抗酸化作用のあるリコピンが多く含まれていることで一気に注目されるようになったトマト。トマトには犬が食べて害になる成分は含まれていませんが、消化はあまりよくないので積極的に与える必要はありません。

トマトを与えるときの注意点は?

トマトアレルギーがない限り、食べさせたら絶対にダメというわけではありません。犬にトマトを与えるときは真っ赤に熟したトマトを選びましょう。青いトマトにはトマチンと呼ばれる有毒な成分が含まれています。トマチンはアルカロイドという有機化合物の一種で、ジャガイモの芽に含まれるソラニンにも同様の成分が含まれています。アルカロイドは葉や茎、へたなどにも多く含まれているので、青い未完熟なトマトの実と同様、犬には与えないようにしましょう。

 

なお、トマトの皮は消化しづらいので与えるときは皮をむいてあげると良いでしょう。

トマトの加工品などを与えても大丈夫?

トマトジュースやトマト缶など、無塩・無添加のものなら与えても良いと紹介している記事もありますが、与えない方が無難です。また、トマトケチャップは塩分のほか、玉ねぎや香辛料など犬にとってよくない食材が含まれているので絶対に与えてはいけません。ドライトマトも塩などで味付けされたものが多いので与えないようにしましょう。

 

トマトは食べさせ方に注意をすれば犬にとって害のある野菜ではありません。ただ、ブタクサやシラカバ、スギなどにアトピーを持つ犬は交差性アレルギー反応がでることもあるので、控えた方がいいでしょう。

交差反応アレルゲンとは?

ある種の動物タンパク質に対してアレルギー反応を示す場合、種の近い動植物のタンパク質にもアレルギー反応を示すことを言います。たとえば、ブタクサのアトピーを持つ犬に対して交差性のあるアレルギーは表で示しているようにリンゴ、バナナ、メロン、トマトです。ブタクサのアトピーを持つ犬がリンゴを食べたからといって必ずしもアレルギー症状を起こすわけではないのですが、アレルゲンレベルをあげてしまうことになります。

サンダース ベテリナリークリニクスシリーズ Vol.2 No.1「犬と猫の最新・皮膚科学」 株式会社インターズー刊より引用

 

※この記事は犬にトマトを食べさせることを推奨しているものではありません。人間の体に良いからといって犬にも良いとは限りません。逆に悪影響を与えたり、必要な栄養の吸収を阻害したりすることもあります。犬の食事は、栄養バランスが良く摂れる総合栄養食としてのドッグフードがおすすめです。

 

人間の食べ物を犬が食べても大丈夫?こちらの記事も要チェック!

⇒『【獣医師監修】人間の食べ物を犬が食べても大丈夫と思っていない? 実は犬にとって危険なアレルギー要素が潜んでいる!?
アニーマどうぶつ病院 院長

村谷 親男

詳細はこちら

関連記事

related article