犬を飼うにはお金がかかります。犬は生き物ですから、家に迎え入れるまでの出費とあわせて、飼育上の様々な出費があることを念頭に置いた上で、迎え入れる必要があります。突然病気にかかることもあるでしょう。事故にあって手術をしなければならなくなるかもしれません。もしものときに備えて、愛犬のために使えるお金をきちんと確保しておく必要があります。では一体いくらくらいかかるのでしょうか?

最初にかかる費用

ペットショップ、ブリーダーに支払う費用

アイテムの準備費用(3~4万円)

食器やサークル、犬用ベッドなど、犬を迎えるために必要なアイテムの購入費です。

畜犬登録費用(3,000円程度)

蓄犬登録は飼い主に法律で義務付けられているので、必ず行いましょう。お住まいの市区町村に飼い犬の情報を登録する必要があります。

1ヶ月あたりの生活費

フード、おやつなどの食費(小型犬で3,000~5,000円/月、大型犬で5,000~9,000円)

トイレシーツや消臭剤などの雑費(1,000円~5,000円)

予防医療代

狂犬病ワクチン(3,500円前後)

年に1度の摂取が、法律上で義務付けられています。

混合ワクチン(6,000円~10,000円/回)

特に子犬のころは免疫力が低いので、きちんとワクチン接種を受けさせる必要があります。

 

‘ワクチンの詳細はコチラ’

フィラリア予防(500円~3,000円程度/月)

病原体の蚊が出ている時期は毎月与える必要があります。かかりつけの獣医さんの指示に従って、正しく予防しましょう。

ノミ・ダニ予防(500円~3,000円程度/月)

こちらは、犬の体重や薬の種類で価格が異なります。中にはフィラリア予防も同時に行えるものも。

健康診断費用(1,000円~35,000円/回)

健康診断には触診・血液検査・エコー検査など様々なものがあります。特に子犬のうちはきちんと成長しているかをみるためにも、月に1度は病院へ行き体重測定や簡易の健康診断をしてもらうことをお勧めします。

その他の生活費

トリミング代などのケア代(5,000円~10,000円以上/回)

シャンプーやトリミングなど、トリミングサロンに連れて行く場合は、それらの費用もかかります。

人間の美容院同様、金額にはかなり幅があります。

ペットホテル代(3,000円~7,000円/日)

今はペットホテルにも様々なサービスがあります。個室のホテルもあれば加湿器の置いてあるホテルもあるし、中にはモニターで24時間ペットの様子を見ることができるホテルもあります。

ホテルのサービスによって金額はバラつきがあるので、料金だけで決めずにサービス内容も確認してみましょう。

洋服代(1,000円~10,000円以上/着)

こちらもかなり金額差が出ます。寒さに弱いチワワやヨークシャーテリアなどは、冬用の服を準備してあげたほうがいいでしょう。

電気代(2,000円~15,000円/月)

意外とバカにならないのが電気代。熱中症予防のために、暑い日のお留守番にはクーラーがかかせませんし、寒い日の夜はヒーターや暖房が必要になります。

病気やケガの治療費(???円/月)

一番備えておきたい費用かもしれません。ペット保険に加入していない限り、治療費は100%飼い主さんの負担となります。たとえば犬が骨折した場合、およそ30~40万円の治療費が・・・。また、ガンや腎不全などの慢性的な病気になると、治療費は莫大なものになります。費用の問題で十分な治療を受けさせてあげることができないとなると、犬はもちろんですが、飼い主さんも非常につらい思いをすることになります。ペット保険に加入しないのであれば、しっかり貯金をしておいたほうがいいでしょう。

ペット保険代(1,000円~10,000円以上/月)

もしものときに備えておきたいなら、ペット保険がオススメです。年齢や犬種、プランによって月々の金額は変動しますので、色々調べて、最適な保険を選ぶといいでしょう。

 

‘ペット保険についての詳細はコチラ’

関連記事

related article