IMG_1722

 

「ワッ」と驚かされたり、急に怒鳴られたりすると、焦って思いもよらない行動をしてしまうことってありますよね。どうやらそれは犬も同じようです。犬にも怖がりでビビりな子がいるのです。ここでは、怖がる犬のクスッと笑えるエピソードを集めてみました。こんな反応されたら、一層可愛くなっちゃいますよね!

怒られたときの避難所を開拓

Woman in cozy home wear relaxing at home, using laptop. Soft, comfy lifestyle.

 

うちには男の子のジャックがいます。元気でやんちゃな、愛されキャラなのですが、この子には唯一の天敵が…それがいま同棲している彼氏です。いつもはたくさん愛情を注いでくれるのですが、彼が怒るととても怖いのです。最近は彼のご機嫌をうかがう察知能力が身に着いたみたい。ときたまこの子が「ワギャー!!」と騒いでいると、彼の「チッ」という舌打ちが…。すかさずピタッと静かになり、恐怖におびえたこの子はサササッと私の足元に避難。ピトっとくっついて、全身でヘルプサインを出してくるんです。怒られてかわいそうだからとかばい続けた結果、今では悪さをして彼に怒られるたび、速攻で走ってきて私の足元にピタっとおさまり、私の陰から彼の様子を見ています。

計算高いのか、それとも天然か…

Cute Staffordshire Bull Terrier dog lying on a wood floor hiding under a curtain, drape, one open eye can be seen as he is peeking out.

 

うちの子は本当にいたずらっ子で…履こうとしていた靴下をくわえて隠してしまったり、落とした小物をすかさず奪って行ったり…もう、大変です。そして、そのたびに怒られています。怒られると奪ったものを置いて逃げるのですが、その逃げる場所がいつも決まってカーテンの裏側。最初に隠れたとき、見つからなかった事に味を占めたのか、怒られると毎回カーテンの裏に身をひそめるんです。でもある日、いつものように怒られた愛犬が身を隠したのが、厚手のドレープカーテンではなく、スケスケのレースカーテンだったのです。こちらからは丸見えなのに、あの子はちゃんと隠れているつもりで…面白すぎて怒る気力もなくなりました。今思うと、もしかしたらあの子の計算済みの行動だったのかもしれませんが。今でも時々、レースカーテンに隠れています。

雷キライ

うちの愛犬は、花火と雷が大嫌いなんです。花火は打ち上げの音だけでなく、髭が焦げたのを機に手持ち花火にも一切近づかなくなってしまいました。ある日とても大きな雷が鳴ったとき、一大事だと騒ぎだした愛犬がそそくさと移動したのは、家族の顔が見えるマッサージ機の椅子。雷が怖いんだなと思ったので、そのままマッサージ機の上で寝かせてあげたのですが、どうしてもオロオロして落ち着かない様子。見かねた私は頭から布をかけたり色々やったのですがどれもイマイチ。最終的に、私が洗顔の時に使っていた幅の広い布製のカチューシャで愛犬の両耳を塞いであげました。ちょっと安心したみたいですが、その格好が面白すぎてみんなで大笑い。今思えば、みんなの笑う声で気が紛れたのかもしれませんが、あれは可愛かったです。

雷①

雷②

雷③

内弁慶な犬

実家で飼っている犬が怖いのは、他の犬です。散歩の途中、他の犬が近づいてきたとたん、くるっとお腹をだしてひっくり返ります。大型犬を見かけただけでもひっくり返ってお腹を出します。おかげで相手の飼い主さんからも「あらあら(笑)」と笑われてしまう始末。本当にビビりなんです。

車だと強気①

車だと強気②

でも、車の中という絶対安全な状況に身を置くと性格は一変。外を歩いているのが大型犬だろうと何だろうと手のひらを返したように、強気で吠えるんです。吠えている時にいきなり車のドアを開けたらどんな反応するんだろう…と、時々一人で妄想して笑っています(笑)。

車だと強気③

車だと強気④

 

犬にとっては一大事なのでしょうが、どれもクスッと笑ってしまいますね。一概に「恐がり」といっても、その行動はさまざま。こんな瞬間からも、愛犬の性格を知ることができます。こんな楽しい話題を作ってくれるなら、飼い主さんは退屈知らずですね。

 

ワンペディア編集部ではみんなのエピソードを大募集!  

ワンペディアでは、皆さんと愛犬のエピソードを大募集しています。クスッと笑えるエピソードや、飼い主さんのお悩み事などあれば、ぜひワンペディア編集部までお寄せください♪  

写真付きでメッセージを頂けると、お家のワンちゃんがワンペディアに掲載されるかも!ご連絡、お待ちしております!!  

【連絡方法】  

①ワンペディアの公式Facebookページに「いいね」をしてください。  

 ※公式ページはコチラから!

②ワンペディアの公式Facebookページから、メッセージをお寄せください。  

③記事として採用されると、ワンペディアのサイトやFacebook上で公開されます!  

 

 

ワンペディア編集部

服部 祐佳

詳細はこちら

関連記事

related article