ingredients for pet food natural on wooden background

愛犬が毎日食べるドッグフード、飼い主のみなさんはどんなものを選んでいますか?食べ物は体を作るものだからこそ、慎重に選びたいですよね。いま、数多くのドッグフードが販売されていますが、愛犬にとって良いフードというのは一体どれなのでしょうか?

ここでは、ドッグフードの選び方について解説します。

食べると危険なドッグフードってあるの?

少し前のアメリカで、粗悪なフードが市場に出回り、それを口にした犬や猫に深刻な健康被害が出るという悲惨な事件がありました。そんな恐ろしいフードだけは絶対に避けなければなりません。

危険なフードを避けるために一番確実な方法ですが、それは日本国内で販売されているドッグフードから選ぶことです。

実はあまり知られていないのですが、日本にはペットフード安全法という非常に厳しい法律が制定されているために、ドッグフードの安全性は他の先進国と比べても世界トップレベルなのです。『みんなが買っている市販のドッグフードは安全?』という記事に詳細を載せているので、そちらも合わせて読んでみてください。原産地やメーカー元が海外だったとしても、日本で販売されているドッグフードであれば、愛犬の健康を害するようなことはないのです。

尚、飼い主さん独自のルートで海外から直接仕入れたものについては、法規制の対象外です。フードの安全性については、ご自身できちんと調べたほうがいいでしょう。

しっかり栄養が入っているドッグフードはどれ?

ラベルを確認して

口にすることで愛犬に健康被害が出るような危険なドッグフードは、日本国内で販売されていることはありません。しかし、ほとんど栄養がなかったり、栄養に偏りがあったりして、日々の食事には向かないフードはあります。それが「一般食」とラベルに表示されている、いわゆるおやつです。

ダイエットをしている犬のために、わざと栄養のない素材を使っているおやつもあれば、犬の食いつきをよくすること等を目的とした、嗜好品的な食べ物もあります。これらは必ず「一般食」と記載することが義務付けられていますので、主食にすることは避けましょう。

愛犬に必要な栄養がバランスよく入っているフードには、必ず「総合栄養食」という記載があります。主食にしたいフードを選ぶときは、必ずこの総合栄養食の中から探すようにしましょう。

その子に合ったフードを選ぶ

年齢に応じたフード

成長期にあたる1歳未満の子犬期と成長が止まる成犬期では、必要なカロリーは大きく異なります。子犬は多くのエネルギーを必要とするため、子犬用のフードは高カロリーに作られているのです。

1歳を過ぎても子犬のときと同じようなカロリーを摂取させてしまうと、あっと言う間に肥満になってしまうでしょう。その子のライフステージに合ったフードを選ぶことも大切です。

必ず「犬」用のフードを選んで

犬と猫と一緒に暮らしている飼い主さんの中には、愛犬にキャットフードを与えていることがあるかもしれません。しかし、それは絶対にやめましょう。ドッグフードもキャットフードも見た目は似ているのですが、犬と猫が必要としている栄養素は全くの別物。必ず「犬」用のフードを選んでください。

国産だから安心?原産国の表記について

Dog pomeranian spitz smiling furry coat sitting in Homeドッグフードのラベルにある「原産国」を意識している方もいるのではないでしょうか。原産国がフランスだとよさそう、と感じる方もいれば、原産国が日本のほうがよさそう、と感じる方もいるでしょう。

しかし、この「原産国」は正直あまり意識しても意味がありません。原産国とは、「フードに最終加工工程を行い、完了させた国」という意味で、食材の産地が原産国とは限らないのです。たとえば中国の食材を使って最終的な加工を日本で行った場合、原産国は日本と表示をされるのです。

ちなみに、原材料の安全性についても、ペットフード安全法で厳格に定められているので心配は不要です。やや値は張りますが、原材料にこだわったフードもたくさん販売されていますので、色々チェックしてみてはいかがでしょうか。

ライフステージにあった犬用の「総合栄養食」であれば、あとは愛犬の好みの問題です。ドライフードやウェットフード、堅い食感のものや柔らかい食感のものなどがあり、フードの匂いもそれぞれ異なります。

人の嗅覚と犬の嗅覚は異なるので、飼い主さんが苦手だと感じる臭いに愛犬が大喜びする場合もあるでしょう。色々試してみながら、愛犬にピッタリのフードを見つけてあげてくださいね。

アイペット獣医師

詳細はこちら

関連記事

related article