Shih tzu dog treatment

ワクチン接種の目的は感染症の予防です。ワクチンは細菌やウイルスなどの病原体を無毒化または弱毒化したものです。ワクチンを接種すると、その病原体に対する免疫(抗体)が体内で作られます。そのため、ワクチン接種以後は、その感染症にかかりにくくなります。犬には犬の感染症があり、それらの感染症を予防するために犬のワクチンがあります。

ワクチン接種について、前編と後編の2回に分けて、ご紹介します。今回は前編です。

ワクチンで予防できる犬の感染症

ワクチン接種により感染を予防したり、発症した時の症状を軽くしたりすることができます。ワクチンで予防できる犬の感染症の中には命に関わるものもあります。また、感染症が発症してからの治療では、多大な労力と時間と費用がかかるケースもあります。そのため、ワクチン接種による事前の予防がとても重要となります。

まず、ワクチンで予防できる感染症にはどのようなものがあるのか、それぞれについて簡単に説明します。

狂犬病

現在日本に狂犬病はありませんが、世界中のほとんどの国では狂犬病が発生しています。狂犬病は、狂犬病ウイルスによる感染症で、人を含む全ての哺乳類が感染します。発症後の有効な治療法はなく、発症した場合、致死率はほぼ100%です。感染した動物に咬まれたりすることから感染し、ウイルスは末梢神経から脊髄や脳へ到達します。感染した動物は、興奮、錯乱、麻痺などの神経症状を示し、最終的に呼吸筋の麻痺により呼吸困難で死亡します。日本では、狂犬病予防法により、犬は年に1回のワクチン接種が義務付けられています。

犬ジステンパー

生後1歳未満の仔犬に多く死亡率も高い感染症です。犬ジステンパーウイルスの感染により、発熱、元気・食欲の低下、嘔吐、下痢などの消化器症状や、目ヤニ、鼻水、くしゃみ、咳などの呼吸器症状を示します。重症化し、ウイルスが脳や神経に侵入した場合、体の麻痺、震え、痙攣発作などの神経症状を示す場合もあります。

犬パルボウィルス感染症

生後1歳未満の仔犬に多く死亡率も高い感染症です。犬パルボウイルスの感染により、激しい嘔吐と下痢(血液の混じった悪臭のある便)による脱水やショック状態を示します。また、心筋型と呼ばれる症状では、心臓の筋肉に炎症が起きて、突然の悲鳴、嘔吐や呼吸困難により30分以内で急死してしまいます。

犬伝染性肝炎

犬アデノウイルス1型の感染により、肝臓に炎症が起こり、発熱、元気・食欲の低下、嘔吐、下痢、腹痛などの症状を示します。重症化した場合、肝機能不全による昏睡や痙攣発作などの神経症状、出血傾向、脳炎などが見られ、特に幼齢犬や若齢犬が感染すると死亡するケースもあります。

犬伝染性喉頭気管炎(通称:ケンネルコフ)

生後1歳未満の仔犬に多い感染症です。犬アデノウイルス2型の感染により、呼吸器症状が見られます。ケンネルコフ(ケンネル=犬の、犬舎の コフ=咳)という、何か喉に詰まったような、「ゲッ、ゲッ」といった、特徴的な乾いた咳が見られます。発熱、元気・食欲の低下、目ヤニ、鼻水、くしゃみなどの症状も見られ、犬パラインフルエンザウイルスやマイコプラズマなどの混合感染で症状が重くなります。

犬パラインフルエンザ(通称:ケンネルコフ)

犬パラインフルエンザウイルスの感染により、呼吸器症状が見られます。発熱、元気・食欲の低下、目ヤニ、鼻水、くしゃみなどの症状が見られます。ケンネルコフの原因の一つでもあり、犬アデノウイルス2型やマイコプラズマなどの混合感染で症状が重くなります。

犬コロナウイルス感染症

犬コロナウイルスの感染により、消化器症状が見られます。元気・食欲の低下、嘔吐、下痢が見られます。激しい下痢と嘔吐のため、脱水症状を起こし衰弱するため、仔犬が感染した場合、急速に死に至ることもあります。犬パルボウイルスと混合感染することが多く、その場合、重症化し死亡率も高くなります。

犬レプトスピラ感染症(カニコーラ型・出血性黄疸型・ヘブドマディス型)

レプトスピラという細菌の感染により、発熱、嘔吐、下痢などの症状の他、黄疸、痙攣などが見られることもあります。感染動物(ネズミ等の野生動物や家畜)の尿やその尿に汚染された水や土壌から、経口、または傷や粘膜などの皮膚を介して感染します。人も感染する人獣共通感染症です。

免疫の基本的な話

免疫とは何でしょうか?

