愛犬と一緒に旅行を楽しむ飼い主さんが増えていますが、距離によっては飛行機移動を考える方もいるのではないでしょうか?しかし、電車や車と違って愛犬のそばにいられない飛行機での移動を不安に思う方は多いと思います。ここでは犬を飛行機に乗せるまでの流れと、飛行機に乗せるリスク、飼い主さんが気をつけるべきことをご紹介します。

愛犬が飛行機に乗るまでの流れ

犬の場合、人間のように快適な客室でフライトを楽しむという訳にはいきません。手続きの方法から、機内に乗るまでの手順を確認しておきましょう。

手続き方法

航空会社によっては、インターネットで事前に手続きができるところもあります。オンライン予約以外でも搭乗前に空港で手続きできる場合があるので、事前に確認しておきましょう。費用や規定などは各航空会社によって異なるので、ホームページから確認しておきましょう。

 

ANAペットらくのりサービスはこちら

JAL ペットとおでかけサービスはこちら

スカイマークペットのお預かりについてはこちら

 

搭乗可能な動物の種類・犬種・健康状態が細かく記載されています。日中の暑い時間帯のフライトは避けるような呼びかけや、航空会社によってはフレンチブルドッグ・ブルドックの搭乗不可、もしくは季節により搭乗不可などルールが異なるので注意が必要です。航空会社によって、荷物の重量制限にペットが含まれることもあります。事前に確認してみてくださいね。

愛犬を預ける

チェックインのタイミングで、愛犬とはしばしのお別れ。カウンターで手荷物と一緒に愛犬を預けます。搭乗までは空調のある部屋やチェックインカウンターで待機し、その後は車両などで貨物室に運ばれます。貨物室は荷物を入れる場所になりますが、ペット預かりスペースと荷物スペースは分けられている場合がほとんどなので、移動中の揺れで荷物が落ちてくるといった心配はありません。

愛犬を受け取る

航空機が到着後は、係員が機内の貨物室より愛犬を運び出し、直接飼い主さんの手元に渡してくれます。

飛行機搭乗で考えられるリスク

航空会社側では、犬は荷物と別にして丁寧に扱ってくれます。しかし飛行機という特殊な環境が犬に与えるストレスのこと、場合によっては愛犬が命を落とす可能性もあることを、飼い主さんはきちんと把握しておく必要があります。

空調管理や温度差

チェックインカウンターで愛犬を預けた後、愛犬は空調のきいた部屋で待機することになります。しかしその後は荷物と同じ経路を行くことになるので、当然人間が歩くような快適な通路ではありません。機内に運ぶときと降ろすときは外気にさらされることになり、季節によっては急激な温度差が生じることがあります。また、貨物室は客室と同じように空調管理が整えられているものの、外気の影響を受けやすく、温度を一定に保てない場合もあるようです。季節によっては高温・零下になることもあるので、保冷剤や毛布、水分などの備品準備をしっかりしておく必要があります。

飛行中の暗室・雑音によるストレス

貨物室は客室と違って、常に暗い状態が続きます。その上、離陸時や着陸時には機械の操作音が、飛行中も風切り音が、客室よりも大きく響く可能性があります。機内へ運ばれる時も、航空機や車両の音が聞こえるので、音に敏感な犬にとっては大きなストレスがかかる環境です。

貨物室は下見不可

ペットの乗せられる貨物室には搭乗員はいません。そのため、飛行中になにかトラブルがおきても、着陸するまでトラブルを発見することはできませんし、対応することもできません。また、基本的に貨物室の下見はできないので、なにか疑問点があれば、航空会社に事前に問い合わせて確認しておくようにしましょう。

過去にあった飛行機の事件

飛行機に乗せたことで犬がケガをしたり死亡したという事故は、現実に起きています。

2006年

国内線を利用したフレンチブルドックが熱中症にかかり、到着後すぐに病院で治療をするも間に合わず、死亡する事件がおきました。この事件をきっかけに、多くの航空会社がフレンチブルドックやパグなどの短頭種の搭乗を停止するようになりました。ただし、死亡している犬は短頭種だけではありません。その事件の約1週間後、1歳のシェパードが熱中症にかかって死亡しています。

2007年、2008年

2007年、ケージが老朽化のために破損し、柴犬が血まみれで飼い主さんの元へ返された事件がありました。さらに翌年の2008年にはチワワが足の爪を負傷し、血まみれの状態で引き渡されるという事件もありました。2匹とも命に別状はなかったそうですが、熱中症以外のリスクがあることも理解しておく必要があります。

2013年

1時間のフライト中にチワワが熱中症にかかり、死亡する事故が発生しています。預ける直前まで水分をとらせていたにも関わらず、死亡時は体温が47°Cを超えていたそうです。

ペットの死傷に関する同意書も

飛行機を使って犬を移動させる場合、航空会社から渡される同意書へのサインが必要になります。同意書には「運送時にペットが死傷した場合、航空会社に一切の責任を問わない」という内容が記載されています。もちろん、多くの犬がケガすることなく安全に移動をしていることも事実です。しかし、このような事故に発展する可能性があるということを、飼い主さんはしっかり理解をしておく必要があります。

飛行機に乗せてはいけない犬の特徴

飛行機での移動を行う前に、愛犬を飛行機に乗せても大丈夫かどうか確認しましょう。

病気中の犬

持病がある犬を乗せることはやめましょう。飛行機によるストレスで体調を崩す可能性も大きくなりますし、仮にフライト中に容体が悪化しても、処置するどころか気付いてあげることすらできません。

愛犬の年齢

生後4カ月までの子犬や、7歳以上の老犬を飛行機に乗せる場合には、健康だとしてもやはりかかる負担が大きくなります。そのため、一度かかりつけの獣医さんに相談し、判断しましょう。

環境に対応できるかどうか

音に敏感な子や、ケージに長時間入っていられない子、環境の変化に敏感な子は、無理せずペットホテルなどを活用するようにしましょう。それでも飛行機に乗らなければならない場合には、事前に獣医さんに相談すれば安定剤を処方してくれる場合もあります。

予防接種をうけているか

航空会社のチェック項目にも書かれていますが、予防接種を受けていることが前提です。受けていない場合のフライトは認められませんので事前に確認しましょう。また、海外渡航の場合は、国によって必要なワクチンや手続きが異なります。これらを抜かりなくしておかないと、1ヶ月以上空港で留置されたり、帰国できなくなる場合があります。国によっては出国までの準備に3ヶ月程度かかる場合もあるので、早めに確認しておきましょう。

 

※入出国時の手続きについて詳しくはこちら(出典元:動物検疫所)

備品の準備

愛犬を飛行機に乗せる場合、飼い主さんが入念に行わなければならないのが備品の準備です。貨物室には当然、愛犬を見守ってくれる管理人さんはいません。機内の環境を調べた上で、飼い主さんが最善の準備をする必要があります。フライトの季節や温度に合わせて、保冷剤や飲み水、毛布などの準備は欠かせません。また、普段使っている毛布やおもちゃを持ち込んで、少しでも安心できる環境を用意してあげましょう。

 

飛行機に乗せることは、犬にとって大きな負担をかけることになります。飛行機の環境にその子が耐えられるかどうか、よくよく検討してから決めましょう。また、もし飛行機に乗せることになったら、一度かかりつけの獣医さんに相談してから手配を進めることをおすすめします。

ワンペディア編集部

服部 祐佳

詳細はこちら

関連記事

related article