということなのです。

体温調整が難しい犬は高体温になりやすい

犬は人間のように汗をかいて体温調整をするのではなく、パンティング(ハアハアという口呼吸)で調整しています。しかし、外の気温が高いとパンティングをしても体内の温度が下がるどころか、むしろ温められて体の中は高体温の状態になってしまいます。

体温が43℃を超えたら手遅れの場合も

通常、犬の体温は38℃ぐらいが適温で、体温が43℃を超えたときを熱中症と言うと定義されています。ただし43℃を超えたときにはすでに手遅れという場合が多いのです。そのため、そうなる前に対処することが大切です。ここでは熱中症のサインが出始めたときの初期症状をも含めて熱中症と捉え、その危険について触れていきます。

犬は人間に比べてなぜ暑くなりやすいの?

路面に近い所を歩くため

気温の高さに加え、地面に近い所を歩く犬は照り返しの輻射熱(ふくしゃねつ)も多く受けています。真夏のアスファルトの路面は50℃を超えることもあり、想像以上に犬にダメージを与えてしまうことに。特に体高15cmぐらいの小型犬は輻射熱の影響が大きいので、体温が上がりやすいと言えるでしょう。

被毛も暑さの要因?

犬の毛は、冬は空気を閉じ込めて体を温めてくれ、夏は毛を立てて空気を入れることで涼しくしてくれるなど断熱剤の役割をしてくれるので、毛があるから暑いというわけではありません。とはいえ、日本のじめじめした暑い夏の場合、自分の毛だけで体温をコントロールするのは難しいとも言えます。バリカンで短くしすぎるのは、断熱剤の役割を失ってしまう上、皮膚のためにもおすすめできませんが、毛先を整える、長過ぎる毛をやや短くカットする程度は暑さ対策として考えられる方法です。犬種によっても異なるので、どの程度カットすればいいか獣医師とよく相談してみてください。

散歩が日課の犬の場合、何時くらいに行けばいいの?

早朝か日が沈んで少し涼しくなった頃、外に出て道路を手の平で触り、熱さをチェックしてみましょう。普通に触れるようならお散歩に行ってOK。熱いと感じたらお散歩は控えてください。早朝6時でもその日によって熱く感じる日とそうでない日があるので、散歩時間を決めるのでなく、道路の熱さをチェックすることが大事です。

夏おすすめの散歩コースは?

できるだけ日陰を歩く

日陰は、直射日光から犬を守ってくれるうえ肉球への負担も軽いので、樹々の下など風通しがいい道を散歩コースに選ぶようにしましょう。

アスファルトより土や草の上を

アスファルトは日中でなくても熱がこもっているので、できるだけアスファルトでなく地面が土になっている部分を歩かせましょう。近くに犬が入ってもOKな公園があれば、公園内を散歩するのがおすすめです。

途中木陰で休憩をとる

夏は木陰や風通しのよい日陰で休憩をとりながら散歩しましょう。休憩のときは犬に水を与えて水分補給をさせましょう。

無理に長時間散歩させない

運動のためだからといつも通り長い時間散歩させると、犬がバテてしまいます。愛犬があまり散歩をしたがらないようなら早めに切り上げる、1日2回の散歩を1回にするなど散歩の時間を調整しましょう。

夏場のお散歩に持って行きたいグッズとは?

たっぷりの水

マナーウォーターとしても使える飲料用の水を用意。犬がハアハアしていなくても、お散歩の途中で水分を補給してあげましょう。

クールバンダナ

バンダナの裏に保冷剤を入れるポケットがついたタイプで、首回りがひんやりします。

クールウエア

外からの熱の侵入を防ぎ、ひんやり効果をもたらす特殊繊維を使ったウエアを着せるのも熱中症予防に。水で濡らして着用すれば暑さがやわらぎ、気化熱や放温の効果があるため、夏の散歩にはおすすめです。散歩の途中で乾いたら、水で濡らしてあげましょう。

 

 

お散歩が大好きな犬も多いと思いますが、時間帯や散歩コースを考えてあげないと熱中症を引き起こし取り返しのつかないことになってしまいます。昼間の散歩はNG、直射日光を避ける、アスファルトの熱さに注意する、マメに水分補給をするなど、万全の注意を払ってあげてください。

アニーマどうぶつ病院 院長

村谷 親男

詳細はこちら

関連記事

related article