新しく家族としておうちに迎えるワンちゃんの名前、決まりましたか?これからずーっとその子を呼び続けるようになるわけですし、素敵な名前をプレゼントしてあげたいですよね。世の中にはたくさんの犬の名前がありますが、ここでは名前を付けるときに気をつけるべき2つのポイントをご紹介します。

犬が理解しやすい名前とは?

シンプルで短い名前

犬に名前を覚えてもらうには、シンプルではっきり呼べる名前をつけるのがベスト。長くて複雑な名前は犬からすると理解するのが難しく、混乱してしまう可能性があります。また、飼い主さん自身も、長い名前は省略して呼んでしまうことが多く、いたずらに呼び名を増やしてしまうことになりがちです。色々な呼び名で呼ばれると、犬は余計に混乱してしまうので、シンプルで呼びやすい名前を付けるといいでしょう。どうしても長い名前をつけたい場合には、略称を考えた上で、普段は統一したあだ名で呼んであげるといいと思います。

名前をつけるときは響きに注意

犬は「あ・い・う・え・お」の母音は聞き取れるものの、子音の聞き分けは得意でないと言われています。つまり「りーちゃん」も「しーちゃん」も、明確に区別をすることは難しいんです。また、さらに母音の中でも「あ・う・お」は聞きやすく、「い・え」は比較的聞き取りにくいという説もあります。母音が「あ・う・お」の音をつけてあげるといいかもしれません。

身近な人や犬と似たような名前は避けたほうが無難

家族の名前に似た響きの名前や、身近にいる犬の名前と似たような響きの名前は避けたほうが無難です。多頭飼いをする際も、響きが異なる名前を付けたほうがいいでしょう。他の家族が呼ばれているときに、自分が呼ばれたのだと勘違いして反応してしまったり、逆に自分が呼ばれているのに気付かなかったりして、混乱してしまう恐れがあります。

苗字と相性のいい名前

動物病院のカルテなどでは、飼い主さんの苗字に犬の名前をくっつけて記載されることがあります。実際に呼ばれることは滅多にないので、絶対に苗字と相性がいい名前を選ぶ必要はありませんが、苗字ありきで名前を考えるのも楽しいですよね!

犬に名前を覚えてもらおう!

愛犬に名前を覚えてもらうには、名前を呼ぶときにきちんと愛犬の目を見るようにしましょう。そして、名前を呼んだあとは必ず「ごほうび」を与えるなどして、「名前を呼ばれるといいことが起きる」ということを認識させます。そうすると、名前を呼ぶとスグに飼い主さんのところに来てくれるようになりますよ。

‘名前を覚えてもらうついでに、「おいで」のトレーニング!’

 

 

家の中で呼び方がバラバラだと、犬は混乱してしまってうまく名前を覚えることができません。いろんな呼び方で呼ぶのではなく、家族全員統一した名前でしっかり呼んであげるとスグに覚えてくれるでしょう。

色々な犬の名前を見てみたい方は、「犬の名前イロイロ!愛犬に名前をつけるとき、どうする?」もあわせてご確認下さい!

ワンペディア編集部

犬が大好きなメンバーが集まった、ワンペディア編集部。

実際に犬を飼っ...

関連記事

related article