私たちの身の回りには、肉眼では見ることのできない小さな微生物(細菌やウイルスなど)が、あらゆる所に、そして無数に存在し、空気中にも漂っています。免疫とはこのような微生物(=生体にとっての異物)を体から排除し、体を守るための生体システムです。

免疫は、主に2つの機構から成り立っています。1つは自然免疫と呼ばれ、生まれながらにして備わっている免疫機構です。そして、もう1つは、獲得免疫と呼ばれ、生後さまざまな微生物に触れることで作り上げられていく免疫機構です。

免疫はどのように体を感染症から守っているのでしょうか?

体に侵入した微生物は、まず自然免疫によって処理されます。自然免疫は、マクロファージやNK細胞と呼ばれる免疫細胞を介して微生物を直接攻撃、破壊していきます。さらに、微生物の情報を、次のステップである獲得免疫に提示するはたらきをします。

獲得免疫では、自然免疫からの情報を元に、その微生物を攻撃するオリジナルの抗体を産生します。抗体産生細胞は、一度出会った微生物の情報を記憶し、次に同じ微生物が体内に侵入した際には、素早く大量に抗体を産生することができます。

ワクチンは、このメカニズムを利用したもので、無毒化または弱毒化した病原体を接種することで、免疫力、つまり抗体産生能力を高めておくのです。ちなみに、長い間、どのようにして多種多様な抗体が産生されるのかは「謎」でした。この謎を解明し1985年にノーベル医学生理学賞を受賞したのが日本人研究者、利根川進でした。

ワクチン発見の物語

今から200年以上も前、伝染力が非常に強く、体中に膿疱を形成し、仮に治ったとしても、跡が残ってしまう「天然痘」という病気があり、悪魔の病気、不治の病として恐れられていました。

イギリスの医師、エドワード・ジェンナーは、牛の乳搾りをしている女性達は天然痘にはならないことを知りました。実は、牛にも天然痘と同じような症状を示す「牛痘」という病気がありました。そして、天然痘を発症している人に接すると天然痘に感染する場合があるのに対し、牛痘を発症している牛に接しても人には何も症状が現れないことが知られていました。

しかし、ジェンナーは乳搾りの女性達の話を聞き、牛痘と天然痘には何か共通するものがあると考え「牛の乳搾りの女性達は、牛痘に接した経験があることで天然痘にならないのではないか?」と仮説を立てました。

そこで、ジェンナーは、牛痘の膿を人に接種する実験を行いました。そして、牛痘の膿を接種された人は天然痘にならないことを見いだしたのです。これが、「人為的に、病原体を接種することで、より恐ろしい病原体から身を守る」というワクチンの基本原理を最初に発見した例で、この発見が、その後のワクチン開発の重要な基礎となりました。

ちなみに、ワクチン(Vaccine)という言葉はラテン語の「vacca(牝牛)」に由来しています。

生ワクチンと不活化ワクチン

ワクチンは生化学的な性状により「生ワクチン」「不活化ワクチン」に分けることができ、それぞれ性質が異なります。

生ワクチンは、細菌やウイルスなどの病原体の毒性を弱め、生きた病原体をそのままワクチンとして使用するものです。生ワクチンの接種によって、高い免疫力が獲得でき、また、免疫持続期間も長い反面、病原体そのものを接種することになるので、ワクチン株の感染により副反応が出る可能性が稀にあります。

一方、不活化ワクチンは、病原体を無毒化したもの、つまり、死んだ病原体やその構成成分をワクチンとして使用するものです。生ワクチンに比べると獲得できる免疫力が低く、免疫持続時間も短い反面、ワクチン株の感染の危険性はないため、その点では<b>安全性が高いと言えるでしょう。

しかし、不活化ワクチンでは獲得できる免疫力が低いため、繰り返し接種の必要があり、その度の体への負担、手間や費用もかかってしまうでしょう。

 

‘犬のワクチン接種(後編)’では、ワクチンの接種時期や、注意点、初乳と移行抗体等についてご説明します。

アイペット獣医師

ワンペディアの運営会社であるアイペットに在籍している獣医師チーム。臨床経験...

関連記事

related article