獣医師監修!“犬の臭い対策”3つのポイント

dog-smell-3points

友達や家族を自宅に招いた際に、「犬のにおいが気になる」と言われたことはありませんか?自分では全く気にならなかったのに、他人に指摘されて気にするようになったという飼い主さんも多いのではないでしょうか。お部屋を綺麗にしているだけでは、犬独特のにおいは解消されません。他人をおうちに招いたときに犬のにおいで突っ込まれないよう、犬のにおいの原因3つとその対処法をまとめました。

口臭

犬の口臭の原因は、歯周病などの「口内トラブル」がほとんどです。特に歯の隙間や口腔内が狭い小型犬や短頭種(パグ、フレンチブルドッグなど)は、歯磨きなどのケアが難しく、口内トラブルを起こしやすいと言われています。また老犬になると長年の蓄積で歯石が沈着してしまうので、高齢になればなるほど口内環境を清潔に保つことは難しいですよね。現在、歯周病(またはその予備軍)になっている犬は、3歳以上だと80%にもなると言われていて、多くの愛犬家の方たちも、毎日のデンタルケアに苦戦している様子が伺えます。口やマズルに触られるのを嫌がる犬は非常に多く、そのことも飼い主さんの歯磨きモチベーションを下げている要因になっているのでしょう。しかし犬のデンタルケアは、本来であれば毎日すべきことなのです。

デンタルケアが毎日必要な理由

確かに犬は人間と比べて虫歯になりにくい生き物ではありますが、だからといって歯磨きをしないでいると歯周病にかかってしまいます。(歯周病になると、毎日細菌を飲み込んでいることになるので、健康面でも非常によくないです!!) 口の中に残った食べかすが原因となって歯垢がたまり、歯垢が堅く固まったものが歯石となります。この歯石が歯周病の原因となっています。歯垢なら歯ブラシで落とすことはできますが、歯石になると通常の歯ブラシで落とすことはできなくなります。ちなみに歯垢から歯石に変わるまでは48時間。週1回ましてや月1回の歯磨きだけでは全然足りません。

「あんなに嫌がっていた歯磨きを毎日・・・。」と考えて気が遠くなった飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?実は歯磨き以外にも、デンタルケアのできるおもちゃやガムなどを使って口内環境を清潔に保つことはできるんです!口臭予防にもなりますし、なにより愛犬の健康のためにもなりますので、ぜひ取り入れてみては?

‘初心者でもできる、「犬の歯磨き」「デンタルケア」についてはコチラ’

体臭

犬のにおいの一番の原因は体臭です。体臭といってもピンとこない方も多いかもしれません。フェロモンと言った方がわかりやすいでしょうか。人も同じですが、犬には二種類の汗があり、運動をした後に出てくるサラッとした無臭の汗とは別に、匂いのある汗あります。この匂いのある汗がフェロモンや個体識別の枠割を果たしていて、犬独特のにおいを発する原因となるのです。

ちなみにこの匂いのある汗、人の場合はわきや耳の中などの限られた場所からしか出てきませんが、犬の場合は全身にあります。こうして犬独特のにおいが発生するんです。

対処法はカラダのお手入れをしっかりすること

<カラダを定期的に拭いてあげて>

パグのように、顔にしわが多い犬などは、ヒダの部分に汚れなどが溜まりやすく、細菌が繁殖しやすい構造になっています。このヒダの部分を濡れたガーゼなどで優しく拭いてあげるなどしてなるべく清潔に保ってあげると良いでしょう。排泄後に肛門・陰部を拭いてあげるのも細菌の繁殖を抑えるには効果的であると言われています。尿や便が皮膚に残っていると、衛生的にもよくありませんし、不快なにおいの原因になってしまう場合があります。

<シャンプーで体を清潔に>

定期的なシャンプーで体臭が改善されることもあります。ただし、人のように頻繁に入浴する必要はありません。頻繁にシャンプーしたりカラダを洗いすぎてしまうと、皮膚にある脂分を落としすぎてしまい、かえって皮膚病を招いたり悪化させたりしてしまうことがありますのでほどほどに。成犬であれば月1~2回程度が適当な頻度と言われることもありますが、運動量や被毛の状態などによって適切なタイミングが異なります。飼い主さんが「そろそろかな」と思うタイミングで、お風呂に入れてあげてください。

‘愛犬にお風呂好きになってもらうためのシャンプーのコツ’

 

<肛門線から分泌液を絞り出す>

犬のカラダには肛門腺(肛門嚢とも言います)と呼ばれる臭腺が肛門の左右にあります。この肛門腺にたまっている分泌物が、独特かつ強烈なにおいを発します。室内犬(特に小型犬)はこの分泌物が肛門腺にたまりやすいので、飼い主さんが定期的に分泌物を絞り出してあげることでにおいを抑えることができます。

他にも、目ヤニ取り・爪のお手入れ・耳掃除なども匂いを押さえるのに効果的です。

‘肛門腺の絞り方・目ヤニ取り・爪のお手入れ・耳掃除はコチラ’

<体内環境を変えて、においを抑える>

タンパク質や脂質の取り過ぎ、腸内バランスを崩してしまう食べ物の摂取などが体臭をキツくする要因の1つであるという見解もあります。体を拭いたりシャンプーをしても体臭が気になるようであれば、フードやおやつを変えてみたり、腸への負担が小さくなる食べ物(納豆・ヨーグルトなどの発酵食品、野菜・海藻・きのこなどの食物繊維が豊富な食物)を摂取するなど、食生活を変えることで体臭が軽減される可能性もあります。

また、皮膚疾患などの病気が原因で体臭が発生していることもありますから、あまりにも気になるようであれば動物病院を受診されることをおすすめします。

便臭

うんちが臭うのは当たり前のことなので、においを完全になくすことはできないのですが、食事やおやつ等、摂取する食べ物を変えることでにおいを軽減できる場合もあります。

元来犬は肉食のため、タンパク質の消化は比較的得意な動物です。一方、炭水化物の消化は苦手とされており、穀類の多い食事を与えると便が臭くなることがあります。タンパク質も与えすぎると小腸で消化・吸収しきれず、その結果大腸に残った未消化物の影響で便がくさくなる場合があります。便に未消化物が多く残っていると食糞の原因になることもありますので、うんちのにおいもあまりにひどいようだと、獣医さんに相談してみるといいでしょう。

犬のにおい対策をすることは愛犬の健康にも繋がります。大切な家族の健康と、人を招いたときに突っ込まれない素敵なお部屋作り、どちらにも役立つことなので、ぜひ楽しみながら実践してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでワンペディアをフォローしよう!

アイペット損保 メディカル・ソリューション室
アイペット損保 メディカル・ソリューション室
臨床経験が豊富な獣医師によって構成されたチームです。
獣医療の知識や経験、ネットワーク、マインドを活用し、「ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る」という理念のもと、ペット産業全体の課題解決に資するサービスの開発を目指しています。