犬種によるしつけの違い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
人は長い年月をかけて狼を改良し、犬と言う種族を作ってきました。そして犬は現在、世界中に400種以上が存在しています。 では、なぜ人はそんなに沢山の犬種を作る必要があったのでしょうか?その答えは、「その犬種に応じた仕事をさせるため」なのです。

犬種に応じた仕事

ミニチュア・ダックスフンド

例えばユーモラスな体系をしたミニチュア・ダックスフンドはどんなお仕事をしていたのかといいますと、ミニチュア・ダックスフンドのチャームポイントである短足、胴長を利用してアナグマやキツネの巣穴に潜り込みます。そして巣穴の中の獲物に対して吠えて威嚇し、獲物を巣穴から追い出すという仕事をしていたのです。ですから、ミニチュア・ダックスフンドはそのユーモラスな体系からは想像できないほどの勇敢さを持っています。

ビーグル

ビーグルは匂いで獲物を追いかけるように作られた犬ですので匂いに対しては非常に敏感です。ですから匂いに執着し始めると飼い主の声は聞こえなくなる傾向があります。しかし、反対におやつを使った「しつけ」は得意とします。

このように犬は犬種によって与えられた仕事が違いますので、その犬種が仕事をするために与えられた気質も当然違います。ですから飼い主は、その犬の本来持っている気質を知った上で「しつけ」をする必要があります。

犬種の気質を知った上でのしつけ

テリア種

例えば多くのテリア種は害獣の捕殺と言う仕事をしていました。ですから読んで字のごとく、捕まえて殺すという仕事をしていた訳です。テリアに求められる気質はラテン系のような明るさと、どんな獲物にでも立ち向かっていく勇気が必要です。テリアの仕事柄、攻撃的なところが出る可能性がありますからテリアを飼う人はしっかり「しつけ」を行うことが必要です。

牧羊犬

ボーダー・コリーを代表とする牧羊犬は1日中、集中して羊を集めたり移動させたりすることができる体力と能力を持っています。ですから牧羊犬を飼う人は犬とドッグスポーツをしたり頻繁に運動させたりすることができるアクティブな人が向いています。

日本で一番人気のトイ・プードルはプードルの時代はお仕事をしていましたが今ではトイの名のごとく、ペットとしてのお仕事が主流です。しかし、甘やかしすぎるととてもわがままになります。 このようにその犬種によって気質が全く違いますので、あなたがご自分の愛犬に「しつけ」をするときはその犬種の気質に合ったしつけ方法を選びましょう。 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでワンペディアをフォローしよう!

森山 敏彦
森山 敏彦株式会社プレイボゥ
1962年長野県生まれ。
株式会社プレイボゥ代表。
ドッグトレーナー養成学校のプレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長。
専門トレーナーによるしつけを行う犬の保育園や、コンパニオンドッグスクール、トリミングショップなどを手広く経営。
しつけを通して捨てられない犬と捨てない飼い主を育て、日本のペットの殺処分0を目指す。

○株式会社プレイボゥ
○イギリスAPDT公認トレーナー
○アメリカCPDT公認トレーナー
○日本APDT理事
○GRTA(ガンドッグレトリーブトライアル協会)会長

ホームページ:株式会社プレイボゥ