ぐっすり眠っている愛犬から「グーグー」「プウプウ」といびきが聞こえてきて、思わず笑ってしまった経験はありませんか?犬もたくさん遊んで疲れたあと、いびきをかくことがあります。熟睡しているときにたまにかく程度のいびきなら心配ないのですが、なかには病気や器官の不具合が原因でかくいびきもあります。病気のサインかもしれないいびきの見分け方と治療法について解説します。

犬のいびきで、心配なのはどんないびき?

下記のようないびきは注意が必要です。いびきの陰に、何らかの病気が潜んでいるかもしれません。

 

□ 今までかいていなかった犬が、急にいびきをかくようになった
□ いびきの音が次第に大きくなってきた
□ いびきが途中で止まることがある
□ いびきをかくときに呼吸がしづらそう、苦しそう

 

なかでも心配なのは、大きな音のいびきが途中で止まり「息が止まった?!」と心配して見ていると、突如「プハッ」と息を吐き出し、また「ガーガー」といびきをし出すようなケース。そうした症状が続くと、脳に十分な酸素が届いていなかったり、心臓に負担がかかったりする可能性があるので、治療が必要だと思われます。

犬のいびきの原因として考えられることは?

なぜ犬はいびきをかくのでしょうか。人間と同じように、鼻や口から吸った空気は、気管を通って肺へと送られます。その空気の通り道のどこかに障害があると、空気が通りにくくなっていびきが生じてしまうのです。

 

いびきの主な原因を下記に紹介します。

鼻が短い(短頭種)

鼻先から目元までの長さが短い犬種(短頭種)は、鼻が短くつぶれているため、空気が通りにくく、先天的にいびきをかきやすいカラダの構造だと言えます。

肥満

人間でも「太ってからいびきをかくようになった」という人がいるように、犬もまた肥満になるといびきをかくようになる傾向があります。それは、喉の奥にある軟口蓋に脂肪がついたことで分厚くなり、空気の通り道である気道をふさいでしまうからです。

異物の誤飲

鼻の中、または喉に植物の種子やドッグフードなどが引っかかって取れなくなると、息をするときに音がする、急にいびきをかくようになる、などの症状が現れることがあります。

鼻炎

ウイルスや細菌の感染、花粉やハウスダストなどのアレルギーなどによって鼻炎を起こすと、鼻の中に鼻汁がたまることで鼻づまりを起こし、いびきをかくことがあります。

鼻や喉の腫瘍

鼻の中や喉に腫瘍ができると、鼻づまりを起こしたり、気管が狭まったりして、いびきの原因になることがあります。

気管虚脱(きかんきょだつ)

空気の通り道である気管が扁平して呼吸がしにくくなる、循環器の病気です。遺伝により先天的に気管が変形している場合が多いといわれています。

軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)

上顎の奥に伸びている柔らかい部分を「軟口蓋」と言いますが、それが長くなって喉の入り口に垂れ下がった状態になるのが「軟口蓋過長症」です。空気の通り道をふさいでしまうので、いびきだけでなく起きているときも口を開けてゼーゼーと呼吸する症状が見られます。

心臓病

心臓病によって肥大した心臓が、気管支を圧迫して、いびきのような呼吸音を鳴らすことがあります。

いびきをかきやすい犬種は?年齢は?

 

 

鼻が短く上向きになっている犬種は、鼻からの空気がスムーズに通りにくく、また喉の入り口の軟口蓋が垂れ下がっていることが多いため、いびきをかきやすくなります。パグやシーズー、フレンチブルドッグ、ボストンテリア、ペキニーズなどは、先天的に空気が通りにくい構造になっているので、年齢に関係なくいびきをかくことが。軽いいびきで、呼吸が苦しそうとか、途中で息が止まるなどの症状がなければ、あまり心配する必要はないでしょう。気管虚脱は、ポメラニアンやチワワなどに多く見られる病気ですが、年齢を重ねた犬の方がなりやすいようです。
また、肥満が原因のいびきは、犬種や年齢に関係なく生じる可能性があります。

犬のいびき、治療法と予防法は?

いびきの治療と予防法は、原因によってさまざまです。主な場合を以下に紹介します。

肥満を解消し、体重をコントロールする

犬種や年齢にかかわらず、いびきの原因になりうる肥満。運動量と食べ物の摂取量で肥満を解消、または太りすぎないように体重管理をしてあげることが、いびきの改善および防止につながります。

鼻炎など基礎疾患を治す

いびきの原因となっている鼻炎や心臓病。基礎疾患を治療することが、いびきの治療と予防になります。アレルギーが原因で鼻炎になっているのなら、アレルゲンを特定して、それに近づかない配慮をしてあげましょう。

手術をする

鼻の中に腫瘍ができている場合は、手術によって取り除くことが治療の選択肢の一つです。いびきの途中で呼吸が止まる場合は、重度の軟口蓋過長症の可能性があり、手術が必要になる場合があります。また、気管虚脱の場合も、外科手術による治療の可能性もあります。

 

 

犬のいびき、可愛いばかりではないことが分かっていただけたでしょうか。いびきをかきやすい短頭種でも、見過ごしてはいけないいびきがあることを、飼い主さんは知っておきましょう。

 

犬の鼻の病気、心配な症状は?こちらの記事も要チェック!

【獣医師監修】犬の嗅覚は人間の何倍?鼻の構造と機能、代表的な病気とは?

アニーマどうぶつ病院 院長

村谷 親男

詳細はこちら

関連記事

related article