熱中症は、温度や湿度の高さが原因で発生します。人間と違ってほとんど汗をかかない犬は体温調節が難しく、熱中症にかかりやすいのです。重症になると命を落とすこともありますが、しっかり予防すれば回避することができます。予防方法を学んで愛犬を熱中症から守りましょう。

犬の熱中症とはどんな状態のことを言うの?

熱中症とは気温の上昇や直射日光などの影響で体温が上昇し、血液がうまく循環できなくなり、全身の臓器の働きが鈍くなることを言います。たとえば生卵を40℃のお湯に入れると次第に周りが白く固まって来ますが、熱中症とは、それと同じ状況が犬の体内で起こっているということなのです。

体温調整が難しい犬は高体温になりやすい

犬は人間のように汗をかいて体温調整をするのではなく、パンティング(ハアハアという口呼吸)で調整しています。しかし、外の気温が高いとパンティングをしても体内の温度が下がるどころか、むしろ温められて体の中は高体温の状態になってしまいます。

体温が43℃を超えたら手遅れの場合も

通常、犬の体温は38℃ぐらいが適温で、体温が43℃を超えたときを熱中症と言うと定義されています。ただし43℃を超えたときにはすでに手遅れという場合が多いのです。そのため、そうなる前に対処することが大切です。ここでは熱中症のサインが出始めたときの初期症状をも含めて熱中症と捉え、その危険について触れていきます。

熱中症を防ぐにはどうすればいいの?

熱中症は夏場のお散歩や外出時に気をつければいいと思いがちですが、実は家の中で熱中症が起こるケースも多いのです。特にお留守番をさせているときが最も危険です。夏場、閉め切った部屋の温度は想像以上に高くなっているので、飼い主が家に帰ったら犬がぐったりしているということも。お留守番させるときは日陰や風通しのよい環境を作る、エアコンで室温調整をするなど、万全の対策が必要です。

 

室内での予防方法は?

□直射日光が当たらない所に犬の居場所を設置
できるだけ日が当たらない場所に犬が寛げるスペースを作ってあげましょう。よしずや遮光カーテンで光を遮るなど工夫してあげることも大切です。

 

□ケージでお留守番させる場合は窓から遠ざける
ケージを置く場合、窓際は避けて設置しましょう。外出するときは日が当たっていなくても、夕方に西日が差して暑くなることがあります。犬が自由に動けない環境であれば、特に日の当たり具合にも注意してあげましょう。

 

□エアコンで温度調整をする
エアコンの温度は25℃〜28℃に設定し温度管理をしましょう。

 

□温度だけでなく湿度にも注意
湿度が高いと、犬は体温調整がより難しくなります。梅雨の時期など、太陽が出ていないからといってエアコンをつけずに外出すると熱中症にかかってしまう場合も。ドライ設定にするなど湿度管理にも気をつけてあげましょう。

 

□冷却マットなどを使う
アルミプレートやアイスジェルマットなどを置いて、ひんやり快適に過ごせるようにしてあげましょう。水を凍らせたペットボトルを置いてあげるのもおすすめです。

 

□お水を複数個用意する
熱中症を防ぐには水分補給がとても大事。特に夏場は飲み水が早く減るので、2〜3個の容器にたっぷり水を入れておいてあげましょう。

 

□室内カメラで部屋の状況を確認する方法も
家に来たばかりの子犬やお留守番に慣れていない愛犬の場合、スマホでチェックできるように室内カメラを設置しておくと安心です。

 

室外での予防方法は?
<お散歩の場合>

□お散歩に行く時間帯に気をつける
早朝か日が沈んで少し涼しくなった頃、外に出て道路を手の平で触り、熱さをチェックしましょう。普通に触れるようならお散歩に行ってOK。熱いと感じたらお散歩は控えてください。

 

□水を必ず持って行く
マナーウォーターとしてだけでなく、飲料用の水を持参。犬がハアハアしていなくても、お散歩の途中で水分を補給してあげましょう。

 

□クールウエアを着用する
外からの熱の侵入を防ぎ、ひんやり効果をもたらす特殊繊維のウエアを着せるのも熱中症予防に。水で濡らして着用すれば暑さがやわらぎます。

 

□保冷剤をウエアのポケットに入れる
輻射熱(ふくしゃねつ)対策として、胸ポケット付きのウエアに保冷剤を入れてあげるのもひとつの方法です。

 

<車での移動の場合>

□車内には絶対に放置しない
気温が31℃の場合、わずか数分で車内の温度は40℃以上に達すると言われています。すぐ戻るからといって、エンジンを切ってコンビニなどに行くと、車内に閉じ込められた犬はサウナにいるのと同じ状態に。たとえ窓を少し開けたとしても、犬だけを残して車から離れては絶対にいけません。ちょっとの油断が愛犬を死に追いやることになります。

 

□乗せる場所に気をつける
車での移動中はエアコンをかけていれば安心ですが、直射日光が当たる場所に犬を乗せないようにしましょう。車内の温度が低くても直射日光を浴び続けると、体温調整が難しくなってしまいます。車が移動する方向によって直射日光が当たる位置が変わるので、十分注意してあげましょう。

 

□長時間移動は控えましょう
愛犬と車で旅行を楽しむ飼い主さんが増えていますが、長時間移動する場合は、必ず小まめに休憩をとって水分補給を。ですが夏場は体温調節も難しいため、長時間での移動には特に注意しましょう。

そういう意味でも夏場の飛行機での長距離移動はおすすめできません。人間でも同じ姿勢でずっと座っているということにストレスに感じるのに、クレートの狭い空間で長時間過ごすのは犬にとっては大変なストレスになります。過去には飛行機の荷物の積み降ろし時に、犬が外に放置されていたため、熱中症にかかって命を落としたケースも。

愛犬の年齢や体調、コンディションを考慮した移動を行い、どうしても飛行機などを利用する必要がある際は、必ず事前に航空会社などに利用条件や愛犬の置かれる環境などの確認をしましょう。

 

 

犬にとって暑さは想像以上に大敵です。太陽が照りつけている炎天下などでは気をつける人が多いですが、室内や車内では油断してしまいがちです。温度・湿度を管理する、直射日光を避ける、たっぷりの水を用意する。この3つを基本に愛犬を熱中症から守りましょう。

 

アニーマどうぶつ病院 院長

村谷 親男

詳細はこちら

関連記事

related article