pixta_12114036_L

ワンちゃんと一緒に遠出するなら、車利用が断然便利。近年はワンちゃんとのドライブを楽しむ人も増えています。ワンちゃんとのドライブはワクワクもしますが、その一方で、GWやお盆、年末年始など、渋滞に巻き込まれての長時間に渡るドライブは、ワンちゃんの車酔いや体調悪化を招く恐れも…。そうならないためにも、定期的に休憩を取りたいものですね。最近は、ドッグランやお散歩スペース、水飲み場、排せつ物用のごみ箱などが併設されたワンちゃんフレンドリーなSAやPAが急増中!ここでは、ワンちゃんが気分転換できるおすすめスポットを紹介します。

SA・PAでの過ごし方―注意点

SAやPAに到着するまでに、ワンちゃんたちは長時間のドライブをしています。人間同様に、長時間のドライブはワンちゃんも疲れますし、ずっと車内にいるはワンちゃんだって退屈します。ドライブ中にワンちゃんの落ち着きがなくなってきたようなら、トイレや車酔いのサインです。長距離ドライブをする場合は、2時間おきには休憩をとり、水分補給をして、少し歩かせるなどして気分転換をさせてあげましょう。

※ドライブのときの注意事項は‘愛犬と一緒に車に乗るときに気をつけることとは’をご覧ください。

リードを車内でつけてから、ワンちゃんを外に出す

ドアを開けた瞬間の飛び出し事故や、迷子を防ぐため、必ず車内でリードを付けましょう。

リードは短めに持って、決して離さずに!

車の出入りが激しいSAやPAの駐車場は危険ゾーン! ドライバーからは体高の低いワンちゃんの姿が見えません。事故防止のために、飼い主さんが責任を持ってワンちゃんをガードし、施設内まで連れて行きましょう。

排せつ物は持ち帰るor決められた場所に捨てる

ワンちゃんのウンチを、SAやPAのゴミ箱に捨てるのはマナー違反! ドッグランが併設されたSAやPAならばペットの排せつ物用ごみ箱が設置されている場合がほとんどなので、そちらに捨てることができます。もし設置されていない場合は持ち帰りましょう。

食後30分たってから出発を

食事をさせた場合は、できれば30分ほど経ってからドライブに戻りましょう。ワンちゃんの車酔いを防ぐことができます。

ワンちゃんにおすすめのSA・PA 

<九州自動車道編>

広川SA(上り)

自然豊かな場所で、地元の八女茶は全国的にも有名。八女茶を使ったお菓子や地産の果物も目玉のひとつ。「わんわんガーデンテラス」(7:00~18:00)が併設されており、屋外でワンちゃんと食事を楽しむこともできます。

‘公式サイトはこちら’

桜島SA(上り)

雄大な桜島を背景に一息つける九州最南端に位置するSA。愛犬家のために、約60㎡のドッグランを併設。ドッグラン内は、ノーリードで自由に散歩することができます(ご利用は日の出から日没まで)。鹿児島特産の料理が充実し、紅さつまを使用した焼芋プリンや、焼きかぼちゃプリンが人気です。

‘公式サイトはこちら’

 

<長崎自動車道編>

金立SA(下り)

「スターバックス」の横に、ノーリードで自由に散歩することができる約420㎡のドッグランを併設(ご利用は日の出から日没まで)。同店近くにあるウッド調のオープンテラスでは、飼い主さんとワンちゃんが一緒にくつろげます( ※店内はペット同伴ができません)。「徐福しょうゆラーメン」や「五島うどん」など、ここでしか食べられない食事も盛りだくさん!

‘公式サイトはこちら’

大村湾PA(下り)

 

潮風が香るPA。大村湾を一望できる絶景スポットで、美しい夕日を眺めることができます。「恋人の聖地」としても知られ、エリア内にはこっそり埋め込まれたハートストーンが!大村市寿古町で栽培している珈琲豆を使用した「長崎寿古珈琲」や、珈琲の実で作った果実ジャムが一押しです。約60㎡のドッグランを併設(ご利用は日の出から日没まで。※リード着用)。水飲み場、トイレ、排泄物用ごみ箱もあります。

‘公式サイトはこちら’

 

<大分自動車道編>

別府湾SA(上り)

別府湾の眺望と食事が楽しめるサービスエリア。ノーリードで自由に散歩できる、約380㎡のドッグランを併設(ご利用は日の出から日没まで)。地元の食材を使った、石窯で焼き上げる本格ピッツアが人気です。

‘公式サイトはこちら’

 

いかがでしたか?車での旅はついつい先を急ぎがちになりますが、SAやPAを楽しむことも車旅の醍醐味のひとつ。SAやPA内のドッグランを上手に使って、飼い主さんもワンちゃんもしっかりと休憩を取りながら、安全なドライブを楽しみましょう!

ワンペディア編集部

犬が大好きなメンバーが集まった、ワンペディア編集部。

実際に犬を飼っ...

関連記事

related article