臭いを嗅ぐ犬

犬の嗅覚はとても鋭く、なんと人間の約100万倍(!)と言われています。特に刺激臭に関してはその鋭さは1億倍(!!)にもなると言われています。その鋭敏な嗅覚を活かして、救助犬や麻薬探知犬、警察犬として活躍している犬たちの存在は私達も知るところです。

けれど、その鋭さゆえに、人間以上に臭いに強く反応してしまうことも。そこで、犬の嗅覚について、“飼い主が注意したいこと”を紹介します。

 

犬の嗅覚は人間にとっての“脳” です

犬は、その敏感な嗅覚で様々なものを判断しています。食べ物や飼い主さん、さらには目の前にいる生物が敵か味方かなど、嗅覚を使って見分けているのです。また、相手のおしりの臭いをかぐことでコミュニケーションも図るとも言われています。

犬の嗅覚細胞の数は、人間の500万個に対し、なんと2億個だそう。「オスは、発情期のメスの臭いを8km離れていても感知できる」というエピソードも納得です。犬にとって嗅覚は、とても重要な感覚だということがわかりますね。

犬には、もちろん人間と同じように脳がありますが、“様々なことを判断する”という点では、“嗅覚が彼らにとっての脳である”とも言えるかもしれません。

では、犬にとってダメな臭いとは?

犬が快適に過ごせるよう、飼い主さんの日常生活の中で犬が苦手とする香り、NGなものを避けてあげるのも大切なことです。もちろん犬によって嫌いな臭いは様々ですが、今回は、一般的に日常生活で出会うことの多い要注意な“7つの臭い”についてピックアップします。 

ツンとする香りは、直接かぐと人間でも顔をしかめてしまいますよね。この刺激臭は犬も苦手としているようです。

タバコ

人間社会でも分煙が進んでいます。犬にとっても、分煙は重要。タバコの煙の臭いは喉や鼻を刺激し、犬がアレルギー性鼻炎を引き起こす可能性もあるので要注意です。

アルコール

お酒をペロッと舐めるのはもちろん、飼い主さんが飲酒後に愛犬を抱っこして息を吹きかけるのも犬にとっては迷惑行為です。敏感な犬の場合、臭いを嗅ぐだけで酔ってしまうことも。

柑橘類

柑橘類の皮に含まれる「柑橘精油」が、鼻の粘膜に刺激を与えてしまいます。ミカンを剥いたときに飛んだ汁が、人間の目にしみるのと同じ現象ですね。

化学物質

香水や殺虫剤、湿布などの香りは人工的に作られます。自然界には存在しないため、犬にとっては警戒対象となるようです。

コショウ

人間でも、目に入れば痛いし、鼻に入ればくしゃみが出ますよね。コショウをはじめとするスパイス類は犬も苦手なことが多いようです。

マニキュア

かじられたくない場所にマニキュアを塗ると、噛まなくなると言われるほど。マニキュアを落とす際の除光液に含まれる揮発性物質も犬にとっては強い刺激となるので、マニキュアを塗るとき、落とすときはしっかり空気の入れ替えを行いましょう。

犬が嫌う臭いに対して、私たちができること

酢やコショウは料理にかかせないし、飼い主だって時には、香水や爪のオシャレも楽しみたいですよね。犬のためにすべてを我慢する必要はありません。調理中や食事中は、なるべく犬と距離をおくなど、ちょっとした配慮を心がけましょう。

マニキュアのときは前述したように換気を行い、香水はなるべく自然由来の製品をつけるなどして、量を控えるといいでしょう。バラの香りは、比較的犬にも好まれるようです。

犬が嫌う臭いは、私たち人間が苦手としているそれと共通しているものが多いので、普段から人間社会における臭いのマナーを守っていくことをベースに考えればよいでしょう。ただ犬の場合は臭いにより鋭く反応してしまうということを忘れずに、犬の立場になって注意してあげたいですね。

アイペット獣医師

詳細はこちら

関連記事

related article