vet checks the health of a dog

犬を飼っているなら、予防しなければならない病気のひとつ、「フィラリア症」。昔は多くの犬の命を奪った非常に恐ろしい病気だということは、ご存知の方が多いのではないでしょうか。そんな病気から愛犬の命を守るために予防薬がありますが、予防薬の正しい使用方法をご存知ですか?

フィラリアの予防薬は正しく使わなければ、愛犬を死に追いやることだってあるんです。正しい予防方法を理解して、愛犬をフィラリアから守ってあげましょう。

フィラリア症とは

フィラリアは正式名称を犬フィラリア症、または犬糸状虫症といい、「犬フィラリア(犬糸状虫ともいいます)」という寄生虫を持っている蚊に刺されることで感染します。この「犬フィラリア」は、白く細長い姿をしていて、成長すると25~38cmにもなり、心臓や肺動脈に住みつきます。放置してしまうとどんどん成長して犬の体内で産卵し、大量のフィラリアが犬の心臓や肺動脈を埋め尽くして、最終的には心不全や呼吸困難を引き起こして死に至るという、とても恐ろしい病気なのです。

フィラリア症の正しい予防方法

フィラリア症を予防するには、月に一度の予防薬が不可欠になりますが、予防薬は実に色々な種類がありますよね?薬タイプもあれば、おやつタイプもありますし、塗るタイプもあります。しかも予防薬に加えて検査が必要な場合もあったりします。この予防薬の投与と検査を正しい方法で実施しないと、大切な愛犬を死に追いやってしまう場合があるので、必ずかかりつけの獣医さんの指示に従いましょう。

予防薬とはフィラリアの幼虫を「殺す」ための薬

予防薬というと、フィラリア症を発症しないようにする薬だと思われる方が多いかもしれませんが、これは体内へのフィラリアの侵入を防ぐものではありません。フィラリアの幼虫を殺すための、駆虫薬なのです。ちなみに成虫には効かないので、幼虫が体に入って成虫に成長するまでの間に、予防薬を使います。

正しい投薬方法

月に1度、毎月決めた日付で薬を与えます。薬で殺せる幼虫から、成虫になるまでの期間は約1~2ヶ月程度。予防薬はこの期間を狙って投与するため、月に1度の決められた日程で投与しなければなりません。「蚊が飛ぶようになってから1ヶ月後」から「蚊がいなくなってから1ヶ月後」までの期間に、月1度予防薬を使います。地域差はあるので獣医さんの指示に従いましょう。東京では5月~12月の投薬が一般的です。

寒くなったらやめてもいいの?

上記でも解説したとおり、フィラリアの予防薬はあくまで駆虫薬です。12月に蚊がいない東京でも12月に予防薬を接種するのは、11月に感染した可能性を考慮してのもの。涼しくなったからといってやめてはいけません。獣医さんの指示通り、時期を守って必ず投薬を続けて下さい。また、温かい沖縄では年中蚊がいるので、通年投与が必要です。

投薬を忘れてしまったときはどうしたらいいの?

もしかしたら、うっかり薬を与えるのを忘れてしまった、ということがあるかもしれません。そんなときは自己判断で薬の投与を再開しないで、必ずかかりつけの獣医さんに相談しましょう。必要に応じて、愛犬のからだの中にフィラリアの成虫がいるかどうか、検査をしてくれます。検査をしてフィラリアの成虫が体内にいないことがわかれば、今まで通りの予防薬を飲み続けて大丈夫です。

検査をしないとどうなるの?

もしフィラリアの幼虫が体内に侵入し、その後の予防薬を投与し忘れてしまったとしたら、生きた幼虫が成虫になり、心臓に住み着いている可能性があります。そして成虫が卵を産んで、体中の血液内に大量の幼虫が流れ出ている可能性もあります。

その状態で予防薬を飲んでしまうと、非常に危険です。予防薬は幼虫を駆虫するための薬ではありますが、成虫にも全く作用しないというわけではありません。心臓に住み着いた成虫が、予防薬により苦しんで放出する物質によって愛犬がショック症状を起こしたり、また、血液に流れ出ていた幼虫の大量の死骸が一気に心臓に集まって、心臓の血管が詰まって、死に至る可能性があります。

投薬を忘れたら自分で判断せずに動物病院に行って必ず獣医さんの指示を仰ぎましょう。また毎年予防を始める前に血液検査をするのもこの可能性を考慮してのこと。予防をしていない時期にフィラリアに感染していないか、予防薬を投与できる体かどうかを確かめているのです。

 

いかがでしたか?正しい予防方法はお分かりいただけたでしょうか。

飼い主さんがきちんと決められた日を守り、予防薬を飲ませたり検査に連れて行ったりすれば恐ろしいフィラリアから愛犬を守ることができます。投薬日を毎月1日など分かりやすい日に指定したり、知らせてくれるサービスを活用したりして投薬を忘れないようにし、愛犬の健康な暮らしのために、獣医さんに言われたことを守って正しく予防しましょう。

アイペット獣医師

ワンペディアの運営会社であるアイペットに在籍している獣医師チーム。臨床経験...

関連記事

related article