pixta_442918_L

 

犬の夜泣きは、とくに子犬を引き取ってきた時期にはみなさんが経験しがちなこと。

何日も続くこともあり、家族にとっても大変ですし、ご近所から苦情がくることもあるでしょう。子犬のうちは、しつけの大切な時期でもあります。夜鳴きのさまざまな原因を知って、対策をねりましょう。

寂しさからくる夜泣き

今まで慣れ親しんでいた場所から新しいおうちにきたばかりだと、犬も不安になるものです。不安や寂しさからくる夜泣きは、特に部屋に一匹だけにしておいたときによく鳴いていて、人が部屋に入ってくると鳴き止むことが多いのが特徴です。お気に入りのおもちゃを近くに置いておく、飼い主さんの服を近くにおいておくなどし、夜に一匹だけで部屋に残す場合は、ケージに黒い布をかけて光をさえぎるようにしましょう。

甘えからくる夜泣き

最初は、不安な気持ちや一匹にされた寂しさから夜鳴きしていた犬も、飼い主さんが近くにきてくれることで鳴くのをやめるようになります。夜鳴きがあまりに激しくて飼い主さんがすぐにかけつけたり、一緒に寝たりしてしまうと、今度は、夜鳴きすれば飼い主さんがきてくれるという刷り込みができてしまいます。すると今度は、甘えたいだけのときにも鳴くようになってしまいます。

住宅環境によっては、長く鳴かせたままにしてはおけない場合もあるかもしれませんが、このような甘え鳴きをするようになった場合には、無視するようにして訓練するしかありません。鳴いた、だから来てくれた、という図式を、犬の頭からなくさなくてはならないからです。

ストレスによる夜泣き

犬は甘えたくて夜鳴きし、飼い主はそれを無視しなくてはならないと思って、お互いにストレスをためてしまうことがあります。そのストレスがもとでさらに夜鳴きすることもあります。ストレスを解消するには、お散歩のときにいつもより長くたっぷりと運動できるようにするとよいでしょう。お散歩につれていけない子どもの頃は、室内でのボール遊び等、体を動かす遊びの時間を長く取ってあげるといいでしょう。甘えたい、寂しい、体がなまっているなどの複合的なストレスを、一緒に過ごせる昼間の時間に思いっきり発散してあげたいですね。

生理現象による夜泣き

お腹がすいていたり、トイレに行きたいのに行けない状況だったりすると、やはり夜鳴きの原因になります。お腹が痛いなどの異常があるときにも鳴くことがあるので、いつもと雰囲気や行動が違うかどうかはしっかり見てあげましょう。

発情による夜泣き

成犬になっても夜泣きをすることがあります。近所にメスがいるおうちでは、そのフェロモンを感じ取って、オスの犬が夜泣きしてしまうのです。最適な時期をみはからって去勢手術をすることで、発情による夜泣きはおさまります。

老化による夜泣き

老化がすすみ、時間の感覚がずれてくると、昼間と夜間の区別がつかなくなり、夜泣きが始まってしまうことがあります。また、老犬になると、体や歯の痛みなどが気になって鳴いてしまうことも。耳が遠くなることで不安感がつのり、つい鳴いてしまうこともあります。

犬の心の声を聞いてあげましょう

夜鳴きは、ズバリ、犬からの飼い主さんへのサインです。して欲しいことが何なのかを知って、毅然とした態度で接しましょう。そして、昼間は十分甘えさせてあげることで犬の満足感が満たされていけば、自然と夜泣きはおさまっていくはずです。あまり長く夜泣きが続くようなら、専門家に相談してみてもよいですね。

アイペット獣医師

ワンペディアの運営会社であるアイペットに在籍している獣医師チーム。臨床経験...

関連記事

related article