アイペット損害保険株式会社は毎年、前年の一年間にアイペットのペット保険にご加入いただいた犬・猫を対象に、人気飼育犬種・猫種ランキングの調査集計を行っています。「ワンペディア」では犬種ランキングをご紹介します!

 

人気犬種ランキング TOP10 

飼育犬種ランキングでは、2020年から3年連続で「ミックス」がトップとなりました。

5位の「ミニチュア・ダックスフンド」、7位の「ミニチュア・シュナウザー」が共に順位を1つ上げるなど、一部の犬種で順位の変動がみられるものの、1位から10位までの顔触れは2017年の調査開始以来変わらず、多くの方に愛されているようです。都心部やマンションでも飼育しやすい小型犬種が多くを占めていることも特徴的です。「小型犬に多い」傷病については、「うちの子おうちの医療事典」で調べることができます。こちらをあわせてご覧ください。

*¹ 犬A:アイペットの犬種分類表における、ペット保険「うちの子」のミックス「犬A」(小型犬)(12kg未満)

*² 犬Ⅰ:アイペットの犬種分類表における、ペット保険「うちの子ライト」のミックス「犬Ⅰ」(小型犬)(16kg以下)

順位を上げた「ミニチュア・シュナウザー」

人気犬種ランキング 11位~30位

昨年(2021年)同様、トップ10に引き続き、11位から30位までの中に小型犬種が多数ランクインしました。

大型犬の中で順位が最も高いのは「ゴールデン・レトリーバー」(14位)で、次点は「ラブラドール・レトリーバー」(17位)でした。両者は調査年によって順位が入れ替わることもあり、ともに大型犬の中で高い順位を維持しています。どちらの犬種も、盲導犬など補助犬として活躍しているイメージがあるように、とても賢く、人間と一緒に過ごすことを好む場合が多く、まさに人間とパートナーのような関係を築くことができる犬種であることから高い順位を維持しているのではないでしょうか。

ゴールデンレトリバー(左)とラブラドルレトリバー(右)

中型犬の中で最上位だったのは「フレンチ・ブルドック」(8位)で、調査開始以来10位以内をキープしています。「フレンチ・ブルドック」ならではの愛嬌ある顔つきや仕草が魅力となっているほか、無駄吠えが少ない傾向があるという点から、人口の多い都心部やマンションに住む方にも選ばれやすいのではないでしょうか。

フレンチブルドッグ

*⁴ 犬B:アイペットの犬種分類表における、ペット保険「うちの子」のミックス「中型犬」(12kg以上20kg未満)

*⁵ 犬Ⅱ:ペット保険「うちの子ライト」のミックス「犬Ⅱ」(16kg以上31kg以下)

*⁶ 犬C:アイペットの犬種分類表における、ペット保険「うちの子」のミックス「犬C」(大型犬)(20kg以上)

*⁷ 犬Ⅲ:アイペットの犬種分類表における、ペット保険「うちの子ライト」のミックス「犬Ⅲ」(32kg以上)

 

2022年は、新型コロナウイルス感染拡大により縮小されていた経済活動が回復に向かい、海外からの観光客の姿もみられるようになった年となりました。一部の企業では、出社回帰といわれる現象がみられるようになり、テレワークの頻度が低下しつつあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特にコロナ禍においてペットをお迎えした方にとっては、ペットのこれまでの生活スタイルに変化が生じやすい時期かもしれません。生活スタイルが変化する中においてペットとの関係を良好に維持するためには、それぞれの品種の個性や特徴を理解することが大切です。

また、近年、犬や猫の平均寿命は延び、ペットの高齢化に伴いシニア期の介護も増えています。これからペットを飼育する際はそれぞれの品種の特徴等を考慮し、責任をもって終生飼養できるかしっかりと未来を見据え、ご家庭や生活スタイルにあったペットを迎え入れることをおすすめします。

 

 ★「うちの子」の長生きのために、気になるキーワードや、症状や病名で調べることができる、獣医師監修のペットのためのオンライン医療辞典「うちの子おうちの医療事典」をご利用ください。

 

例えば、下記のような切り口から、さまざまな病気やケガを知ることができます。  健康な毎日を過ごすため、知識を得ておきましょう。

 

【治療面】■ 再発しやすい ■ 長期の治療が必要 ■治療期間が短い ■ 緊急治療が必要 ■ 入院が必要になることが多い  ■手術での治療が多い ■専門の病院へ紹介されることがある ■生涯つきあっていく可能性あり

【症状面】■ 初期は無症状が多い ■ 病気の進行が早い

【対象】■ 子犬に多い ■ 高齢犬に多い ■男の子に多い   ■女の子に多い ■ 大型犬に多い ■小型犬に多い ■生まれつきの病気

【季節性】■春・秋にかかりやすい ■夏にかかりやすい

【発生頻度】■ かかりやすい病気 ■めずらしい病気

【うつるか】 ■ 他の犬にうつる ■ 人にうつる ■猫にうつる

【命への影響度】 ■ 命にかかわるリスクが高い

【費用面】 ■ 生涯かかる治療費が高額 ■手術費用が高額

【予防面】 ■ 予防できる ■ワクチンがある

 

★「うちの子おうちの医療事典」で子犬が注意すべき傷病を調べてみましょう

□ 子犬に多い傷病

□ 低血糖症

□ 水頭症

□ 骨折

□ 回虫症

□ ジアルジア症

□ コクシジウム症

□ ケンネルコフ

□ 犬パルボウイルス感染症

 

ワンペディア編集部からのメールマガジン配信中!

「ワンペディア編集部」では、愛犬との暮らしに役立つお勧め記事や、アイペット損保からの最新情報を、ワンペディア編集部からのメールマガジン(月1回第3木曜日夕方配信予定)でお知らせしています。ご希望の方はこちらからご登録ください。

アイペット損害保険株式会社

ワンペディア編集部

詳細はこちら

関連記事

related article