こんなはずじゃなかったのに・・・。みんなのしつけ失敗談。

犬が人と一緒に生きていくためには、おすわりやまてといった基本的なしつけから、トイレトレーニングや無駄吠えのような問題行動の改善など、さまざまなしつけが必要です。これは、飼い主さんのためであると同時に、人間社会でわんちゃんが安全に暮らしていくために必要なトレーニングでもあります。しかし、中には一生懸命がんばったしつけが逆効果になることも。

ここでは先輩飼い主さんたちの失敗談をご紹介します。ぜひ、しつけやトレーニングをする前に読んでみてください。

使い古した日用品をおもちゃにした結果… 

うちの子はとにかく破壊力がすごくて、新しいおもちゃを買ってきても長くて1週間、早いと3時間ほどで見る影もないほどボロボロに。その都度買い与えてはお金がかかりすぎると、使い古しのタオルや靴下などをあげてみたところ、家族の匂いがついているためか、おもちゃよりも大興奮。気に入ってくれたのならと与え続けていると、ある日綺麗なタオルや靴下までもがボロボロに!その日を境に、家中の布という布が破壊されていきました(泣)。 

人間の子どもと同じように怒ったら 

初めて犬を飼うことになり、迎える前からドキドキワクワク。楽しい愛犬ライフを想像していたのですが、実際は吠える!暴れる!壊す!の連続でもうクタクタ。自分の子はそんなに手がかからず、初めて育児?で悩むことになりました。もちろん、自分の子も悪いことをすることがあります。その時、私は無意識に子どもの名前を怒鳴っていたようで、愛犬にも同じことをしていました。すると、段々大人しくなってはいったのですが、怒鳴らなくても自分の名前を呼ばれる度に震えるように。怯えた目で私を見て、ソファや机の後ろなど物陰に隠れてしまうようになりました。獣医さんに相談したところ、「絶対に名前で叱らないでください。名前と恐怖体験がイコールになってしまって、自分の名前が嫌いになってしまいますから」と。それからは、叱る時は「コラッ」と低い声で言い、その後無視するようにしました。犬は無視されるのがとても嫌いだそうで、これをしたら無視されるからやめようと思うそうです。そして、名前を呼ぶ時は常に笑顔で!今はすっかり問題行動もなくない、名前を呼んだらしっぽをフリフリ、飛んで来てくれます。 

トイレトレーニングで消えたウンチ 

室内飼いだったため、愛犬がうちにきた日からトイレトレーニングを始めました。失敗をしても最初は微笑ましく見守っていたのですが、半月経ち、1ヵ月経ち、全然覚えてくれないことにイライラ。トイレでちゃんとした時は思いっきり褒めてあげていたのですが、3回に2回はトイレのそば、または全く関係のないところでするので、褒める時と叱る時の差をつけた方がよいと思い、失敗した時には怒鳴るようになりました。すると、失敗しない日がとうとう来ました。家族で喜んでいたのも束の間、トイレの回数が少なくない?という話に。もしかして膀胱炎!?と大慌てで獣医さんのところに行くと、おしっこもウンチも溜まっていませんよとのこと。そして「トレーニングできつく叱っていませんか?もしかしたら怒られるのが嫌で隠れてしているのかもしれないので、探してみてください」と言われました。

家に帰って調べてみると、普段気にもとめないソファの裏側に大量のおしっこが…。ある意味一安心していたのですが、今度は別の問題が出てきました。ウンチがないんです。どこにも。訳が分からず獣医さんに連絡したところ「食糞症かもしれませんね。ウンチをすること自体が叱られる行為と勘違いして証拠を隠そうと食べてしまっているのかもしれません」と言われました。なんだか、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになり、涙が止まりませんでした。それからは、粗相をしても責めずトイレでできた時だけ褒めるようにしたら、ちゃんとトイレができるようになりました。 

 

”トイレトレーニングについてはこちらから”

芸のつもりが、無駄吠えの原因に 

お友達の飼っているわんちゃんたちが色々芸ができるので、うちの子もと思い「ワン」と1回吠えたらおやつを1つ、食事の前は「ワンワン」と2回吠えたら食べてよし、という芸を教えました。お友達にも「凄いね~!」と褒められ鼻高々な気分だったのですが、ある朝無駄吠えしないうちの子が「ワンワン」「ワンワン」と吠えているので見に行くと、ごはん皿の前でお座りして吠え続けているんです。それからというもの、ごはんの時間が近づくと「ワンワン」、おやつの時間には「ワン」を繰り返すようになり、芸ではなくただの無駄吠えになりました。

 

“要求吠えにつてはこちらか” 

犬の気持ちを大切にしすぎて… 

昔から、人間の思い通りに犬をしつけることに疑問を持っていた私。もし自分が犬を飼うなら、犬の気持ちを尊重してできるだけ野生に近い飼い方をしてあげようと思っていました。ご縁があって大型犬を子犬から飼うことになり、お散歩のときも横にぴったり伴走などさせず気ままにさせてあげていました。最初のうちは良かったのですが、だんだん大きくなってくると急に走り出すことが多くなってきました。制止しようとしても、力が強く引っ張られる始末。

そしてついに、散歩中に転び骨折…。その際リードを放してしまい、大きな公園の中だったので幸い愛犬に怪我はありませんでしたが、あれが普通の道だったらと思うと。人間社会で犬が一緒に生きていくためには、正しいしつけは必要なんだと実感した出来事でした。 

 

”散歩中のしつけについてはこちらから”

犬を育てることは育児と一緒で、こちらの思った通りにはなかなかいかないもの。言葉が通じない分、愛犬に気持ちを伝えるのは難しいですよね。一番大切なことは「あせらない」ことです。焦ってイライラしてしまったり、怒ってしまったりすると、トレーニングどころかひどくなってしまうことも。愛犬の成長を楽しむくらいの感覚で見守ってあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでワンペディアをフォローしよう!

ワンペディア編集部
ワンペディア編集部Twitter:@wanpedia
犬の専門家が監修した、犬に関する辞典です。犬と一緒に生活していくうえで、わからないことを何でもお伝えしていきます。楽しいペットライフをワンペディアが支えます!