甘くてジューシーなメロンは香りもいいので欲しがる犬も多いのではないでしょうか。基本的にメロンには犬の健康を害する成分は含まれていないので与えても大丈夫ですが、かといって積極的に与える必要はありません。

犬がメロンを食べるメリットはあるの?

メロンの成分は糖分・繊維質・ビタミン類です。犬の場合、ビタミン類は体内で作ることができるので外部から摂取する必要はありません。また、メロンは糖分が多く、高カロリーなので、肥満を招く可能性が高いと言えます。さらに下痢をしやすくなるというデメリットも。つまり犬にとってメロンはアレルギーがなければ食べても大丈夫なのですが、あえて与える必要がない果物と言えるでしょう。

メロンはどのようにして与えたらいいの?

メロンの皮や種は消化に悪いので必ず皮は剥き、種も取って与えるようにしましょう。小型犬の場合は塊で与えると喉を詰まらせる場合があるので、細かくカットするなどの注意が必要です。いずれにせよ、与える場合は少量にとどめておきましょう。

メロンを与えるとき気をつけることは?

メロンアレルギーをもっている犬の場合、アレルギー症状として下痢、呼吸がしづらくなるなどの症状が出ることがあります。また、ブタクサやヨモギ、シラカバ、スギなどにアトピーを持つ犬は交差性アレルギー反応がでることもあるので、控えた方がいいでしょう。

 

水をあまり飲まない犬に水分補給としてあげるとよいと紹介している記事もありますが、メロンでお腹がいっぱいになると栄養バランスが悪くなってしまいます。あくまでもおやつのレベルとして考えておきましょう。

交差反応アレルゲンとは?

ある種の動物タンパク質に対してアレルギー反応を示す場合、種の近い動植物のタンパク質にもアレルギー反応を示すことを言います。たとえば、ブタクサのアトピーを持つ犬に対して交差性のあるアレルギーは表で示しているようにリンゴ、バナナ、メロン、トマトです。ブタクサのアトピーを持つ犬がリンゴを食べたからといって必ずしもアレルギー症状を起こすわけではないのですが、アレルゲンレベルをあげてしまうことになります。

サンダース ベテリナリークリニクスシリーズ Vol.2 No.1「犬と猫の最新・皮膚科学」 株式会社インターズー刊より引用

 

※この記事は犬にメロンを食べさせることを推奨しているものではありません。人間の体に良いからといって犬にも良いとは限りません。逆に悪影響を与えたり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。犬の食事は、栄養バランスが良く摂れる総合栄養食としてのドッグフードがおすすめです。

 

人間の食べ物を犬が食べても大丈夫?こちらの記事も要チェック!

⇒『【獣医師監修】人間の食べ物を犬が食べても大丈夫と思っていない? 実は犬にとって危険なアレルギー要素が潜んでいる!?
アニーマどうぶつ病院 院長

村谷 親男

詳細はこちら

関連記事

related article