桃には犬の健康に悪影響を与える成分は含まれていないので、食べても大丈夫です。ただし、桃に対してアレルギー反応を示す犬もいるので、食べるときの注意点も含めて紹介します。

桃を与えるときの注意点は?

 

桃には免疫機能を高めるビタミンCや抗酸化作用のあるビタミンEのほかに代謝の働きをサポートするカリウム、腸内環境を整える食物繊維などが含まれています。このように栄養価の高い果物ですが糖分も高いので、たまに与えるのはいいのですが積極的に与える必要はありません。
与える際は、ある程度熟した桃を少量ずつあげましょう。特にすももや黄桃は白桃に比べて固いので、必ず小さくカットしてあげてください。

皮や種は食べられるの?

 

桃の種や皮にはアミグダリンという化合物が含まれています。これは消化の際に青酸化水素を発生させるという有害な物質なので、種や皮は食べさせてはいけません。また、種を飲み込んでしまうと腸に詰まって腸閉塞を起こすリスクも。種はレントゲンに映らない場合があるので、飲み込んだことを知らずに放っておくと死に至ることもあります。必ず種は取り除いてあげましょう。

桃の缶詰やゼリーを与えても大丈夫?

 

缶詰やゼリーなどの加工食品には糖分が多く含まれているので、与えるとカロリーの過剰摂取となり、肥満の原因になってしまいます。生の桃以外は与えないようにしましょう。また、桃はリンゴや梨と同じ属性のため、リンゴや梨で交差性アレルギー反応が出る犬には与えるのを控えましょう。

 

桃は栄養価が高く犬が食べても問題はありませんが、糖分が多いので与える量に気をつけてください。ただし、皮や種は絶対に食べさせないようにしましょう。

 

交差反応アレルゲンとは?

ある種の動物タンパク質に対してアレルギー反応を示す場合、種の近い動植物のタンパク質にもアレルギー反応を示すことを言います。たとえば、ブタクサのアトピーを持つ犬に対して交差性のあるアレルギーは表で示しているようにリンゴ、バナナ、メロン、トマトです。ブタクサのアトピーを持つ犬がリンゴを食べたからといって必ずしもアレルギー症状を起こすわけではないのですが、アレルゲンレベルをあげてしまうことになります。

サンダース ベテリナリークリニクスシリーズ Vol.2 No.1「犬と猫の最新・皮膚科学」 株式会社インターズー刊より引用

 

※この記事は犬に桃を食べさせることを推奨しているものではありません。人間の体に良いからといって犬にも良いとは限りません。逆に悪影響を与えたり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。犬の食事は、栄養バランスが良く摂れる総合栄養食としてのドッグフードがおすすめです。

 

人間の食べ物を犬が食べても大丈夫?こちらの記事も要チェック!

⇒『【獣医師監修】人間の食べ物を犬が食べても大丈夫と思っていない? 実は犬にとって危険なアレルギー要素が潜んでいる!?

アニーマどうぶつ病院 院長

村谷 親男

詳細はこちら

関連記事

related article