犬の椎間板ヘルニア

herniated-disc
ダックスフンドを飼ってる方なら1度は耳にしたことがあるかもしれません。椎間板ヘルニアはダックスフンドがとってもかかりやすい病気なのです。今回は「椎間板ヘルニア」という病気について確認をしたいと思います。

こんな症状がでたら気をつけて

  • 仕事から帰ってきたら後ろ脚をひきずっている
  • ソファから降りた時にキャンと鳴いてそこから動かない
  • 腰のあたりを触ろうとすると怒る
  • 抱っこを嫌がる、もしくはキャンと鳴く

椎間板ヘルニアとは

椎間板とは背骨1つ1つの間にあり、クッションの役割をしているものです。 その「椎間板」が何かしらの原因で本来あるべきところから飛び出したり、ずれることで神経を圧迫する病気を椎間板ヘルニアと呼びます。椎間板ヘルニアは椎間板の突出の仕方によりHansenⅠ型(椎間板逸脱症)とHansenⅡ型(椎間板突出症)にわけられます。それぞれ起こりやすい年齢や進行するスピードに違いがあります。また、首に起きるものを頚部椎間板ヘルニアといい、腰に起きるものを腰部椎間板ヘルニアといいます。椎間板ヘルニアの85%程度は胸腰部に起こるのです。

椎間板ヘルニアを起こしやすい犬種

  • ダックスフンド
  • ペキニーズ
  • トイプードル

原因と症状

原因として椎間板の老化や先天的な異常、無理な動作、運動による衝撃などがあげられます。具体的には、階段の上り下りや、フローリングで滑ってしまった時、そしてソファなど高いところから飛び降りることで背骨に急激な負担がかかることなどが原因となります。さらに、負担という意味では肥満というのが大敵です。ダックスフンドに特に起こり易い理由はすなわち足が短いからなんです。胴長短足という体型が、色々な体勢の時に背骨に負担をかけやすいのです。背骨に負担をかけないよう心がけるのが大切な予防法なのです。

  • 肥満にさせない
  • 過度な運動をさせない
  • 段差に注意
  • フローリングで滑らない工夫を
  • 抱っこの仕方に注意

椎間板ヘルニアの症状は神経の圧迫による痛みと障害です。背中の神経を圧迫されると、そこより後ろ(尻尾側)への信号が伝わりづらくなります。そのため、後肢がもつれたり動かしづらくなります。また、重症になると麻痺をおこします。さらに重症になると排尿・排便が困難になってしまうこともあります。

椎間板ヘルニアとぎっくり腰の違い

椎間板ヘルニアは犬にとって、ぎっくり腰のような症状をおこします。椎間板ヘルニアは神経を圧迫することによる坐骨神経の痛みに対してぎっくり腰は急性腰椎症といって慢性疲労などからくる筋肉の痛みなんです。このように原因がまったく違います。そして、ぎっくり腰であれば安静にしていれば速やかに治りますが、ヘルニアの場合は速やかには治らず手術が必要な場合があります。

診断

椎間板ヘルニアを診断する方法はいくつかあります。診断には「背中の神経のどの部分が損傷されているのか」を画像的に確認することが必要となります。そのため、レントゲン検査・脊髄造影検査・CT検査・MRI検査などが必要になってきます。何の検査を用いるかは病院により異なりますので、気軽に聞いてみましょう。

治療

椎間板ヘルニアの治療法は、

  • お薬と安静による内科療法
  • 手術による外科療法
  • 鍼灸などの東洋医学

など様々あります。最近では、メスを使わないレーザー治療(PLDD)などもあります。病気に気付いた時の状態により、どの治療が適切か、そしてどのくらい回復するかが変わってきます。緊急手術が必要となる場合もあります。そのため、早期発見がとっても大切です。

診療費はいくらぐらい?

診療項目(内容) 単価(円) 数量 金額(円)
MRI検査 70,000 1 70,000
レントゲン 4,000 2 8,000
血液検査 9,000 1 9,000
皮下注射 1,000 3 3,000
手術料 150,000 1 150,000
静脈点滴 3,000 3 9,000
内用薬 1,000 6 6,000
入院料 4,000 6 24,000
    合計 279,000
この診療明細書はアイペット損保の支払いデータから作成した診療費の参考例となります。したがって、診療費用・内容の平均・水準を示すものではありません。

★通院・入院・手術と幅広く補償する、おすすめのペット保険

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでワンペディアをフォローしよう!

アイペット損保 メディカル・ソリューション室
アイペット損保 メディカル・ソリューション室
臨床経験が豊富な獣医師によって構成されたチームです。
獣医療の知識や経験、ネットワーク、マインドを活用し、
「ペットとの共生環境の向上とペット産業の健全な発展を促し、潤いのある豊かな社会を創る」
という理念のもと、ペット産業全体の課題解決に資するサービスの開発を目指しています。