愛犬と暮らす延長には、必ず最期まで面倒をみるという責任があります。そして、大変悲しいことではありますが、お別れしなくてはならない日が必ずやってきます。

病院で亡くなるのではなく、ご自宅で看取る場合には、どのような準備が必要なのでしょうか。今回は、愛犬とのお別れのあと、火葬や埋葬、葬儀の前にできることをまとめました。

亡くなってしまうと…

ご遺体は、そのままにしておくと、とくに小さな犬の場合はすぐに、大型犬でも2〜3時間後くらいから体の硬直がはじまります。そのままにしておくと、棺に納まらなくなってしまうことがあります。

まずは、前足、後ろ足をそっと胴体に近づけて、折り曲げてあげましょう。無理矢理に曲げる必要はありません。リラックスした体の形にしてあげましょう。

体をきれいにしてあげましょう

まず、ペットシートやビニールシートの上に寝かせ、目や口を閉じてあげます。体全体をよくしぼったタオルやウェットティッシュなどで拭き、毛並みを整えます。必要に応じて、軽くブラッシングをしてあげても。

口や鼻、お尻などは、亡くなったあとに体液や血液で汚れることもありますので、丁寧に拭いてあげます。しばらくガーゼをあてておくのもよいですね。口のなかには、必要があればガーゼを小さくたたんで入れてあげてもよいでしょう。

安置してあげましょう

体をきれいにしてあげたあとは、やさしく安置します。犬用のケージや体がすっぽり入る段ボール箱などに、ペットシートやビニールシートを敷きます。その上にタオルや、お気に入りのお布団、座布団などを入れ、安置します。上には薄手のタオルやブランケットなどをかけてあげましょう。

体を冷やします

とくに夏場には、ご遺体の傷みが早くすすみます。水分の多いところに安置すると、傷みがさらに早くすすんでしまうので、濡らさないよう気をつけます。

体を冷やすために、保冷剤をタオルなどに包み、首の下やお腹のあたりに置いておきましょう。長時間の保存が必要な場合にはドライアイスを用意し、直接ご遺体につかないようにして配置します。

悲しみのなかでもしてあげたいこと

亡くなったばかりは、そのショックで何も手につかないこともあるでしょう。しかし、ご遺体を傷めてしまうのもかわいそう。体を冷やすところまでできたら、そのあとはゆっくり落ち着くまでお別れしてあげましょう。

水分がそれほど多くないお花なら、そっとケージや段ボールに入れてあげてもよいでしょう。愛用のおもちゃやリードなどを一緒においてあげるのもよいかもしれませんね。生前元気だったときの写真を飾ったり、大好きだったごはんを用意したりして、一晩しっかりとお別れができるとよいですね。

アイペット獣医師

詳細はこちら

関連記事

related article