お散歩のときもきちんとトレーニングを!

dog-861141_1280
愛犬とのお散歩は愛犬の運動になりますし、ストレス解消などにとても有効です。それ以外にも飼い主とのコミュニケーションを取る場としてもとても良い時間ですね

毎日、朝晩してあげることが理想です

散歩に要する時間は個体によって違いますが、愛犬が散歩から帰ってきて「フゥ~」と心地よく昼寝してくれる程度が理想的です。お散歩から帰っても部屋の中で走り回っているのであればもう少し散歩の量を増やしてあげてください。朝と夕方では、できるだけ朝の散歩に比重を置いてあげましょう。夜は家族の方も家にいることが多く、愛犬もかまってもらえると思いますが、日中は留守になったり、家族がいても家事が忙しく中々かまってもらえないことが多いので、特に若い犬であれば体力があり余っているのに日中、吠えたりいたずらをせずに大人しくしていることはかなり難しいことです。できるだけ朝の散歩で体力を発散させてあげましょう。

普段あなたはどのようにお散歩をされていますか?

愛犬にリードを着けて愛犬の足の向くまま、気の向くまま、自由にお散歩をされていますか?ある意味、愛犬のストレスを発散させるためにはそれも必要なことですが、総合的に考えると、時と場合によっては愛犬を危険にさらしてしまったり、我ままにさせてしまうことがあり、愛犬が嫌いな動物病院やトリミングサロンに連れて行こうとすると頑として動こうとせずその結果、動物病院やトリミングサロンに行けなくなってしまうこともあります。ですから、普段からお散歩のときにしっかりとコントロールできるようにトレーニングをしておきましょう。それにはあなたとの散歩が愛犬にとって楽しい物でなければなりません。愛犬の思うままに散歩するのではなく、途中途中でおもちゃやおやつを使って横に付くトレーニング(しつけの基本「ついて」参照)を取り入れたりして愛犬が「あなたと散歩することが楽しい」と思ってくれるような散歩を心がけるようにしましょう。

最後に

そのようなトレーニングを少しの時間でも結構ですので散歩の際に関らず入れるようにすれば、愛犬もあなたとの散歩を楽しんでくれるようになり、初めて行く場所でも安心してあなたを頼りにどこにでもついてくる子になりますよ!是非、頑張って実行してみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでワンペディアをフォローしよう!

森山 敏彦
森山 敏彦株式会社プレイボゥ
1962年長野県生まれ。
株式会社プレイボゥ代表。
ドッグトレーナー養成学校のプレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長。
専門トレーナーによるしつけを行う犬の保育園や、コンパニオンドッグスクール、トリミングショップなどを手広く経営。
しつけを通して捨てられない犬と捨てない飼い主を育て、日本のペットの殺処分0を目指す。

○株式会社プレイボゥ
○イギリスAPDT公認トレーナー
○アメリカCPDT公認トレーナー
○日本APDT理事
○GRTA(ガンドッグレトリーブトライアル協会)会長

ホームページ:株式会社プレイボゥ