ペット可物件が増えた背景

dog-condo

ペットを飼う住宅環境の昔と今。ペット可物件普及の背景とは?

犬の飼育は屋外から屋内へ

ひと昔前まで、犬や猫は番犬やネズミ捕りのために飼育されていました。当時、犬を飼育する住宅環境は戸建て住宅の屋外が一般的で、一般的に日本犬やミックス犬などが飼育されていました。昭和の高度成長期を迎えて日本が豊かになると、生活はどんどん欧米化します。車の所有者が増え、お部屋は和室から洋室に。核家族化が進み、彼らの生活スタイルに合うマンションが次々と建設されました。その頃、外国からやってきた小型犬が一大ブームとなります。犬の登録件数では昭和43~59年までマルチーズが1位を独占。マルチーズは、ヨークシャー・テリア、ポメラニアンとともに「お座敷犬」と呼ばれていました。ご存知のようにこれらの犬種は寒さに弱く、屋内飼育が向いています。「お座敷犬」という呼び方からも分かるように、マルチーズなどの小型犬がこれまで屋外だった犬の飼育環境を屋内へ変えた、といっても過言ではないでしょう。

ペット可物件の登場

おそらく、これら小型犬を分譲マンションで飼育するようになり、後付けでペット可マンションが誕生したのでしょう。不動産経済研究所の調べによると、ペット可の分譲マンションは1998年で1.1%でした。しかし、およそ9年後の2007年には86.2%に達しています。その理由の1つとして、1997年に国土交通省がペット飼育を「管理規定に定めるべき事項」としたことで*、ペット可物件の供給が容易になったことが挙げられます。もともとペット不可だった分譲マンションでも、管理規約の改正を行ってペット可にするマンションが多くありました。
賃貸のマンションやアパートでは、2000年以前に「ペット可賃貸」を企画・運営する不動産会社が現れていました。2004年になると、ペット飼育、ガーデニングなどができる専用機能付賃貸住宅が登場しています。
中高層共同住宅標準管理規約

ペットともに暮らす「ペット可物件」とは

現在、ペットは子供や伴侶と同じように「愛情をかける対象」へと変わりました。ペットの社会的な地位も少しずつ向上し、より多くの人がペットとともに暮らしています。飼育頭数も年々増加し、マンションやアパートなどの集合住宅でもペットと共に暮らすことができる物件が増えています。 一言で「ペット可(ペットと一緒に生活できる)」といっても「一般の集合住宅で、ペットと一緒に暮らすことを可能としている物件」、「ペットとの生活をより快適にする設備や機能、サービスを持った物件」と分かれています。ペットとより快適に暮らしたいといった飼い主の想いから、「一般の集合住宅で、ペットと一緒に暮らすことを可能としている物件」だけでなく、「ペットとの生活をより快適にする設備や機能、サービスを持った物件」も最近、多く見られるようになりました。しかしこれらの物件は、入居時やペット飼育時の費用負担が若干高くなるということもありペット可ではない物件と同等(立地や広さ、間取り)の条件で比較すると、1~2割程度、賃料が高くなってしまいます。分譲タイプの集合住宅を購入した場合でも、ペットを飼っていない場合と比べると、住宅にかかる管理費などが増える場合もあるようです。

次回は、ペット共生マンションについて詳しくお伝えします。

続きの記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでワンペディアをフォローしよう!

ペットホームウェブ
ペットホームウェブ
「ペットを飼っているみなさんが、引越し先を探すのに苦労している現状を変えたい!」という思いから始まった、ペットと住まいの総合情報サイトです。
ペット可物件の検索では、業界最大掲載数の全国約27万件のペット可賃貸から、大型犬・中型犬・小型犬・猫からの絞り込みが可能。ペットと住まい、しつけ、健康、レジャーに関する情報をお届けしています。合言葉は「ペット可物件難民ゼロ!」

○全国のペット可賃貸物件、ペット共生賃貸を検索
○全国のペット可売買マンション・戸建てを検索(新築・中古)
○教えて!あなたのペットライフ―モフモフ☆お宅訪問―
○犬図鑑・猫図鑑
○お近くのペット関連施設が探せる「おでかけスポット」
○ぺっ太と探そう!犬と住めるペット可賃貸
○ペットトレーナーが伝授!犬の飼い方としつけ方
○犬の健康管理

ペット可賃貸物件検索なら「ペットホームウェブ」

ホームページ:ペットホームウェブ