手軽に食べられておいしいパンは犬が食べても問題はありません。ただし、アレルギー反応を起こしたり塩分の摂りすぎになったりするケースに加え、犬が食べてはいけない食材が含まれているパンもあるので、注意点を含めて紹介します。

パンを与えるときの注意点は?

健康な犬の場合、食パンなどのシンプルなパンを少量食べても問題ありません。とはいえ、糖質(炭水化物)を多く含む白い食パンは、犬の血糖値が上がりやすい食べ物なので、糖尿病の犬や肥満気味の犬には与えないようにしましょう。朝食時などにテーブルの下で子どもがこっそりあげないよう、日頃から注意しておきましょう。

パンの原材料と犬への影響とは?

パンには小麦粉、糖分、塩分、油脂、イースト菌などが含まれています。塩分や糖分、油脂を過剰に犬に与えてしまうと、心臓や肝臓、腎臓などに負担をかけ、糖尿病や代謝異常、歯周病などの疾患を引き起こすことがあります。また、小麦やパンに含まれる添加物がアレルゲンとなって、アレルギーを発症するケースも。もし、犬がパンを食べてしまった後、嘔吐や下痢などの症状が出たら早めに動物病院で診てもらいましょう。

食パン以外のパンは食べてもいいの?

菓子パン

糖分がたっぷり入っている菓子パンは肥満や歯周病の原因になります。また、菓子パンにはチョコレートやレーズンなど犬が絶対に口にしてはいけない材料が入っていることもあるので、与えないようにしましょう。

お惣菜パン

甘い菓子パンは気をつけていてもうっかり与えてしまいがちなのがお惣菜パンです。特にピザパンなど、パンの種類によっては犬に絶対与えてはいけないオニオンスライスやニンニクが使われていることもあるので注意が必要です。

ロールパン

ロールパンには油分がたくさん含まれており、油分を過剰摂取すると下痢を引き起こすことも。カロリーも高いのであげるのは控えたほうがいいでしょう。

フランスパン

食パンと同様、含まれている成分を考えると積極的に与えないほうがいいでしょう。

米粉パン

米は小麦や大麦よりアレルギー反応が起きにくい食材と言われていますが、アレルギーの可能性がゼロではありません。

ライ麦パン・小麦全粒粉パンなど

小麦粉使用のパンに比べるとライ麦パン・小麦全粒粉パンはアレルギーを起こしにくいと言われていますが、交差性アレルギー反応が出ることもあります。

 

 

パンは犬にとって危険な食べ物ではありませんが、小麦粉をはじめパンに含まれる成分を考えるとできれば与えないほうがいいでしょう。

交差反応アレルゲンとは?

ある種の動物タンパク質に対してアレルギー反応を示す場合、種の近い動植物のタンパク質にもアレルギー反応を示すことを言います。たとえば、ブタクサのアトピーを持つ犬に対して交差性のあるアレルギーは表で示しているようにリンゴ、バナナ、メロン、トマトです。ブタクサのアトピーを持つ犬がリンゴを食べたからといって必ずしもアレルギー症状を起こすわけではないのですが、アレルゲンレベルをあげてしまうことになります。

サンダース ベテリナリークリニクスシリーズ Vol.2 No.1「犬と猫の最新・皮膚科学」 株式会社インターズー刊より引用

 

※この記事は犬にパンを食べさせることを推奨しているものではありません。人間の体に良いからといって犬にも良いとは限りません。逆に悪影響を与えたり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。犬の食事は、栄養バランスが良く摂れる総合栄養食としてのドッグフードがおすすめです。

人間の食べ物を犬が食べても大丈夫?こちらの記事も要チェック!

⇒『【獣医師監修】人間の食べ物を犬が食べても大丈夫と思っていない? 実は犬にとって危険なアレルギー要素が潜んでいる!?

アニーマどうぶつ病院 院長

村谷 親男

詳細はこちら

関連記事

related article