人間が暑さや寒さを感じ、冷暖房で体温調節をするように、犬にも、天候や気温、湿度に応じた対策が必要です。では、犬が暑さや寒さを感じているのを、飼い主さんはどうやって見分ければいいのでしょうか? 犬も言葉は発しませんが、じつは行動でしっかりとサインを出しているのです。室内でも快適な生活が送れるように…犬にとって最適な室温や対策法についてチェックしましょう。

人と同じに考えてはダメ!

私たちにとっての快適な室温と、犬にとっての快適な室温には少し差があります。犬は、体温調節のために汗を出す「エクリン腺」が足の裏にしかありません。そのため、熱くなった体を冷やしにくいことと考えられます。つまり犬は、暑さに弱く、寒さには強い生き物なのです。

“18~22℃”が、彼らにとって適切な室内温度。人間は少し肌寒く感じるかもしれませんが、これが犬にとって快適な温度なのです。まずは、人間と犬の適温が違うことを認識しておきましょう。

犬が出すサインに気づけていますか?

暑すぎる時や寒すぎる時、犬は「つらいよ~」というサインを出しています。ここでは、犬が温度調節をお願いしているときのサインを紹介します。

暑すぎる時

  • 冷たいフローリングなどの床に寝そべる
  • 水をたくさん飲む
  • ハアハアとした荒い息づかいになる

寒すぎる時

  • 小刻みに震えている
  • 体を小さく縮めている
  • 散歩に行きたがらず、ずっと寝ている
  • 水を飲む量が減っている

犬のヘルプサインに気づいたら温度調節をし、適切な対策をしてあげましょう。

“暑さ”は熱中症のリスクが…

夏の暑さは犬の強敵。日陰や家の中にいても、風通しの悪さや湿度の高さにより、熱中症になってしまう危険性があります。気温22℃、湿度60%を超えると、熱中症になる可能性が高くなります。窓を開けて換気したり、蒸し暑い日には、ただエアコンの温度を下げるのではなく、ドライ設定で湿度も下げましょう。ただし、冷房の効かせすぎで体調を崩してしまうこともあります。冷房は、あまり強くかけすぎないようにしましょう。

★ワンポイントアドバイス

人間にとって適切なエアコンの温度は28℃とされていますが、犬にとってはちょっと暑く感じられる温度です。下げすぎはNGですが、27℃以下の設定がおすすめです。扇風機などを合わせて使用すると、空気の循環も良くなりますよ。

暑さ対策グッズ

大理石のペットマット

話題の暑さ対策グッズ。日陰に置いておくとずっと冷たいので、夏のお昼寝にピッタリ。天然と人工のものがありますが、天然大理石の方がひんやり感は上です。

アクア・クールキーパー

特別な冷却剤で、一日中効果を持続。首輪・ハーネス・マットの3種類があります。

暖め過ぎはキケン!?

犬は寒さに強い生き物なので、冬場は暮らしやすいはず…。けれど室内ではそうもいきません。暖房器具などを人間に合わせて部屋を暖めると、犬には暑すぎて、冬でも熱中症になる怖れが…。

犬と室内で過ごす際は、なるべく火を使ったストーブは避け、床を暖められるエアコンや床暖房、ホットカーペットなどを使用しましょう。床暖房やホットカーペットの温度設定が犬にとって暑すぎた場合、犬がそこから逃げられるよう、別の場所を確保してあげることも大切です。たとえば、床にすのこを敷いたり、ソファーに上がれるようにするなど、暑さから避難できる場所を用意しておきましょう。

★ワンポイントアドバイス

人間はこたつが大好きですが、犬にはあまりおすすめできません。中に入って出口がわからなくなったり、そのまま寝てしまい熱中症になることも…。飼い主さんが使用しているときは、なるべく近づけないようにしましょう。

オススメの寒さ対策グッズ

湯たんぽ

いたずらが心配な犬には、布でくるんだ後、ゲージやサークルの外に立てかけておいても。犬用の湯たんぽもあります。

サーキュレーター

室内の空気を循環させるための装置です。暖かい空気を床までまんべんなく送るために、エアコンと併用するとGOOD!

暑すぎ、寒すぎは、犬の不調の原因にもなります。快適な空間で一緒にくつろぐためにも、犬が出すサインに気づき、適温を心がけましょう!

アイペット獣医師

ワンペディアの運営会社であるアイペットに在籍している獣医師チーム。臨床経験...

関連記事

related article